« 聖書の分かち合い | トップページ | ユスト高山右近の列福を求める祈り »

2006年12月24日 (日)

教会ホームページを考えてみる

待降節に入ってから、このブログの参照数が増えています。やっぱり教会の情報を公開することは重要ですね。

ここは勝手サイトですが、このようなブログをやっていると、教会のホームページの要望がもれ聞こえてきます。正式に議論すると大変なので、個人的にあれこれ勝手に考えています。思いつくままに書いてみると、

ホームページの種類
外部向けと内部向けに分かれると思います。

外部向け:
ミサの時刻やイベントの案内など、ここに書いているような内容、できれば初めての方向けの情報など。正式なホームページなら、関係者の記事を載せることができますね。

内部向け:
上記の情報のほか、朗読などの奉仕者の割り当て、各種委員会、集会、掃除、結婚式、葬儀の連絡などを乗せることができます。個人情報を含むので個人認証(ログイン)が必要になります。

担当者の負担
少ないに越したことはないでしょう。最初のうちは誰かが頑張っても、他の人に引き継げないなら、更新されなくなってしまいます。ブログのように簡単に操作できるほうが良いですね。ブログならPING、トラックバック、RSSと言った仕組みで、より多くの人に見てもらえるでしょう。

気をつけないといけないこと
外部に公開することになるので、セキュリティは重視すべきです。独自サーバを立てると負担が大きくなりますので、プロバイダを利用したほうが無難だと思っています。

個人情報の保護
外部向けのホームページで内部向けの情報が漏れると問題でしょう。何らかの形で個人認証をする必要があると思います。複数人でパスワードを共有するとさすがにまずいでしょうね。

また、個人情報保護法がありますので、ポリシーを公開して、要望によって追加や削除できないといけないでしょう。

SNSの利用
1000人を超える教会なら個人認証(パスワード)を管理するのは結構大変です。特に最初のころは色々とあると思います。いっそのこと、ユーザ認証をmixiのようなSNSに任せてしまい。閉じたコミュニティを作った方が楽だと思います。

SNSを使った際の問題は、そのSNSをすでに使っている方です。隠れキリシタンとまでは行かなくても、教会に所属するしていることを知られたくないかたもおられるでしょう。

みなさんどう思われますか、考慮すべきことやお気づきの点など、ご意見をお聞かせください。

|

« 聖書の分かち合い | トップページ | ユスト高山右近の列福を求める祈り »

コメント

あけましておめでとうございます。
 ホームページについて考えていただいて
ありがとうございました。

 確かに二通り「外部向け」と「内部向け」が必要だなあと思いました。個人情報を含む部分の扱いは慎重でないといけないでしょうね。
 SNSの活用というのは、どういうことなのか、よく分からないですが、「閉じたコミュニティ」というのは、新たなメンバーの加入が非常に困難だ、ということなのかしら?
 それと、教会に所属していることが教会のメンバーには知られたくない、という立場の意味が私には理解できません。
 教会に所属していると他の家族とか職場関係の親しい人には知られたくないという場合なら理解できるのですが…?

投稿: ジャスミン | 2007年1月 2日 (火) 15時41分

あけましておめでとうございます。
コメントありがとうございます。mixiなどのSNSは、利用者である時点で個人認証がされています。また、紹介がないと参加できないので、利用者に対してある程度の社会的な信頼があります。
イメージとしては、昔のNifty-serve、PC-VAN、ASCII-netなどのパソコン通信のようなもので、誰でも参照できるコミュニティ(Niftyのフォーラムのようなもの)と、管理者が承認した利用者のみが参照できるクローズなコミュニティ(NiftyのCUGのようなもの)があります。高円寺教会のコミュニティhttp://mixi.jp/view_community.pl?id=348110
が公開型で、CLC(クリスチャン・ライフ・コミュニティ)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1044141
がクローズなコミュニティです(共にmixiのメンバーでないと見ることができません)。
一般向けはSNSでなくても良いのですが、内部向けはSNS内のクローズなコミュニティでどうかと言うお話です。
所属の件は、おっしゃっている意味です(一部修正しました)。mixiは教会のためだけでなく、ほかの目的でも使いますから、友人などに知られたくない方もおられるかも知れないと言う意味です。
今年もよろしくお願いします。

投稿: さかば(管理者) | 2007年1月 3日 (水) 18時27分

個人情報には注意すべきですが、「宗教団体宗教活動(これに付随する活動を含む)の用に供する目的。」で利用は個人情報保護法の対象外のようです。

http://www.nec-nexs.com/privacy/column/faq/4-30.html

投稿: さかば(管理者) | 2007年1月20日 (土) 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/13184109

この記事へのトラックバック一覧です: 教会ホームページを考えてみる:

« 聖書の分かち合い | トップページ | ユスト高山右近の列福を求める祈り »