無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

バタバタするのは、リスクマネージメント、オプション確保、連携の失敗

プロジェクトマネージメントの旨い・下手は明らかに存在します。それは、数少ない大切なポイントを実践しているかどうかで、ほんの少しの判断ミスが徐々にプロジェクトを窮地に追い込んでいきます。

まじめに頑張っているのに、プロジェクトがバタバタしてしまう。仕方が無いのかも知れません。でも、ふりかえって考えるとこんなポイントを忘れていないでしょうか?

リスクマネージメント

今起きている問題は予見していたでしょうか?「あぶないなぁ」とは思っていたなんてことはないでしょうか?

リスクに対して「まぁ、大丈夫だろう」とか「問題が起きたら考えよう」などと思っていると、どんどん後手に回ってしまいます。

予想できるリスクは、発生する要素を避ける、発生確率を低減する、外部に転嫁する、許容して対策に必要なバッファを確保する事が可能です。

オプション確保

そんな事を言われても全てのリスクに対策なんてできない。それはそうです。ではどうするか?背水の陣を避ける事です。

対策できていないリスクや予見しえない問題が生じた際に、逃げ場が無くならない様に選択肢を残しておく事です。

あらかじめ計画できる事もありますが、なかなかそうもいかないかも知れません。でも、なるべく選択肢を減らさない様にする事はできます。

リーンソフトウェア開発で最終責任時点(リーンソフトウェア開発 - 決定をできるだけ遅らせる)と呼ばれるそれ以上決定が遅れると問題が生じるタイミングを見極めて、可能な選択肢を残す事で、プロジェクトを柔軟に運営する事ができます。

スムーズな連携

プロジェクトにマイルストーンを設定したり、タイムボックスを適用すると管理が容易になります。しかし、とりあえず目先の目標をこなしていただけではうまくいきません。

全体の作業を俯瞰して、より効率的なパイプライン([#agile] 「リーン開発の現場」を読んで その2 - パイプラインとスケールアップ -)を構成する必要があります。

それはマイルストーンに向かう作業間の連携だけでなく、より長期的な視点でのデシジョンです。今の報告を良く見せる事に執着せず、トータルで効率が良くなる様に作業間の連携を構成します。

おわりに

「あいつがやるといつもうまくいく」とか「頑張っているのにうまくいかない」という状況は、運だけではありません。大切なポイントを押さえているかどうかです。

このポイントは様々な事にあてはまります。プロジェクトマネージメントが旨い人は、他の事もうまくできるでしょう(何を大切にするかは対象次第ですが、、)。

このエントリーをはてなブックマークに追加

セミオープンという選択肢!ヘッドホン PHILIPS Fidelio L2BO

高級ステレオで良い音をガンガン鳴らして楽しみたいものですが、そうもいかないのでヘッドホンの部屋聞きで楽しんでいます。

と言っても普段使いのカナル型のインナーイヤホンは、断線する可能性のある消耗品と考えて程々の品質で我慢しているためか、圧迫感を感じて長時間だと疲れるので、いわゆるヘッドホンを使っています。

以前使っていたヘッドホン

気楽に聞くのでオープンエアーが圧迫感が無くてベストでした。大体1万円ぐらいから良い音になり、2万円ぐらいになると個人的にほぼベストの音で聞けます。とはいえ、いつかは壊れたり、劣化するので、コストパフォーマンスから中間の1万5千円程度のaudio-technica ATH-AD700を使っていました。

このヘッドホンはいわゆるドンシャリではなく、スーッと抜ける感じで音が広がって、耳への当たりも優しくお気に入りでした。でも、リビングの家族の近くで仕事をしながら音楽を聴いている時は音漏れが大きくて不評でした。

装着時の負担が少なかったので、あきらめがつくほど長期間使っていました。しかし、あるとき、片側の音が出なくなりました。ユニットの中で断線した様です。

密閉型の試聴

そこで、新たなヘッドホンを探す事になったのですが、オープンエアー型はお気に入りだったもののもう少し音漏れの少ないものを探す事にしました。

量販店で色々と聞いてみました。密閉式の数万円のものはとんでもなく良い音がしましたが、安価なものは少しこもったようなは感じのものが多い様でした。

1万5千円程度の中ではオーディオテクニカ USBヘッドホン ATH-D900USBが程々に良かったです。メーカーに愛着もあったのですが、本来はPCと接続するためのヘッドホンなので、使わない機能が気になって今回は見送りました。

セミオープン型

自宅で色々と調べていると、セミオープン型が目に留まりました。名前は知っていたのですが、実物は聞いた事がありませんでした。

セミオープン型は商品が少なかったので順番に見ていると、PHILIPS Fidelio L2BOは音の解像度が高いと良い評価でした。前のヘッドホンがオープン型で抜ける感じが気に入っていましたので、興味がわきました。

悪い評価としては、低音が弱め、苦手な曲がある、との事でしたが、点数はさほど悪くなく、買う事にしました。

かなり良いヘッドホン

商品が届いたので開封すると、オス・オスのヘッドホンケーブルが長短2本ついていました。ヘッドホンにはイヤホンと同じ形状のジャックがついていて、外出時にはリモコン付きの短い方を使う様です。

装着感はATH-AD700に比べると強めですが、コンパクトなので周囲にぶつかる事が少ないです。最初はスピーカ部分を端まで伸ばしてしまって強い圧迫感を感じましたが、頭にあわせて短くすると程良い感じになりました。比較的頭が大きい方なので、よほど頭が大きい人でなければ大丈夫でしょう。

楽しみにしていた音はとても良くて満足です。解像度が高く、抜けるような感じです。いわゆるドンシャリの感じは無く、フラットに近いと思います。曲との相性はあまり感じません。ごくまれに低音が「トン」高音が「ジャリ」と感じる事がありましたが、すぐに慣れてあまり感じなくなりました。

良い音で音楽を聞きたかったので、とても良い買い物をしたと思っています。

おわりに

そもそも試聴にいく必要もなかったのかも知れませんが、色々と聞くと自分の好みの音がわかると思います。今回はその好みを基準として選んだので、自分にあった商品と出逢う事ができました。

このヘッドホンは音が良いだけではなく、ケーブルが取り外せるので断線の不安も少なく、長くつきあう事ができそうです。

Photo_2

おまけ:ケーブルレスでの利用

家の中でウロウロする時はL字コネクタとオス・オス変換コネクタを使ってBluetoothレシーバをつないでいます。

見た目はB級SFに出てきそうなデザインですが、ケーブルレスにできるので重宝しています。iPhoneを買い替えたら役立ちそうです(オス・オスのL型コネクタがあれば少しはマシかもしれません)。

このエントリーをはてなブックマークに追加


« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »