無料ブログはココログ

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

言いっ放しよりエンピリカル(実証) #xpjugkansai #AgileJapanOsaka

言葉の再定義だけでは実践できない

ブランディングの狙いもあるのでしょうが、一見、興味を惹く、いわゆるキャッチーな発言をされる方が増えている様に思います。「アジャイルはXXだ!」「プロジェクトはこうあるべき」「XXの役割はYYだ」など、など、多くの言葉が再定義され、広く合意を得ないままに言い放たれています。

そのような発表・発言は聞いていて面白いのですが、自分の仕事や考え方に当てはめようとすると、細かなところでわからない事が出てきます。言いたい事はわかるのですが、なぜそれが重要なのか背景(コンテキスト)がわからないと実践できないのです。

どこかで聞いたような、、

キャッチーな発言を聞いていると、既視感のようなものを感じます。ソフトウェアエンジニアリングが始まった頃がそんな感じだった様に聞いていますし、最近では要求工学がメジャーになる前に同じような発言で議論をされていました。

ソフトウェア工学は工学足りえるか、要求工学は工学か、開発はこう行う、要求はこう扱う、などなど。新しい世界が切り開かれるときは、言いっ放しであってもインパクトのある言葉が大勢の指示を受け易いのでしょうね。

言葉の定義

既視感に基づくと、この次にくるのは言葉の定義です。面白い話で空中戦を繰り返しても技術が発展する訳も無く、「言葉は定義してから使いましょう」と言う事になります。

言葉の定義が進むと体系化されて、BOK(Body of Knowledge)や教科書といった本が生まれます。そして、これが基準になって「XXではこう定義されていますが、我々のところではこういう背景からYYを中心に勧めています」などと、コンテキストが明らかになって議論が進み易くなります。

このように議論をする際の基本的なアプローチとして、言葉の定義は重要です。

定義の限界

しかし、技術の実践が進むといちいち定義に戻って、そこから議論を始めることが煩わしくなります。現実は多様性にあふれているので、定義から演繹的に説明する事が困難になるからです。

先日のXP祭りin関西2015Agile Japan 2015 大阪サテライトのパネルが消化不良だったのは、定義の議論によって参加者が期待する実践的な内容ができなかったからだと思います。ある程度実践が進むと、前回のRxTstudyredmine.tokyoのように、どのような実践をしているか、参加者を含めて帰納的に議論を進める方が良いのでしょうね。

まれに20世紀のソフトウェア工学を指して「役に立たない」などと言われる事がありますが、これは当時のソフトウェア工学研究が、言葉の定義を重視して演繹的に議論していたからで、役に立つ研究であっても問題領域が限定されていたからだと思います。

エンピリカル(実証)の世界

ソフトウェア工学の世界では21世紀になる頃から、エンピリカル(実証)ソフトウェア工学などという言葉が使われる様になりました。言いっ放しではなく、一般的な定義を基礎にした、実際に役に立つ事を実証する事が重要だというのです。これはアカデミア全体の傾向で、基礎的な研究だけでなく、実践的な研究も経験論文として受け入れようという動きが生まれました。

経験論文では必ずしも新規性は求められません。すでに知られている事であっても、それを実践する事で得られた知見が、広く知らしめるにふさわしい、役に立つ、正確な情報、であるか、いわゆる、一般性、有効性、信憑性、が評価されます。

そこでは新しい言葉の再定義ではなく、一般的な言葉の定義で、役立つ技術が実践によって得られた実証データに基づいて語られます。

my ベストプレゼンテーション

このように考えると、Agile Japan 2015 大阪サテライトでのモノタロウの牛島さんの講演は、ベストプレゼンテーションでした。

スクラムをやり始めた頃は何も考えていなかったが、アジャイルコーチになぜそれをするかをしつこく尋ねられ、考えて開発を進める様になり、やがてチームも考えて作業をする様になった。その効果がバーンダウンチャートで定量的に示されていました。

この発表はいかにも実証的です。経験した思いが根底にあり、一般的な言葉でコンテキストと経験を伝え、わかってもらうためにデータで示されていました。この発表は聞いていた人に届いただけでなく、データで示された「なぜか」によって実践が可能になったのです。

今後もこのような発表がどんどん増えて、多くの技術が積み上げ可能になることを期待しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[#AgileJapanOsaka] コミュニティは相互扶助

先週のXP祭りin関西2015に続いて、今週はAgile Japan 2015 大阪サテライトと、アジャイル関係のイベントが立て続けにありました。どちらも何回も続いているイベントですが、参加するたびに開催方法が変化しています。

その原因は、スタッフが変わるからだと思います。コミュニティの代表が変わったり、声がかけられた人がかわるので、少しずつ方向性が変わるようです。

これはとてもコミュニティ的です。コミュニティは「俺が、俺が、」という人で回る事もありますが、長く続くコミュニティは相互扶助で成り立っていますです。

いつも楽しませてもらってるので、誰もしないならしましょうか、人が足りないなら手伝いますよ、XXだったら協力できますよ、といった感じで人が集まってきます。

みんな、自分が受けたいサービスを提供するつもりなのだと思います。しかし、それぞれが期待する内容が異なるので、イベントの内容も異なってしまうのです。

そこには「こうしたい」という思いもあるのですが、実現が難しい事もあります。ここで「こうしないといけない」と義務感を持ってしまうと、続けることが厳しくなります。

「誰か手伝ってよ」と助けを求めたり、「今回はできる範囲にしよう」とあきらめたりもします。まあ、なるようにしかなりません。

時間、人、予算、には限りがあって、やると決めたからには完璧を目指すよりもなんとか開催する事が大切です。いろんな人に協力をあおいで、巻き込んだり、巻き込まれたりしながら、「しゃーないな」などと思いながらもすすめていきます。

コミュニティは相互扶助です。「俺ならこうするのに」と文句を言ってはいけません。してもらっているからです。逆に「手伝うからこうしましょうよ」と協力すれば、期待する場に近づくでしょう。

今回のAgile Japan 2015 大阪サテライトでは、コミュニティLTとしてRxTstudy(Twitter: @RxTstudy)を紹介させていただきました。

RxTstudyはRedmineとタスクマネージメントに関する勉強会なので、それぞれについて説明しました。特に面白いお話しもできませんでしたが、「巻き込まれた」こともお話ししました。

今回のAgile Japan 2015 大阪サテライトでは、スタッフもさせていただきました。あまり大した事はできませんでしたが、参加者の皆さんには楽しんでいただけた様です。今回も巻き込まれて良かったと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterはどこへ行くのか?

Twitterを使い始めた頃は、とても面白かったです。勝手につぶやいている有名人をフォローして、その人が日頃どのように考えているかがわかって、面白くて仕方が無かったです。

Twitterはミニブログ

Twitterはミニブログとは良く言ったもので、140文字で日々の出来事をつぶやきます。普通のブログだとrssリーダーで興味のあるブログの最新記事をまとめ読みで来ますが、Twitterなら興味のあるユーザをフォローするだけでタイムラインと呼ばれる基本の画面で色々なユーザのつぶやきを見る事ができます。

もちろん普通のRSSリーダーの様に、興味のあるユーザをリストにしておいて好きなタイミングで参照する事もできます。リストは公開できますのでソーシャルブックマークの側面もあります。このリストを基準に考えると、タイムラインはフォローしているユーザの標準リストで、それを常に見ているとも言えますね。

このようにTwitterの仕組みはブログそのものです。通常のブログならそこにコメントできますが、Twitterは返信としてつぶやくところが少し違うだけです。

Twitterの特徴は伝搬力

Twitterが面白いのはリツィートできるところです。面白いつぶやき(ツィート)があれば、お気に入りにするほかリツィートできます。リツィートするとそのつぶやきを自分をフォローしているユーザに見せる事ができます。

例えば、各ユーザに10人のフォロアーがいて、全員がリツィーとしたとします。初めは10人がつぶやきを目にしますが、次は100人、そして1000人、10000人と伝搬していきます。

この伝搬力がTwitterの魅力です。本来なら人に知られる事がなかったちょっとした情報が、あっという間に広まります。個人間の関係を元にうわさ話の様に広まるのです。

なぜかSNSの様な機能が

タイムラインにはフォローしたユーザが表示されますが、相互にフォローし合うとメッセージを送る事ができます。相互フォローしなくてもTwitterにはつぶやきに対する「返信」(送信者・受信者共にフォローしている人のタイムラインに現れる)や、「メンション」(つぶやき中に@アドレスとすると相手に通知される)が使えます。しかし、他の人に見られない様にメッセージ機能があるのでしょう。

相手のプロフィール画面に行くと、自分がフォローされているかどうかが簡単にわかります。フォローしてくれていると思っていたのにやめられたか、いわゆるリムられたかどうかをチェックするツールまであります。

TwitterとSNSの違います。facebookの友達やmixiのマイミクとちがって、オープンなつぶやきが基本のTwitterでは、メッセージが送れるかどうかだけの違いだけなのに、なぜかもめてしまいます。友達と思っていたのに、、と思ってしまうのでしょう。

中途半端な機能がトラブルを招く

Twitterはつぶやき全体の非公開設定と相互フォローのメッセージを除くと、ブラックリスト方式で関係を管理します。上述のようなトラブルに対してもブラックリスト的な対応が可能で、ブロックすることで直接ツィートを見る意外に何もできない状態が作れます。

ブロックは関係を絶ってしまいますので、よほど関係が悪化しない限り使われないと思います。しかし、フォローしたまではタイムラインに出てきて困りますし、フォローをやめると関係が悪化します。Twitterはそんな困った状況になり易い仕組みでした。

海外ではその辺りが嫌われたのか、Twitterブームは短期間で終わり、友人との距離感を設定できるfacebookの方が早くから人気があった様です。それに対して日本では不思議とTwitter人気が続いていました。日本人は忍耐力が強かったのでしょうか?

そしてミュート機能

Twitterもそのような状況に危機感を覚えたのか、フォローしたままにタイムラインへの表示をとめるミュート機能がつきました。

メンションが通知されるなどタイムラインに表示されない意外はフォローしている状態と変わりませんので、相手にもわかりません。期待していたつぶやきが無いなくS/N比が悪いなど、タイムラインに表示したくない場合には便利な機能です。

しかし、この機能はTwitterの伝搬力を下げてしまいました。ミュートによってタマにある良いツィートがリツィートされにくくなるからです。リツィートの率が8割に下がっただけでも、3段の伝搬では約半分、6段なら4分の1になってしまいます。

ミニコミ化する予感

勉強会のようなイベントでは、知らない人同士がタグで検索してリツィートできるTwitterはとても便利です。しかし、ミュートによって伝搬されないのであれば、そもそも勉強会に人が集まらなくなるので、魅力は半減してしまいます。

そうなると、ブランディングを意識したつぶやきが増えたり、ミュートされない様につぶやく内容に合わせてアカウントを分ける人が増えると思います。

やがて、一般の人もミニコミのようなつぶやきになってしまい、LINEで公式アカウントを友だち追加しているのと変わらなくなってしまうかも知れません。

おわりに

最近、ツィートのリンクを埋め込んで、コメント付きでリツィートできる様になりました。非公式のリツィートで140文字を超えない様に苦労していたのが嘘の様です。

こうしてTwitterは徐々に普通のSNSになり、制限文字数で以下につぶやくかとか、ふだんのつぶやきが見える、というTwitterならではの魅力は少なくなっていくのでしょうね。ちょっと残念です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[#RxTstudy] 普及期に入ったRedmine

第12回 RxTStudy(Redmineとタスクマネジメントに関する勉強会@大阪)「ITS活用最前線 〜現場からの実践報告〜」に参加しました(つぶやきのまとめ)。

先日のredmine.tokyoでも、層が厚くなってきたと感じましたが、今回のRxTstudyでRedmineが普及期に入ったと確信しました。

ライトニングトークをさせていただきました

今回はライトニングトーク(LT)で「書籍はそろった!コミュニティで情報を共有すればRedmineはキャズムを超える」という発表をさせていただきました。

Redmineにはすでに色々な書籍が出ていて今年も増えますので、あとはコミュニティが活発になれば、という発表です。でも、今回の発表やパネルディスカッションでの会場とのやり取りを見ていると、興味本位ではなく、現場でもっと活用したいという方が多かった様に思います。

では、勉強会の内容を紹介しましょう。

「入門Redmine 第4版」を出された前田さんの基調講演

Redmine.jpでお世話になっており、書籍「入門Redmine 第4版」著者である前田剛さんは、事例を元にRedmineの運用についてのお話でした。Redmine.orgのお話や、以前メールで運用されていたされていたヘルプデスクの発展系のお話など、興味深く聞かせていただきました。

年2万コミットをサポートするRedmineを運用中の赤羽根さんの講演

SQiP2014でRedmine導入事例の経験論文を発表された赤羽根さんの講演です。SQiPでの発表を基に、多くの定量的なデータを説明していただきました。

多様なプロジェクト管理の発表でSPES2014ベストプレゼンテーション賞を受賞された陸野 礼子さんの講演

陸野さんの講演は100名規模の開発でのRedmineの事例を紹介していただきました。様々な工夫をベストプレゼンテーション賞の軽快な口調を紹介していただきました。

組織に応じたRedmineの運用法」をテーマにパネルディスカッション

パネルディスカッションは、あきぴーさんをモデレータに議論しました。会場からも経験を踏まえた色々な発言があり、大いに盛り上がりました。

野村さんのライトニングトーク

RedmineとExcelを使ってCCPMっぽい事をしてみる

野村さんのLT発表は、RedmineのかゆいところをExcelでカバーして、CCPMのグラフにまで発展させたお話でした。ツールの良いところだけをうまく使うという発想は参考になると思いました。

おわりに

RxTstudyが始まった頃は、Redmineを知っている人が発表して、興味のある人が聞きにくるというイメージがありました。しかし、今や使っている人たちで議論できる様になり、本当に普及期に入ったと思いました。

Redmineは機能が豊富で、色々な使い方ができる事が特徴です。今回のRxTstudyのようにコミュニティで情報共有できれば、多くの人がもっとうまく活用できる様になると期待しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加


« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »