無料ブログはココログ

« 自律的組織をメトリクスで方向付ける - 稲盛和夫著「アメーバ経営」その2 - | トップページ | アメーバ経営はGQMアプローチだった - より良いメトリクスを考える - »

「チケット駆動開発の本質」に向けて #devsumi

デベロッパーズサミット2013で「チケット駆動開発の本質」と題した講演をさせていただきます(おかげさまで満席になった様です。ありがとうございます)。内容は主に挑戦の道具としてのチケット駆動開発をベースに行う予定ですが、より良い発表にしたいという思いから、考えを整理しておきたいと思います。

この発表の背景にあるのは、小川さんと書いてきた2冊のチケット駆動開発の書籍です。1冊目の「Redmineによるタスクマネジメント実践技法」はRedmineを題材にチケット駆動開発、特にアジャイル開発の要素を取り入れて書き、2冊目の「チケット駆動開発」は1冊目で書ききれなかった内容を中心に、より幅広い議論を目指して書きました。

チケット駆動開発への思いはかつて書きましたが、2冊目の本は広い議論を目指しました。これは、我々には1冊目の本で思いを込めた様に、チケット駆動開発の実践を通じて思っている方向がありますが、世の中を見ていると元々の定義や我々の思いとはやや異なる方向でもチケット駆動開発と言う言葉が使われているからです。

チケット駆動開発を最初に提唱されたのはまちゅさんで、「No Ticket, No Commit!」は基本的なルールですが、いまやPivotal Trackerのチケットをストリートカードとして使う場合(リンク先はSocial Change!)もチケット駆動開発と呼ばれているほか、より簡便な使い方や、より管理的な使い方もされています。そのような中で現実を肯定して、様々な使い方の中で現場の問題を見極めて考えて使ってくださいと言うメッセージを送ったのです。

とはいえ、1冊目に書いたような熱い思いもあります。それを今、伝えようとしています。どうしようもないプロジェクトで見いだした一筋の光明、不安を感じて後ろ向きだった仲間達が前を向き、一歩ずつ確実にノウハウを蓄積し、互いに助け合う様になるための道具であったチケット駆動開発について話そうと思います。

チケット駆動開発は開発プロセスのゴールではなく、プロセスをより良くする道具だと思います。チケット駆動開発をどのように実践するかを考える事で、ソフトウェア開発の様々な問題をどのように解決するかが見えてきます。今回の発表を通じても、思いを整理する事や、感じた事、皆様の感想を踏まえて、また一歩、前に進みたいと思っています。

デブサミの短い時間ではそのすべてを語る事はできませんが、チケット駆動開発への思いを伝えたいと思っています。


« 自律的組織をメトリクスで方向付ける - 稲盛和夫著「アメーバ経営」その2 - | トップページ | アメーバ経営はGQMアプローチだった - より良いメトリクスを考える - »

チケット駆動開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自律的組織をメトリクスで方向付ける - 稲盛和夫著「アメーバ経営」その2 - | トップページ | アメーバ経営はGQMアプローチだった - より良いメトリクスを考える - »