無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

アピールしても誇張すべきではない

最近、色々な意見を見聞きすることが多くなりました。インターネットの普及や活発な勉強会のおかげでしょう。多くの知識を得ることができ、ありがたいことだと思っています。

その中で、気になるのがウケを狙った誇張した表現です。もちろん、自身の考えや実績をアピールすることは良いのですが、釣り針的なとげのある表現や、例外を否定した断定的で不正確な表現が目につきます。

技術者たるものきちんと技術を発表すべきです。「アピールしても誇張すべきではない」との思いから、考えをまとめました。

なぜ誇張するか

誇張の理由には、3つのパターンがあるように思います。

  • 目立ちたい
  • 話を面白くしたい
  • 知らない

順に説明します。

目立ちたい

転職をいしきしているのか、目立ちたい人が最近多い様に思います。技術発表といえば昔は会社の名前を出してするのがあたり前で、変なことをする人は*あまり*いませんでした。

最近は所属不詳で発表される方が多く、他で聞けないお話を聞けるて、とてもありがたいです。しかし、一面的な意見とその実践結果をアピールされるだけで、問題点や課題のない「どうだ、すごいだろ!」といった講演は、採用面接だけでお願いしたいものです。

話を面白くしたい

プレゼンテーションのうまい方が、話を面白くしようと誇張される場合があります。実は例外のあることをきちんと理解されている場合も多く、突っ込んで聞くときちんと説明してもらえることもあります。

しかし話の流れをつぶしてしまうこともあり、嘘にならない範囲で説明していただきたいです。もし、構成や発表スタイル上で難しいなら、単純化して説明すること、補填する時間をること、を予め示してもらえると安心して参加できると思います。

知らない

最近、意外と多いかもしれないと思っているのは、知らない人です。その人の歩んできた人生から見える範囲だけで、ウォーターフォールはこうだ、アジャイル開発はこうだ、SIerは、請負開発は、ソフトウェア工学は、のようにステレオタイプな意見を言う方です。過去に何か不幸な出来事があったのかもしれませんが、それだけが全てではないでしょう。

この背景にあるのは、コミュニティの断片化だと思います。昔はコミュニティらしきものは、ソフトウェア技術者協会やUNIXユーザ会、少し会社寄りでJISAぐらいでした。しかし、インターネットとLinuxが普及した頃から多くのコミュニティができ、狭い範囲で活動する人が増えました。別の分野のイベントにも積極的に参加してみるとか、様々な分野の技術者の集まるソフトウェアシンポジウムなどで視野を広げると、別の世界が見えてくるかもしれません。

局所解にハマらないように

これらに共通するのは良いかどうかの基準が「うまくいっているから」になっているからだと思います。客観的な裏付けがなく、「それで動いているから」とか「それでメシが食えているから」は、経験則にすぎません。どのような問題に対して、どのような効果があり、なぜ効果があり、その限界が何処までかが明らかでなければ、それは技術ではありません。

ソフトウェアの技術は、業務によって特徴はあるものの、互いに他分野の技術を参考にしつつ広がってきました。自分たちだけの狭い世界の成功事例で満足していては、いつか限界がくるでしょう。互いの課題やアイデアを出し合って、より良い技術に育てることで、環境の変化にも耐えられるより良い技術になるでしょう。

技術者だから

この業界は新しいものへの挑戦が常に求められるからか、昔から積極的で自己愛の強い自信家が多いように思います。熱い思いが業界を支えてきたことも確かですが、技術者は技術で勝負したいものです。

営業トークではなく技術で仕事を得て、お客様の役に立ちたいです。嘘は言わず、常に真摯で、良心的に、アピールしたいのです。また、恥ずかしくない程度には、視野を広めて技術を高めたいと思っています。

みなさんは、どう思われるでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

論文らしくする方法

技術発表のポイント、論文作法(構成注意点良い技術)を説明しましたが、論文を多くの人に読んでもらうには、読み易く、 よりわかり易くする必要があります。

学生の方なら見様見真似で書き始めるので自然と論文らしくなるかも知れませんが、社会人は書きたい気持ちが強過ぎて論文らしくしないままに論文を書き上げてしまいます。私も「これでバッチリだ!」と思った論文でたくさんの指摘を受けました。

その多くは見た目の問題ですが、開発標準に沿ったドキュメントと同じようにルールに従った論文は読みやすいものです。また、必要な項目がバランス良く書かれている論文は、必要な内容がきちんと書かれているとも言えます。

では、順に見ていきましょう。

タイトル

タイトルは論文に示す実績を的確に表現します。一般的に有効な論文であると主張するのでなければ、内容にあわせたターゲットの絞り込みが必要です。また、アピールする点がその方法によるなら、それもタイトルに入れます。

例:信頼性向上に関する一考察
  => リリース回数による業務ソフトウェアの残存障害数予測法

明確にするために句読点を入れたい場合は、明確でない可能性があります。

概要とまとめ

エッセンスを書きます。アピールすること、その効果を示します。論文の全体像を示す必要はありません。

例:
アジャイル開発の普及や社会の変化が激しくなったことから、業務ソフトウェア開発では複数回のリリースが増えている。一方、社会への影響が大きくなるに従い、ソフトウェアの信頼性へのニーズは高まっている。ソフトウェアの信頼性予測ができれば効果的にソフトウェアが開発できると考えられる。そこで、リリース回数と障害数の関係を調査し、その結果を示す。
  => 
本論文では,リリース回数に基づく残存障害数予測法を提案する.提案する方法は要件の詳細が不明確なソフトウェアはリリース回数が多いことに注目し,業務ソフトウェアの残存する障害数を予測する.要件の詳細な分析が不要な方法であり,リリース時にメンテナンス費用を概算することが可能である.20プロジェクトでモデル式を求め,異なる20プロジェクトに当てはめた結果,危険率5%で有意差が認められた.

問題設定と関連研究

問題設定は「 はじめに 」などで、その論文でアピールするものの価値を決まるものです。広い範囲から徐々にターゲットの領域を絞り込んでいきますが、論理展開の単位となる各段落ごとに文献を引用して客観的に示します。もし、文献がないなら、主観でなく、論理的にその領域の重要性を説明します。

関連研究はターゲットの領域の既存研究を示し、アピールする内容が実践されていない、あるいは不十分であり、論文に価値のあることを示します。また、論文中に利用する方法やツール等も問題設定や関連研究の中で示して、議論の土俵固めをします。

文献と引用

文献はなるべく最新の査読付き論文で示します。一般に、研究会等の査読なし論文、シンポジウムや国際会議等の査読付き論文、論文誌の(査読付き)論文、書籍、の順に研究が進んでまとめられますので、前のものほど新しく信頼性が低く、後のものほど一般的で信頼性が高いと言えます。

広く知られた内容ではなく、査読者に評価されていて、ほどほどに新しい査読付き論文が良いでしょう。書籍を引用する場合は全体でなく、示したい内容をページや文章の引用で示します。文献のURLは読者の参考になりますが、Webだけの情報は変化するのであまり良いと言えないでしょう。

文献の一覧は、学会により記法が異なりますが、引用マーク、著者、タイトル、文献、ページ、出版社、公開年、の順に示します。

例: [1] 阪井 誠,  中道 上,  島 和之,  中村 匡秀,  松本 健一, Webtracer:視線を利用したWebユーザビリティ評価環境, 情報処理学会論文誌, Vol.44, No.11, pp.2575-2586, 2003.

最後にピリオドを付けます。ソート順は出現順や名字(Sir name)順が多い様です。本文の引用マークは句読点の前に書きます。

例:阪井らは視線と画面、マウス操作を同時に記録・再生することで,ユーザビリティテストを支援した[1].

事実と推測の分離

結果と考察のように分けられる場合は章単位に分けます。はじめにのように構造上難しい場合やページ数の制約などで、一つの章に事実と推測が混ざる場合は、段落単位に分離します。

事実を示す関連研究が少ないなどバランスが悪い場合は、言いたいことを書きすぎていることが多いので、アピールする点をどのように説明すべきかを今一度見直すと良いでしょう。

とことん書く

論文の構造を整理していくと単純になりすぎる場合があります。実際に経験した人でないとわからない情報を付け加えることで、論文の価値が高まります。

イベントの参加者や論文の読者に知らせたい内容かどうかが、査読の最終判断に影響します。特に経験論文の場合は表面的な内容だけでなく、うまくいかなかった点やノウハウ的な内容で評価が変わる可能性があります。

細かな点

図表は上か下に寄せて配置します。表題は上に、図のタイトルは下につけますので、それぞれ上と下に寄せると本文との干渉が少なくなります。図表のページを独立させても良いでしょう。

文章にもルールがあります。括弧は論旨を曖昧にします。なるべく括弧をなくします。昔はJISに習って、カタカナ表記の最後に「ー」がある場合、4文字以上は「ー」をとるように言われましたが、最近は変わっている様です。

細かな内容も含めて、論文誌の場合は学会で基準が決められています(電子情報通信学会)。シンポジウム等では過去の論文誌を参考にすると良いでしょう。

おわりに

論文らしくする方法を思いつくままに書きました。論文らしくすることで、より読み易くしますし、バランス良く書くことでわかり易くなります。

良い研究は新しく、役に立ち、信じるに足る実証がされているものです。良い論文は、そのような良い研究を前提とした上で、論旨が明確で、読者の役に立つ内容が書かれたものです。

しかし、どんなに良い研究であっても、正しく伝わらなければ理解してもらえません。良い論文の構造は、少ない文章で明確に伝達する構造です。

良い論文に仕上げている間に、曖昧な考えが明確になる場合もあります。技術発表は読者のためだけでなく、自分自身の理解を深めるためでもあるのです。

あなたの経験をぜひ整理してください。そうすれば、その技術は積み上げ可能になり、きっと社会の役に立つでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »