無料ブログはココログ

意外にいける赤ワイン BANROCK STATION CABERNET SAUVIGNON / SHIRAZ(更新)

Banrockstation_2

紙パックのワインというと、安いだけで、量が多くてすぐに味が変わるというイメージがありました。紙パックに比べると格段においしいと思っていたカルロ・ロッシの大瓶が姿を消して、最近はみんな紙パックになってしまったな~と思っていました。知らない間に、紙パックは進化していたのですね。

今回、試したのはBANROCK STATIONの赤ワイン。CABERNET SAUVIGNON と SHIRAZ です。いつのころからか、防止剤が気になって無添加ワインしか飲まなかったのですが、ここのところ飽きてきていました。そんなところに「おいしい」と教えてもらったので、試してみました。

買った時には紙の四角い箱ですが、中にアルミコーティングのビニール袋にワインが入っていて注ぎ口がついています。それを引っ張り出すと、写真のようなサーバー状態になります。ご存知の方がおられるかはわかりませんが、日田天領水の箱と同じような方式です。空気が入らないので、味があまり変わりません。

注ぎ口にはレバーがあり、何かに抑えられて出ないように上に持ち上げるとワインが出てきます(上げると出る方式になったのは阪神大震災の教訓からというのは都市伝説ですが、これとは関係ないでしょう)。レバーの倒し方によってワインの出方が強弱2段階になっていて、なかなかよくできています。

さて、味の方ですが、オーストラリアワインらしくすっきりしていて

  • CABERNET SAUVIGNON: 深みがありながらもあっさり
  • SHIRAZ: ほどよい渋み

と感じました。どちらもチーズがあればいくらでも行けそうです。イタリア料理や肉料理にもピッタリで、お金を気にせず気兼ねなく飲めるでしょう(健康には気を付けます)。

イオン系のスーパー(ジャスコ、サティ)やダイエーで売っていました(1,280~1,480円程度)。ご自宅用に一度試されては、いかがでしょうか。きっと、

「そんな、うまい、うまいとか言うて、紙パックでうまいわけないやろ~、、、、ほんまや!」

と思われるでしょう。

#ちなみに関係者ではありません。

堂島ホテルロール

堂島ロールのモンシュシュの隣のブロックの角がサントリーで、その隣が堂島ホテルです。前を通るとなんと堂島ロールそっくりのケーキが、、、、しかも「堂島ホテルロール」。これは食べなくてはなりません。

Doujimah

昔は堂島と言えばサントリーが有名どころだったのですが、堂島ロールが有名になって、次が堂島プリンで、とうとう堂島ホテルまでロールケーキか、、、と思ったら大間違い。もともとモンシュシュは堂島ホテルで営業していて、路面店になる際にレシピを開示したとか、モンシュシュと共同開発だとか、いずれにしろ堂島ロールのレシピがベースになっているようです。

さて、お味のほうですが、結構違うような気がしました。スポンジはしっとりしていて、クリームには牛乳の香りがしています。他のブログでは堂島ロールの方があっさりと書かれていましたが、1/4を食べた感じでは、堂島ホテルロールの方がすっきりしているような感じがしました。香りのためか、甘さの違いか、単に小さいだけなのかもしれませんが、堂島ホテルロールのほうが好みです。

さて、せっかくなので関西圏のロールケーキのお勧めランキングです。

1位:(また食べたくなります)
菓子職人 京都純生ロールクラブ

2位:(クリームいっぱい)
堂島ホテル 堂島ホテルロール

3位:(高コストパフォーマンス)
バンボシュール 桂ロール

あくまで、個人的な感想です。

得正のカレーうどん

大阪では有名な得正のカレーうどん。いまさらですが、会社の近くの得正で食べました。系列の上等カレーも美味しいのですが、きちんと辛いものの口当たりが甘いので好みが分かれるかもしれません。このカレーうどんは、その甘さがプラスに働いていてとても美味しいです。きつねうどんなども甘いので、うどんと甘いものが合うのかもしれませんね。

カレーが飛ぶのが気になっていたのですが、食事前に焼肉屋のような紙エプロンが渡されますので安心です(と言いつつも私はひざに飛んで失敗しました)。

うどんの上に肉と天カスがのせられ、その上からカレーがかけられ、最後にねぎがトッピングされます。肉も良い感じですが、天カスやネギも良い感じです。カレーうどんだけでもそれなりにボリュームがありましたが、私は白御飯も頼みました。

うどんを中心に一気に食べたので、カレーとご飯だけが残りました。ふと思いついて、カレーをご飯にかけてみると、これが美味しい!少々汁っぽいですが、カレーライスも食べたような気になりました。カレーうどん700円、白御飯100円、十分楽しめました。

びっくりバンボシュー - とんでもシュークリーム -

Shu1 自宅近くのケーキ屋さんバンボシュールにあるとんでもないシュークリームです。こんな大きなシュークリームはありません。たぶん普通のシュー生地だと相当厚くしないといけないのでしょうね。シューがやわらかいパイ生地になっています。

Shu2 このお店はケーキやプリンが有名で、TVで紹介されたことがあります。びっくりバンボシューの中のクリームも期待通りで、結構おいしいです。おいしくて、ちょっとねたになるこの「びっくりバンボシュー」なんと500円です。ちょっとしたお土産にどうぞ!(回し者ではありません。念のため)

カープお好みソース

広島に出張した際に見つけてお気に入りのソースです。まさに広島風お好み焼きというやわらかい味がします。

先日、家族が広島に研修に言った際に見つけて電話をくれました。

「カープお好みソース見つけたけど要る?」
「おぉ!何本か買ってきて!」
「じゃあ、重いから送るね」

送るって、そんなの我慢すればよいのにと思っていたら、こんなに届きました。

Carp

う~ん、1年はもつかなぁ~

博多の駅弁

Kashiwa 博多の駅弁といえば「とり飯」でしょう。昔からあるものは縦長で、錦糸玉子、とりそぼろ、短冊状の海苔、がご飯の上に斜め縞に盛り付けられていますが、今回食べたのは、「かしわめし弁当」です。基本は抑えているものの、スライスされた鶏肉が中央にのってボリュームがたっぷりでした。海苔は昔のもののほうが良かったような気もしますが、トータルではお勧めのお弁当です。

Mentai 新製品として売られていたのが「からしめんたい弁当」です。また、ミーハーな弁当が出てきたと思って、娘が買うのを横目で見ていました。いざ、食べる時になって気づいたのが、「福太郎」の文字です。福太郎といえば置いているお店が限られるので、知らない人も多いですが、私の一押しの明太子です。

娘が分けてくれた明太子は、まさに福太郎の味でした。しかし、駅弁にするためか通常売られているものより辛口です。ちょっと好みが分かれるかもしれません。お酒には辛口が合うと思いますが、うちの娘には不評でした。

この二つの駅弁は、平成18年7月分小倉駅のベスト5になっています。

とようけ屋の豆腐

Toyouke mixiでとくぢろうさんに教えて頂いたとようけ屋の豆腐を食べてみました。
スーパーにもあるとの事だったので探してみると、近所のダイエーの京豆腐コーナーにありました。木綿豆腐の冷奴がおいしいそうですが、すっかり忘れて一つだけ残っていた寄せ豆腐を買ってみました。

巷で話題の男前豆腐店風に吹かれて豆腐屋ジョニー(リンク先はエキサイトニュース)はプリンのような食感と大豆の中心だけを使ったような(実際は知りません)まろやかな甘さで、硬派な服装の軟派野郎と言った感じです。これに対して、とようけ屋は正統派です。

口に入れた瞬間にまさに豆腐というような大豆の皮の風味を感じます。食感は滑らかなのにしっかりしていて、揚げ豆腐の中の部分のような固めの食感でした。いわば紳士的なナイスミドルといった感じでした。

どっちもお酒にあいそうです。こんなことを書いていたら、生協のにがり充填豆腐が食べたくなってきました。なんか村田蔵六(大村益次郎)みたいですね。“豆腐一丁、酒一合”ではたぶん足りませんが、、、