無料ブログはココログ

« [#TiDD]【告知】チケット駆動開発による「ソフトウェア開発の現場力向上」 | トップページ | [#TiDD] チケット駆動開発で障害対策リリースする際のチェック法 »

「ちゃんとやれ!」では改善しない。

ソフトウェア開発でトラブルが発生した時、「ちゃんとやれ!」と言っているだけでは、改善できません。

原因を確認する

そもそも、なぜトラブルが発生したのかを考えるべきだと思います。

  • テストが不十分
  • レビューしたが漏れた

などなど、確かにちゃんとしていないことが直接の原因なのかもしれません。しかし、よくよく聞いてみると、

  • 開発法に改良の余地がある
  • 技術的に問題がある

のかもしれません。その場合は、注意するのではなく、指導した方が良いでしょう。

「考えろ!」

このような場合「考えろ!」と注意される方もおられるかもしれません。しかし、既に考えているなら「そんなことを言われても、、」で、終わってしまうかもしれません。

そこで、ポイントだけ教えて、詳しくは調べさせるとか、関連するコミュニティや検索の仕方など、勉強に役立つ方法を教えるのが良いと思います。

そもそも

実は品質向上策を取りたいのに、そもそも

  • 予算(工数)がない
  • 見積もりが間違っていた

などの理由で網羅的な品質確保の作業が難しいのかもしれません。その場合、追加の予算確保が難しいと思われますので、別の対策が必要です(特にプロジェクトが小規模であるほど、費用の捻出は難しいでしょう)。

この場合も、注意するのではなく、指導した方が良いと思います。予算交渉や行積の方法は別途教えるとして、今を乗り切るためのポイントを教える必要があります。

危機を脱する方法

限られたリソースで最大の効果を得る方法は、最も効果のある方法から実施することです。特に信頼性が問題になっている場合は、問題の発生の可能性と被害が大きいところから、つまりリスクベースで優先順位を付けます。

こうすれば、限られた予算の中で効率よく改善できます。いわゆるパレート(2割8割)の法則によって、最大限の効果が得られるのです。

現実を受け入れろ!

このような方法は「きちんとしろ!」からイメージできることと大きく異なります。きちんとできない現実を受け入れて、その中で最善を尽くすことによって実現できる方法だからです。

「考えろ!」というのも現実を受け入れていないでしょう。考えるために必要な知識を提供し、どのように考えれば良いかを提供すべきなのは、多くの場合、注意している人の仕事だからです。

偉そうにしない

「偉そうにする」という言葉は、上に立つ人のあるべき姿ではなく、使えない上司を表していると思います。ボスの仕事はチームの能力を最大限に発揮させることだからです。

上の立場だからこそ、技術や人の育て方をきちんと学び、チームをより良い方向に導く責務があると思います。「その責務に手が回らないほど忙しいのは、責務を果たしていないから」と思うのはひねくれ過ぎでしょうか?


« [#TiDD]【告知】チケット駆動開発による「ソフトウェア開発の現場力向上」 | トップページ | [#TiDD] チケット駆動開発で障害対策リリースする際のチェック法 »

ソフトウェア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« [#TiDD]【告知】チケット駆動開発による「ソフトウェア開発の現場力向上」 | トップページ | [#TiDD] チケット駆動開発で障害対策リリースする際のチェック法 »