無料ブログはココログ

« [#TiDD] チケット駆動環境のコンポーネント | トップページ | [#TiDD] チケット駆動開発の落とし穴 - ベカラズとベシ - »

[#TiDD] タスクマネージメントとは

タスクマネージメントとは何か、「Redmineによるタスクマネジメント実践技法 」のタイトルに入っているこの言葉は、ソフトウェア工学ではあまり使われていません。これは、アジャイルなチケット駆動開発を実践する場合、チケットをタスクカードの代わりに使うことから、チケット駆動開発という言葉の代わりに使ったからです。

この言葉は予想外に広がりました。「開発」ではなかったことから、いわゆる仕事術で語られる個人のタスク管理共関連づけられ、RxTstudy(Redmineやタスク管理を考える勉強会@大阪)ではタスクマネージメントの幅広い議論が行われています。

そこで(いまさらですが)、タスクマネージメントとは何かを定義してみたいと思います。オブジェクト指向の変数、構造、メソッドのイメージで、まずタスクに関するメトリクスと関係をリストアップし、どのようなマネージメントが実施されるかを示してみたいと思います。

1. タスクのメトリクス
・進捗(それぞれ工数、件数がある)
 - 総数(当初計画、実施中計画)
 - 総数のうち消化した数、実施数、残数
 - 上記組み合わせの比率(消化工数/実施中計画など)
 - ステータス
・優先順位(段階、順序)

2. タスクの関係
・親子(has-a、is-a)
・前後
・同一分類(モジュール、担当、報告者)
・クリティカルパス(全体の順序系列の中で最も時間のかかる系列)

3. タスクマネージメント
共通の操作:
・発見、収集、分類、分解(並列化、直列化)、集約、計画、実施、完了確認、廃棄

グループ管理
・リソース管理
 - 割り当て
 - 担当ごとの管理
・進捗管理

自己管理
・受諾、把握(議論)、見積もり、実施、状態更新、担当変更
・進捗管理

*進捗管理はそれぞれの視点でありますので、両方に入れました。

このように見てみると、グループでの管理と自己管理であまり変わらないのですね。違和感なく議論できるはずです。

もし、これ以外にもお気づきの項目があれば、ぜひコメントをお願いします。

« [#TiDD] チケット駆動環境のコンポーネント | トップページ | [#TiDD] チケット駆動開発の落とし穴 - ベカラズとベシ - »

チケット駆動開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« [#TiDD] チケット駆動環境のコンポーネント | トップページ | [#TiDD] チケット駆動開発の落とし穴 - ベカラズとベシ - »