無料ブログはココログ

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

【告知】 ソフトウェアエンジニアのシンポジウム投稿のススメ 2016/3/11(金)夜

ソフトウェア技術者の仕事は、ソフトウェア開発を通じてシステムを開発することです。そして日々の経験を重ねることで、技術力を向上させています。

そんな技術者にとってシンポジウムは最高のコミュニティです。シンポジウムは査読と呼ばれる審査を通った人だけが発表できます。査読によって、発表する経験や発明が本当に広く役に立つ情報か、これまでの技術との違いをきちんと説明できるかを審査されています。

シンポジウムは、そんな役に立つ最新の技術が聞けるだけでなく、発表者と直接議論できる「場」です。

あなたもシンポジウムに投稿してみませんか?

もちろん、参加するだけでも議論に参加し、多くの仲間を作ることができるでしょう。でも、発表者になったなら、あなたの技術は広く知られ、より良くするためのアドバイスをもらうこともできるでしょう。

そして何よりも発表者自身が技術を整理することで、社会との関係を見直すことができます。明確になった技術によって仲間が得られ、その技術をさらに高めることができます。

しかしうまく整理できないと、査読で落とされることになります。きちんと整理するには、査読でどのように評価されるかを知り、無駄なく適切な表現で、客観的に説明できないといけません。

これは、簡単な様で難しい作業です。特に現場で働く社会人は説明したいことが多く、話が流れる、ポイントが絞れない、一貫性がない、などわかりにくくなりがちです。

そこで、ソフトウェア品質シンポジウム(SQiPシンポジウム)実行委員会の主催、
ソフトウェア技術者協会 関西支部の後援で、ソフトウェアエンジニアのシンポジウム投稿に向けた勉強会が開かれることになりました。

ソフトウェアエンジニアのシンポジウム投稿のススメ
申し込み:こくちーずプロ(告知'sプロ)
日時:  2016年3月11日(金) 19:00〜21:00
場所:  一般財団法人日本科学技術連盟 大阪事務所(新藤田ビル11階) 1102室
住所:  大阪府大阪市北区堂島2-4-27 新藤田ビル11階
参加費: 無料

この勉強会では、「社会人のためのシンポジウム発表入門 - リーン論文作法」と題して発表させていただくことになりました。短い時間ですが、ポイントを絞ってご説明する予定です。

ぜひ、勉強会に参加して、あなたの技術をシンポジウムに投稿してください。きっと新たな世界が広がることでしょう。

【おまけの告知】

SS2016のプログラム委員をしています。今回の勉強会より前の3月4日(金)が締め切りです。事例報告は要旨とスライド原稿で応募できます。応募の際に「阪井から聞いた」と書き添えていただければ幸いです。

ソフトウェア・シンポジウム 2016 in 米子 (SS2016)
論文・報告募集

このエントリーをはてなブックマークに追加

[#TiDD] ビジョンとコミットメントがチケット駆動開発を成功させる

Redmineを導入すれば問題は解決するのでしょうか?それだけではうまくいきません。では、チケット駆動開発を導入すれば良いのでしょうか?それだけでもうまくいきません。ビジョンとコミットメントがチケット駆動開発を成功させるのです!

うまくいく場合もある

いやいや、Redmineを入れるだけ、チケット駆動開発を導入するだけでうまくいく場合もあるでしょう。それは現状の問題が共通認識になっていて、ツール以外の問題やタスク管理以外の問題がない場合です。

たとえば、すでにアジャイル開発をしていて、拠点が分かれたのでタスクボードの代わりにRedmineを導入する場合など。あるいは、障害管理がうまくまわっている組織が新しい分野にチャレンジする場合に、気付いたことを効率よく共有できる様に補完型チケット駆動開発を導入する。といった場合です。

このように問題点が明確な場合は、チーム全体がチケットを中心にまわり、チケットで情報共有が進み、作業が効率化されます。

うなくいかない場合

反対にうまくいかない場合は以下のような状況がある様です。

  • 協力してくれない。チケットを行進してくれない。遅い
  • チケットと現状に差がある、適当。ごまかす
  • 期待した成果が出ない。勉強不足で効率が悪い

その背景には以下の問題が考えられます。

(1) 問題が共有されていない
そもそも何のためにRedmineやチケット駆動開発を導入するのか、目的がわかっていないのではないでしょうか。それがなぜ必要かもわからず、作業の負担増え、ただただやらされ感を感じさせているのではないでしょうか?

(2) 重要性が理解されていない
トレーサビリティやコミュニケーションの向上、あるいはデータ収集の効率化といった目的が共有されていても、その効果をフィードバックしていないなら徐々にいい加減になるでしょう。重要性を理解してもらうには、その効果を示す必要があります。

(3) 導入の段取りが悪い
ツールを導入する場合は新しい作業が負担にならない様に、レクチャーや指導が必要です。理解のないままに、いきなり高度な実施方法は負担が大きくなります。まずは障害管理から初めて、開発の道具になってからタスクの管理をはじめると良いでしょう。

違いはビジョンとコミットメント

コマンドコントロールにしろ、支援型のリーダーシップにしろ、新しい環境を導入する際にやらないといけないことは変わりません。それは、どのような改善がもたらされるか、ビジョンを示すことです。

状況によって、始まりは指示なのかお願いなのかわかりません。しかし、長く継続させるには、そのビジョンは理想のままではなく、結果で示さないといけません。

開発者が効果を実感できるか、明確なフィードバックがなければ、それは余分な作業が増えただけです。

フィードバックは定量的でなくても構いません。「障害対応が早くなったような気がする」「管理作業が楽になった」という感想が聞ければ、それは無駄な作業ではなくなります。前向きな協力が得られるかも知れません。

そして、何よりもコミットメントを得る事が大切です。やらされ感だけの作業は、いい加減になりがちです。

無理な導入は行わず、必要な教育を実施した上で、開発者にメリットのあるところから段階的に実施します。そして、その後も支援や適切なフィードバックを行いましょう。

まとめ

Redmineやチケット駆動開発に限らず、これまでのプロセスを変更する際にはリーダーシップが求められます。それが如何に大切なことであるかビジョンを示し、理解を得ないといけません。

それはソフトウェアを作る場合と同じです。はじめに必要な勉強をした上で、必要に応じて修正やフィードバックを行いながら、より良いプロセスを作り上げていきます。

ゴールの達成にはリーダーは余計なプライドを捨て、チームに期待して、何でもしないといけません。チームを支援することが、リーダーの仕事をセクシーにするのです。

参考:

[#TiDD]ウォーターフォール開発をアダプタブルにする(チケット駆動開発) - SQiP2015チュートリアル -

ピグマリオン効果とリーダーシップとリーダーの心理 - マンガで分かる心療内科14 -

リーダーはショットガン・アクションでボトルネックをなくせ! - マンガで分かる心療内科14 その2 -

求められるリーダー像と羊飼い型リーダーシップ - 「リーダーシップ3.0」の咀嚼 -

支援者としてのリーダー - 「リーダーシップ3.0」を読んで -

チームを守り育てる - セクシーな中間管理職 -

このエントリーをはてなブックマークに追加


リーダーはショットガン・アクションでボトルネックをなくせ! - マンガで分かる心療内科14 その2 -

マンガで分かる心療内科14巻を読んでいると、前回のピグマリオン効果以外にも色々と考えさせられます。特に時間に関する内容は心療内科というよりは戦略の話じゃないかと思いましたが、感情に振り回されずに合理的な選択をするということなのでしょう。

なぜリーダーはボトルネックになり易いか

リーダーは単一障害点(SPOF)ですし、複数人で並列に処理することも難しいです。しかも責任重大です。ついつい感情的になったり、落ち込んだり、悩んだりしてしまいます。

これに対して、 怒りを感じた時は6秒数えろ(13巻の引用)、反省も6秒まで、成功したいなら全部やれ、といった内容が参考になります。前2つは感情にとらわれるのではなく、前向きになるべし、時は金なりということでしょう。

3番目の「成功したいなら全部やれ」は下手な考え休むに似たりとでもいうべき方法で、ショット・ガンアクションとして紹介されています。

ショットガン・アクション

「成功したいなら全部やれ」のマンガは著者の病院のサイトで読むことができます。簡単に説明すると、問題点を人のせいにするのではなく自分の責任ととらえて、できることは全部やるべし。普通の銃では外れてもショットガンならあたる。大きな成功は小さな成功の積み重ねだとされています。

ボトルネックになっているリーダーを見ていると、野獣が現れてどうやって倒そうかと考えているうちにたくさんの野獣に囲まれ、それでも普通のピストルで1頭ずつ倒そうと躍起になっているように思えます。

とはいえ、本当になんでも実施すれば良いかと言うと、そうでもないでしょう。 ショットガン・アクションから学ぶべきは、考えを制限しない、考えすぎないということで、さらに無駄にしないという考え方が必要だと思います。

考えを制限しない

責任感が強いのか、プライドが高いのか、とにかく自分で解決しようとするリーダーがいます。でも、どんな解決法でも誰かが先にやっていたり、何かを参考にしたのですから、恥ずかしがらずに色々な人に相談すべきだと思います。そして、どうやってそれを学んだかを聞いておくことが、今後成長する助けになるでしょう。

部下、協力会社、あるいは顧客など、その立場に関係なくステークホルダー(利害関係者)は基本的にプロジェクトの成功を願っています。恥ずかしいとか、かっこわるいとか、今更聞けないなどと考えずに協力してもらえば良いと思います。格好つけてプロジェクトが失敗することほど恰好悪いことはありません。

考えすぎない

時間は限られているのに悩んでいる暇はありません。調整や根回しが必要なら電話でもメールでもなんでも利用できます。

計画など検討に時間が必要なら、期限を決めて考えるとよいでしょう。ボトルネックがあって難しいなら、ほかの人に相談したり、打診すると良いでしょう。

無駄にしない

マンガでは何でもかんでもやれば良い様にも読めますが、個人ではないのでプロジェクト全体を考えて実施しないとまずいでしょう。実施が遅れることによるリスク、手戻りが生じるリスクや戻れなくなるリスク、を考えて実施順序を決める必要があります。

順序は合理的に決めないといけません。妙なこだわりや単にやり易いという理由ではなく、リスクを考慮して無駄がないように実施すればうまくいくでしょう。

まとめ

ショットガン・アクションをヒントにリーダーのボトルネックを無くす方法を整理しました。その方法は心理学的というよりは、心理的な罠に落ち入らない方法です。

リーダーに限らず、人の可能性を制限するのは自分自身です。心理的な罠に落ち入らないで合理的な判断ができれば、より良い方向に向かうでしょう。

結局のところ、「ゴールのためなら何でもする」という気持ちを持つことが、リーダーに求められているのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加


« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »