無料ブログはココログ

« [#redmine] Remineを活かしたプロセス支援 - 失敗しないプロセス支援 - #rxtstudy | トップページ | 完璧なプロジェクトなんてない »

[#TiDD]ウォーターフォール開発をアダプタブルにする(チケット駆動開発) - SQiP2015チュートリアル -

ソフトウェア品質シンポジウム(SQiP)2015の併設チュートリアルであきぴーさんと講演をしてきました。

一人当たり2時間の講演でしたので、これまでの講演のベストチョイス3本を再構成したものに、アダプタブルウォーターフォールの講演を組み合わせました。

アダプタブルウォーターフォールの講演では、問題の多いウォータフォール型開発を変化に対応できる方法として、補完型チケット駆動開発を中心にウォーターフォール型開発をアダプタブルにする3+1Ultimate Agile Stories Iteration 5に寄稿した記事に書いた内容を説明しました。

質問を受けた内容を総合すると、比較的大規模なプロジェクトに完全型チケット駆動開発を導入してみたものの、チケットを更新してくれない、管理が大変、といった問題で皆さん困られている様です。

やはりチケット駆動開発の導入はプロセスを改善する作業なのですから、管理の都合でルールを導入するのではなく、障害管理、補完型チケット駆動開発と段階的に導入を進めていき、現場がメリットを感じる形で進めていくこと、小規模な単位に分割して管理をすることが大切だと思いました。

ウォーターフォール型開発における完全型チケット駆動開発に関しては、いずれまとめたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加


« [#redmine] Remineを活かしたプロセス支援 - 失敗しないプロセス支援 - #rxtstudy | トップページ | 完璧なプロジェクトなんてない »

チケット駆動開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« [#redmine] Remineを活かしたプロセス支援 - 失敗しないプロセス支援 - #rxtstudy | トップページ | 完璧なプロジェクトなんてない »