無料ブログはココログ

« 複合主キーの扱い方 | トップページ | Node-REDから見えた未来 - 変わるもの、変わらないもの - SS2017 WG13 »

Visual開発ツールNode-REDの導入によるプロセスの変化と考慮点 - SS2017 -

ソフトウェアシンポジウム2017(SS2017)で経験論文の発表をしてきました。経験論文とは研究論文の様に新規性はないものの、事例報告の様に経験を報告するものですが、問題設定や結果・考察を整理してより有効性や信憑性を高めて論文にまとめたものです。

今回はVisual IoTツールと呼ばれているNode-REDのアンケート結果を報告しました。ソフトウェア開発にツールは欠かせませんが、その導入報告はあまりありません。上流のツールであれば、コンサルタントに依頼することもできるかも知れませんが、下流のツールは小さい規模から始めることが多く、導入経験は他の人にも役に立つと思ったからです。

発表ではNode-REDの基本、長所・短所の説明と共にデモもしました。基本的な Hello World のノードを入れ替えてPathをセットするだけで、そのビジネスロジック(文字列の代入)をそのままWebサービスにできる様子をお見せしました。

このようにNode-REDは確認しながら開発するので短期間に品質の高いソフトウェアを作ることができ、アンケートにもある様に非同期処理が簡単に扱えます。その反面、ある程度の規模になれば、データやアーキテクチャなどの設計をきちんとしておかないと複雑になってしまいます。

そういった知識を持ち、ふさわしいプロセスで開発しないとうまくいかないことがアンケートからわかりました。まとめると

  • ツールの知識やノウハウを共有 する
  • 特性を活かした設計を行う
  • 実装を繰り返して常に確認する
  • 主体的にプロセスを変更し、品質 を上流から作りこむ

となり、これは、モダンアジャイル

  • 人々を尊重する
  • 安全な状態を前提とする
  • 素早い実験と学習
  • 価値を継続的に届ける

の基本理念と対応していて、Node-REDの良い導入が開発のアジリティ(機敏さ)を高めると考えられます。詳しくは以下の論文を読んでください。
(実は最終原稿の段階でモダンアジャイルの基本理念と対応していることに気付いたので追加しました)

Node-REDから見えた未来 - 変わるもの、変わらないもの - SS2017 WG13 につづく

このエントリーをはてなブックマークに追加

« 複合主キーの扱い方 | トップページ | Node-REDから見えた未来 - 変わるもの、変わらないもの - SS2017 WG13 »

Node-RED」カテゴリの記事

ソフトウェア」カテゴリの記事

プログラミング」カテゴリの記事

私のアジャイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 複合主キーの扱い方 | トップページ | Node-REDから見えた未来 - 変わるもの、変わらないもの - SS2017 WG13 »