無料ブログはココログ

京都の地デジはアンテナ不要!?

いまさら京都の地デジは方針が変更されるかもしれません。

京都は地デジの移行が難しい地域です。アナログのVHFは生駒山、UHFのNHK総合とKBS京都は比叡山で方向が違います。大阪だとUHFのテレビ大阪が生駒山なので同じ方向なのですが、京都でテレビ大阪用のUHFアンテナを立てているのは一部の家で、中にはテレビ大阪専用、つまり19ch専用ブースター付きのアンテナなどという地デジに向かないものもあります。そんな状況ですので、ポケモンブームの頃にアンテナを立てた家以外の家ではアンテナを立て直すことになります。

ところが、年末の記事「京都府と北海道の地デジ周波数使用計画の一部変更案,受信障害やラジオダクト対策」によると、比叡山にデジタル中継局を設置する案が電波障害対策として実施される可能性があるとのこと(チャンネル数からするとTV大阪以外のすべてのようです)。これが実施されると、多くの家庭がKBS京都用にアンテナを立てていますので、容易に地デジに移行できそうです。

でも、もっと早くできなかったのでしょうか?京都から生駒の電波を捉えるのに大きなUHFアンテナやブースターを買った家庭も多かったでしょうに、、、(WBSを見ているので、文句は言えませんが、、、)

醴泉 活性にごり

Reisen 先日の滋賀でのワークショップで、「醴泉」(れいせん)なるお酒を知りました。

岐阜のお酒で、クリア過ぎず、日本酒らしい味で、しかも後味がすっきりしています。
近くで探すと、子供のころに何度も前を通った酒屋さんで扱っていました。
でも、一升瓶のみの販売でした。

唯一、手ごろなサイズで売っていたのが、この「醴泉 活性にごり」です。にごり酒は頭が痛くなったり、悪酔いしたことがあるので、あまり好きではないのですが、醴泉という名前にひかれて、買ってみました。

活性にごりというのは、出荷後も発行が進んでいるようで、開栓時にシャンパンのように噴き出すようです。お店でも「ゆっくり開けてください」と念を押されました。

少し開けては止めたり、閉めなおしたりを繰り返しながらあけて注ぐと、炭酸がグラスの中ではじけます。味は少し酸味がありますが、醴泉らしくすっきりした味わい。悪酔いもせず、頭痛もせずおいしく頂きました。

開栓して、しばらくした感じが好きな人もいると聞いて、半分残しましたが、日付が変わる前になくなってしまいました。

ちなみに、にごり酒は(発酵が進んで)爆発するので飲み残しを冷蔵庫に入れるなと聞いていましたが、すでに発酵しているからか大丈夫なようです。

宴会があれば一升瓶を持参しますので、声をかけてくださいね。

京都 小川珈琲 炭焼カフェオレ

Ogawa 最近、東京出張の際に京都駅で購入しているのが、「京都 小川珈琲 炭焼カフェオレ」です。

関西でコーヒーと言うと神戸が有名ですが、京都にも高田渡さんの「コーヒーブルース」で歌われたイノダコーヒーなど、いくつか有名なコーヒーショップがあります。京都小川珈琲もその一つで、本店はなかなか良い雰囲気です。

半年ほど前に、ここの炭焼カフェオレを京都駅で見つけました。価格は110円ながら、なかなかいけます。紙でできた飲みきりサイズのカートカンに入っていますが、スーパーの紙パックよりは甘さが控えめで、ブラジル、コロンビアベースのほどほどの深みのある味です。

京都駅の新幹線構内2階北東(東京行きホームの下、東京側)の売店で売ってます。お試しあれ!

名前のない駅

Noname 自宅にJRの最寄駅ができます(と言っても20分以上かかるのですけど)。
来月開業なので様子を見に行きました。すると、駅名の表示が「JR  駅」となっていました。混乱を避けるためでしょうけど、ちょっと驚きました。

ちなみに、正式名称は「桂川駅」(リンク先はwikipedia)です。出張なのに寝坊してしまった時:-)や、阪急の終電に乗り遅れた時には役に立ちそうです。

マンガ食堂

Densya 出張で松山に行ってきました。松山は路面電車が走っていて、どことなく昔の京都を思い出させる町でした。

Manga_1 お昼御飯を食べようと愛媛大学の東側をうろうろしていて見つけたのが「マンガ食堂」コミック15,000冊以上とあるように、店内は漫画がいっぱい。恥ずかしながらマンガ喫茶に行ったことがないので比較はできませんが、食事もきちんとできる、漫画喫茶という感じなのでしょうね。

580円の日替わり定食は野菜も多く、マンガ90分読み放題なのはちょっとお得なのかもしれません。

カープお好みソース

広島に出張した際に見つけてお気に入りのソースです。まさに広島風お好み焼きというやわらかい味がします。

先日、家族が広島に研修に言った際に見つけて電話をくれました。

「カープお好みソース見つけたけど要る?」
「おぉ!何本か買ってきて!」
「じゃあ、重いから送るね」

送るって、そんなの我慢すればよいのにと思っていたら、こんなに届きました。

Carp

う~ん、1年はもつかなぁ~

博多の駅弁

Kashiwa 博多の駅弁といえば「とり飯」でしょう。昔からあるものは縦長で、錦糸玉子、とりそぼろ、短冊状の海苔、がご飯の上に斜め縞に盛り付けられていますが、今回食べたのは、「かしわめし弁当」です。基本は抑えているものの、スライスされた鶏肉が中央にのってボリュームがたっぷりでした。海苔は昔のもののほうが良かったような気もしますが、トータルではお勧めのお弁当です。

Mentai 新製品として売られていたのが「からしめんたい弁当」です。また、ミーハーな弁当が出てきたと思って、娘が買うのを横目で見ていました。いざ、食べる時になって気づいたのが、「福太郎」の文字です。福太郎といえば置いているお店が限られるので、知らない人も多いですが、私の一押しの明太子です。

娘が分けてくれた明太子は、まさに福太郎の味でした。しかし、駅弁にするためか通常売られているものより辛口です。ちょっと好みが分かれるかもしれません。お酒には辛口が合うと思いますが、うちの娘には不評でした。

この二つの駅弁は、平成18年7月分小倉駅のベスト5になっています。

太平燕(タイピーエン) 、御飯の友、酒場通り、山うにとうふ

Taipien 太平燕は、最近、熊本ではやっていてインスタントやカップめんまであり、自治体まで宣伝しているという食べ物です。見た目は麺の細い長崎ちゃんぽんですけど、スープはあっさり、麺は春雨です。四海楼という昔から太平燕をやっている中華料理屋さんでいただきました。

地元の方によるろと、ここはほかのお店より味が薄めだそうです。なお、熊本では、給食に似たようなおかずがあったそうです。熊本太平燕倶楽部なるWebページにも同様の内容が書かれています。熊本では昔からあった料理のようです。

Gohan お土産に買ったのが「御飯の友」、飲み屋のお姉さんに教えてもらいました。もっと今風のパッケージをイメージしていましたが、渋いフォントが良い感じです。いりこと白ゴマの素朴なふりかけです。熊本にしかないそうです。

Sakabast 熊本で残念だったのが、Bar酒場にいけなかったことです。ちょっと体調がすぐれなかったので、今回は少しおとなしくしていました。気にしながら歩いていていると、「酒場通り」を見つけました。引力を感じつつも、今後の課題とさせていただきました。

そうそう、お酒のアテに抜群だったのが「山うにとうふ」。豆腐を味噌に漬け込んだものでまるでウニのような珍味です。鶴屋で売っているそうですが、製造元でも色々な種類が通信販売されているようなのでリンクしておきます。

リレー(させられた)ツバメ

ソフトウェアシンポジウムでは色々な方とお話をしました。そんな中、「リレーツバメは足元が広くてすばらしい」とF先生が言われていて、たしかに狭くはないけれどそんなに広かったかなぁと思いつつ、帰路に着きました。

Tsubame すると熊本からの帰り乗ったリレーツバメの足元が広い!私の短い足では頑張らないと前の席に届きません!なるほど、これだったのですね。息の車両はそれほど広くなかったので、車両によるのでしょうね。

快適なひとときが終わると、厳しい現実が待ち構えていました。乗り換え時間が7分しかないのに4分も遅れました。連絡する列車になっているので、発車を遅らせてくれましたが、

「発車時刻ですが、乗り換えのお客様が乗られるまでお待ちください。乗り換えのお客様がすみましたら、すぐに発車します」

とかアナウンスが流れたら、走らざるを得ないですよね。仕方がないので、博多駅で猛ダッシュ!勘弁してくださ~い、、

ビジネスホテル清美荘

楽天トラベルで見つけた東京・北品川のビジネスホテル清美荘。ちょっと変わっています。

JR品川まで歩いても行けるという好立地、一泊3,900円、インターネットも無線LANで可能、AV(スカパーのどこかのチャンネル)無料、という不思議なホテルです。

安さの秘密は、木造(ドライヤーの音が聞こえる)、広さ3畳、風呂(朝は入れません)・トイレ共同、無料の歯ブラシや髭剃り等は言わないともらえません。

ゆっくり起床するつもりだと、ほかの人や掃除機の音が気になりますが、寝るだけなら、カプセルよりは良いと思います。興味があれば、試してみてください。「ぜひ」とは言いません、、、

より以前の記事一覧