無料ブログはココログ

« 刑事コロンボは東尋坊に関係者を集めない - 論旨の伝達に起承転結は不要 - | トップページ | 買って良かったキーボードPC(WP004)購入記 »

考えろ、理解しろ、整理しろ

渡辺幸三さんのブログ:設計者の発言を読んでいて感じたこと。

日々の仕事をする中で口うるさいと思われても、年長者の務めなのできっかけを見つけては指導している。色々と言っているが、だいたい以下の3つに集約できるだろう。

考えろ

指示されたままに仕事をしたり、いつも通りで良いと思っていないだろうか。

渡辺さんの「論理削除」ではなく「無効化」をスタンプ属性や更新履歴テーブルの無駄っぽさを読んでいると、習慣ではなく考えて仕事をすることの重要性を感じる。

より良い方向を考えても、全体との調和の問題で実施できないかもしれない。しかし、きちんと考えてシステムを作り上げることはとても重要だ。次の仕事に活かせるからだ。

なぜかを理解しろ

学部の恩師の言葉で忘れられないのが「職人になるな勉強を続けなさい」という言葉(社内勉強会より社外の勉強会)。知っているだけではなく、きちんと理解していなければ技術者とは言えない。

人に聞いてわかったつもりで仕事に使い、うまくいったらそれでおしまい。それは技術者でも職人でもない。ただの人工(にんく)に過ぎない。

ものごとの原理は何なのか、その人はどうやって情報を知ったのか、広い目で深く理解していれば、自己流ではないより良い方法が選択できるだろう。

整理しろ

世の中のできる人を見ていると、常に考えて仕事をし、より深く理解しているだけでなく、情報を整理してコンパクトに理解している(できる人を観察して勝負する

得た知識はそのままにしておけば忘れてしまうし、量が増えれば大変になる。知識を活かしてステップアップするには、これまでの知識との関連を整理しておく必要がある。

体系化できていればすべてを覚えておく必要はない。どの資料に書いてあるかを知っていれば、いつでも確認できるからだ。経験のインデックスを作るのだ。

おわりに

世の中には新しい情報があふれているが、実は似たような議論を繰り返していることも多い。

渡辺さんの議論も、コードクローン(リンク先は阪大井上研)は全て悪か、より良いバランスはあるのか、と言う議論に見えなくもない(普及しているオープンソースには一定のコードクローンが存在するらしい)。このようにマッピングできるのは、ものごとを考え、理解し、整理しているからである。

ここに挙げた内容は技術者にとって基本的なことであるが、実践は難しい。自分のことはともかく、若者の可能性を信じて意見するのが年長者の務めだと思っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加


« 刑事コロンボは東尋坊に関係者を集めない - 論旨の伝達に起承転結は不要 - | トップページ | 買って良かったキーボードPC(WP004)購入記 »

ソフトウェア」カテゴリの記事

プログラミング」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。