« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月12日 (日)

聖体拝領の方法について

2009年7月9日付けで、池長潤大司教様よりお知らせがありました。

『日本のカトリック教会では、いただいたご聖体を自分の手で持っておん血に浸して拝領したり、祭壇のカリスを自分で手にとって拝領する方法が比較的一般的に行われてきましたが、教皇庁典礼秘蹟省より、典礼上、定められた規定を厳密に守らなければならないとの見解を強調され、日本カトリック司教協議会は、6月の定例司教総会で、ローマの指示に従うよう確認しました。

両形態による聖体拝領を行う場合は

(1)司祭や任命された奉仕者から直接ご聖体およびカリスを受け取って拝領する。いったん受け取ったご聖体を、自分でおん血につけて拝領しない。

(2)ご聖体をおん血に浸して拝領する場合は、司祭や任命された奉仕者が直接拝領者の舌の上に置く。』

これを受け、高槻教会ではご聖体のみ拝領します。拝領時は両手で受けていただいてください。詳しくは、聖堂うしろのミサ意向のホワイトボードにお知らせを掲示していますのでご覧ください。

(「小さな広場」1739号より引用させていただきました)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »