無料ブログはココログ

« マルチスレッド処理と進捗管理・配員・作業分割/割り当て- Software Processes are Software, Too - | トップページ

One fact in one placeとチケット駆動開発 - Software Processes are Software, Too -

プロセスプログラミングを提唱したオスターワイル(Leon J. Osterweil)氏のことば

  “Software Processes are Software, Too”
 (ソフトウェアプロセスもソフトウェアである)

をヒントに、開発とマネージメントの共通点として、今回は「One fact in one place」と「チケット駆動開発」を考えてみます。開発者からマネージメントをするようになった方には経験を生かした管理を、管理をされている方には技術的な裏付けを知る機会になれば幸いです。

One fact in one place

データベースの正規化で使われる言葉です。ほかのデータから算出できる推移従属のデータを除いて、データを1か所に限定することです。同じデータは1か所にしかないので、常に一貫性のあるデータ集合を求められるようにします。他のテーブルと関連付ける場合もデータベースの機能を使えば、矛盾の生じない構造を実現しつつ多くの情報を管理することができます。

チケット駆動開発

チケットで障害やタスクを管理するRedmineTracなどを用いて、情報共有しつつ開発を進めていく方法です。これらのツールはITS(Issue Tracking System) あるいじはチケットシステムと呼ばれ、チケットを介して議論やステータスの管理ができます。プロジェクトの様々な情報をこのチケットに紐づけて管理すれば、最新の状況をチーム内で共有できます。

チケット駆動開発をうまく実践するには、チケットで情報を一元管理することです。ITS本来の使い方である障害や課題だけでなくタスクもチケットで管理し、バージョン管理ツールやWikiの情報もチケットと関連付けます。こうすることでプロジェクトの様々な情報をチケットと紐づけて管理できます。

何らかの理由で表計算ツールなど他の形式にする場合も、チケットから生成すれば情報の一貫性が保てます。とはいっても情報の粒度や目的などで自動生成できない時もあるでしょう。そのような場合も一から作成するのでなく、チケットの情報を確認しながら作成する、関連するチケット番号を記載するなどで、情報間の矛盾を減らし、正確で詳しい資料を作ることができるでしょう。

このような考え方はチケット駆動開発だけではありません。開発ドキュメントは工程間で抜け漏れなくトレースできないといけませんし、お客様への説明も一貫性がないといけません。アジャイル開発のストーリーカードとタスクカードの関係も同じでしょう。チケットシステムを利用しなくても、情報を小さな単位で整理して矛盾が生じないようにしましょう。

この記事はSRAアドベントカレンダーでも公開しています。

« マルチスレッド処理と進捗管理・配員・作業分割/割り当て- Software Processes are Software, Too - | トップページ

私のアジャイル」カテゴリの記事

ソフトウェア」カテゴリの記事

チケット駆動開発」カテゴリの記事

プロジェクトマネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マルチスレッド処理と進捗管理・配員・作業分割/割り当て- Software Processes are Software, Too - | トップページ