無料ブログはココログ

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

SRA Advent Calendar 2016 に参加します

Advent Calendarというのは、クリスマスが来るのを待ち望むためのカレンダーのことです。最近はアドベントカレンダーにあわせて、みんなでブログを書くイベントになっています。

様々なコミュニティで行われているほか、比較的オープンな会社でもカレンダーを作る様です。

SRAでもだれか言い出さないかと思っていましたが、なんと隣の席の人が言い出してくれました(わーい)。

ということで、今年は SRA Advent Calendar 2016 に参加予定です。みなさん見てくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ランチェスターの法則にソフトウェア開発を学ぶ

はじめに

ランチェスターの法則(Wikipedia)はオペレーションズ・リサーチの数理モデルの一つで戦闘を2つのモデルで表現したものです。

この法則はランチェスター経営やグー・パー・チョキ理論などで知られていて、導入期などで力を一点に集中させる弱者戦略(グー)、 成長期の後半で多様な展開(ボリューム)で勝負する強者戦略(パー)、伸びが鈍化し衰退しだすと多様化を整理する(チョキ)。

ソフトウェア産業で考える

これはソフトウェア産業にもあてはまります。自分たちの立ち位置と世の中の情勢で戦略を考えます。

立ち位置は会社の規模ではありません。マーケットに対して強者であるか、弱者であるかの判断が必要です。

ソフトウェア産業は顧客の経営状況に影響を受けます。従来は新しい予算の切り替わるまでの期間が長く、半年から1年ほど遅れて影響が出ていました。

近年は世の中の情勢に応じて予算が変更される様になりましたので、これにあわせて利益重視(グー)、売り上げ重視(パー)、縮小(チョキ)を変更しないといけません。

参考:ランチェスターの法則と売り上げ、利益、利益率

ソフトウェア開発を考える

ソフトウェア開発においても同じような状況があります。プロジェクトの開始時期は、コミュニケーションや構成管理の基盤を作る、横展開の元になるひな形の開発し品質を向上させる、自動化を進めて手作業を減らす、など効率化を狙った施策を取ります(グー)。

やがて効率化の施策がすすむと、ガンガン開発するフェーズに入ります(パー)。しかし想定外の事象が起きた場合は見極めが必要です。

上司の視点で見ると、ついつい人を投入したくなると思いますが、状況をきちんと見極める必要があります。場合によっては戦略を転換して、必要に応じてスパイクやプロトタイピングといった「グー」戦略も必要でしょう。

ソフトウェア開発でも「チョキ」の戦略が最も難しいでしょう。プロジェクトが収束に向かう時、人を減らす必要もあるでしょう。あらかじめどのように引き継ぐか、誰を育てるかを考えて開発を進める必要があります。いわゆる「段取り8分」です。

参考:実装優先時の考慮点 その1 - プロトタイピングとスパイクソリューション -

状況を把握するには

いかにアンテナを張るかが重要です。顧客とのちょっとした会話が重要です。信頼を得て、関係を良好に保ち、時にはストレートに話して理解していただくと良いでしょう。

開発者の状況もよく見ておく必要があります。出勤時間や退勤時間、休み時間の過ごし方など、ちょっとしたことから、前向きに取り組めているか、負担になっていないか、を見極めます。

「現地現物」と言いますが、ほんの少しの時間であっても直に接して、状況を感じ取る事が重要です。

参考:[#TiDD] プロフェッショナルは本物で確認する

おわりに

ソフトウェア開発と戦略的な考え方は共通点があると思っていました。ランチェスターの法則を見直すと、そこにも戦略的な要素がありました。

グー・パー・チョキの分類はわかり易いので、今の状況を考える際にがどれに当てはまるか考えてみてください。色々と見えてくるかも知れません。

もし、上司がおかしいと思っても、それを愚痴のネタだけで終わらせないで下さい。あなたには、説得する、異動・降格を待つ、昇進して追い越す、転職する、といった選択肢があります。

ランチェスターの法則は様々なものに当てはめる事が可能です。現在のポジションと状況に応じて未来を選択してください。

参考:[#agileto2012] 『チェンジ!』の考え方 ~マネしやんと!~

このエントリーをはてなブックマークに追加

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »