無料ブログはココログ

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

アジャイルジャパン大阪サテライト2017の感想

SS2017のポストイベントがなくなったので、 急遽スタッフとして参加しました。


(1)キーノート:シンアジャイル(Joshua Kerievsky)

モダンアジャイルについての説明。タイトルはAgileJapan2017のタイトルにあわせて変更されたようです(シン・ゴジラをまねた?)。

個人的にアジャイル開発のタイムボックス管理は、作業タイミングを固定化するので超短期開発にはフィットしないと思っていました。Kerievsky氏は早くからタイムボックスを守るよりも顧客のメリットを考えようと言われていたそうです(そのとおり!)。

提案する新しい4つの原則は従来のアジャイルマニュフェストに対応しながらも、顧客やソフトウェアの安全性に配慮したものでした。

講演概要
http://www.agilejapan.org/session.html#session01

Agile 2016の基調講演: モダンアジャイル
https://www.infoq.com/jp/news/2016/08/agile2016-modern-agile

チェンジビジョン/英和システム 平鍋さんの説明
https://anagileway.wordpress.com/2016/10/07/modern-agile-jp/


(2)ヴァル研究所 新井さんの講演

アジャイルを社内に広げる際の話。みんなが積極的になるように色々と工夫された中で、権限(部長)があるので、一部の活動が社内評価と連動するようにした。と言われていたので懇親会で質問させていただきました。

質問は、社内の仕組みと連動すると、義務感ややらされ感が出ると思うが、どのようにバランスをとられているか?

答えは、社員には積極的なできる人と、受身の人と両方いて受身の人も働いてもらわないといけない。ルールを決めても相手によって変えている。とのこと。

つまり、ルールはがちがちにせず、運用時に人を見て、たぶんチームによっても変えているのでしょう。エンジニアは、ついつい一貫性が気になりますが、個人個人を良く見ると言うことが重要だと思いました。

ちなみに、「上から見てなので、みんながどう思っているかはわからないですけどね。」と謙虚に言われていたのが印象的でした。


(3)コニカミノルタの久保さんによるエモイ話

人はなぜ生きているのか?それは人生を楽しむためである。

なぜ苦しみがあるのか?それは、いつかより人生を楽しめるからである。

いい人である必要は無い。人の顔色ばかり見る必要は無い。わかってあげるだけでいい。

そう、生きているだけで素晴らしい。

そう思いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Node-REDから見えた未来 - 変わるもの、変わらないもの - SS2017 WG13

ソフトウェアシンポジウム(SS2017)では、前回紹介した論文発表のほか、ワーキンググループにも参加しました。

ワーキンググループでは各グループのテーマに沿って、参加者がそれぞれのポジションを発表して議論します。私が参加したのはWG13「ソフトウェア開発の現状と今後の発展に向けたディスカッション」で「Node-REDから見えた未来 - 変わるもの、変わらないもの -」を発表しました。

Node-REDは高機能なノード(モジュール)がたくさんあり、それらを組み合わせて高機能なシステムを効率的に開発できます。また、簡単にデバッグできるほか、デプロイが一瞬で、開発から確認の繰り返しを素早く実行できます。

このような環境を使っていると、面倒臭いことがなくなり、ソフトウェア開発に重要な作業を中心に実施する様になります。この重要なことはみなさん合意できますよね。という発表でした。

しかし、Node-REDのデモのインパクトが大きかったのか、Node-REDに対する質問で持ち時間が終わってしまいました。Node-REDを知ってもらえたので、良かったことにしておきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Visual開発ツールNode-REDの導入によるプロセスの変化と考慮点 - SS2017 -

ソフトウェアシンポジウム2017(SS2017)で経験論文の発表をしてきました。経験論文とは研究論文の様に新規性はないものの、事例報告の様に経験を報告するものですが、問題設定や結果・考察を整理してより有効性や信憑性を高めて論文にまとめたものです。

今回はVisual IoTツールと呼ばれているNode-REDのアンケート結果を報告しました。ソフトウェア開発にツールは欠かせませんが、その導入報告はあまりありません。上流のツールであれば、コンサルタントに依頼することもできるかも知れませんが、下流のツールは小さい規模から始めることが多く、導入経験は他の人にも役に立つと思ったからです。

発表ではNode-REDの基本、長所・短所の説明と共にデモもしました。基本的な Hello World のノードを入れ替えてPathをセットするだけで、そのビジネスロジック(文字列の代入)をそのままWebサービスにできる様子をお見せしました。

このようにNode-REDは確認しながら開発するので短期間に品質の高いソフトウェアを作ることができ、アンケートにもある様に非同期処理が簡単に扱えます。その反面、ある程度の規模になれば、データやアーキテクチャなどの設計をきちんとしておかないと複雑になってしまいます。

そういった知識を持ち、ふさわしいプロセスで開発しないとうまくいかないことがアンケートからわかりました。まとめると

  • ツールの知識やノウハウを共有 する
  • 特性を活かした設計を行う
  • 実装を繰り返して常に確認する
  • 主体的にプロセスを変更し、品質 を上流から作りこむ

となり、これは、モダンアジャイル

  • 人々を尊重する
  • 安全な状態を前提とする
  • 素早い実験と学習
  • 価値を継続的に届ける

の基本理念と対応していて、Node-REDの良い導入が開発のアジリティ(機敏さ)を高めると考えられます。詳しくは以下の論文を読んでください。
(実は最終原稿の段階でモダンアジャイルの基本理念と対応していることに気付いたので追加しました)

Node-REDから見えた未来 - 変わるもの、変わらないもの - SS2017 WG13 につづく

このエントリーをはてなブックマークに追加

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »