無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

[iPhone4] 失った写真の復活

iPhone4のiOSを5.0にバージョンアップをしたところiPhoneでとった写真やビデオが見れなくなりました。試行錯誤でわかったのは、

「今までなかったアルバム(写真の同期元のフォルダ名)が見えていたら、フォルダ名を変更して同期させるとなおるかも」

という結論です。

症状:

iOS5.0にバージョンアップしたところ、アルバムが増えていました。フォトライブラリと見慣れないアルバムのファイル数が同じで、サムネイル(一覧)をみたところ以前の写真が入っていました。何かおかしくなったとは思いましたが、サムネイルが見えていたので気にしていなかったのですが、最近になって写真を見ようとすると別の内容が表示され、動画を見ようとすると

「要求されたURLはこのサーバー上に見つかりません。」

等と出て内容を見ることができませんでした。

やったこと:

ネットワークを検索すると以下のページが見つかりました。

Apple サポートコミュニティ:ミュージックビデオURL 見つからない
https://discussionsjapan.apple.com/thread/10099470?start=0&tstart=0

どうも同期関係の問題のようなので、上記を参考に写真の共有をOFF⇒ONに変えながら、何度か同期を試みました。しかし、なにも変化せず。

試しに同期元のフォルダにあるキャッシュを消すと、再構築するものの変化なし。

そこで、「ビデオ含める」だけをOFF⇒ONに変えながら、同期を試みました。すると、ビデオだけが復活しました。

解決策:

最後に試したのは写真の共有元に指定していたフォルダを変更したことです。私の場合、見慣れないアルバムは「iPhone4]となっていて気付かなかったのですが、実は共有元のフォルダ名だったのです。そこで、もしやと思って試したところうまくいきました。

上の「やったこと」に書いている作業を始める際に写真フォルダのコピーを作っていたので、それを指定しました。キャッシュのフォルダもそのままに、このフォルダを共有元に指定するとすべての写真とビデオが同期され直して、ようやく復活しました。

ただ、新しいフォルダ名と同じアルバムに、フォトライブラリと同じ写真が表示されるのはそのままです。大切な写真が復活したのでヨシとしています。

以上の結果から、フォルダ指定をされていたためにうまくいかなかった方は、フォルダ名を変更して同期しなおすとなおると思います。ただ、念のため、共有元のファイルのバックアップを取っておかれた方が良いと思います。

[#TiDD] 2つのアダプタブル・ウォーターフォール開発

従来型の開発をチケット駆動開発によって補完するアダプタブル・ウォーターフォールには、大きく分けて2つのパターンがあります。

1)全工程2重管理型

これは上流工程から下流工程までチケット駆動開発するものです。すべてのタスクをチケットで管理しますが、既存のプロジェクト管理と併用します。既存のプロジェクト管理では、ベースラインごとに計画が定められてそれを基準にプロジェクトの予実が管理されます。チケットに登録されるタスクはベースラインで定められたタスク、あるいは、より詳細化したタスクから始めますが、必要に応じて計画が変更されます。

この方法はすべての管理をチケットを中心に実施する完全型チケット駆動開発に似ています。チケットは階層構造を持っていますので、WBSをそのまま表現することができます。BTS/ITSのガントチャートによる進捗報告が許されるなら、管理を一元化できますので、多くのメリットが生まれるでしょう。

気を付けないといけないのは、完全型を目標にすると失敗する危険があることです。チケット駆動開発における成功とは活用されることです。現場における想定外の問題や忘れてしまいそうな作業をチケットにしておくことで、混乱状態からプロジェクトを救います。しかし、チケットの計画を柔軟に変更するとプロジェクト全体の予実管理が困難になることから、開発者による計画の変更が制約される可能性が出てきます。工事進行基準が適用される場合など柔軟に計画を変更できない場合には、あえて2重管理した方が良いでしょう。チケットは動的な管理、エクセルはスナップショットの管理に向いていますので、うまく使い分けてください。

なお、上流工程からチケット駆動開発すると、チケットが膨大になりがちです。計画変更時に各チケットを修正するのは大変です。そんな場合は、エクセルと連携して修正後にインポートする方が効率的でしょう。MS-Projectのような日程調整ができるようにマクロを書かれている方もあるようです。

最近は、チケットの修正が大変だからと日程を入れない方も多いようです。この場合はRedmineのBacklogsなどアジャイル用のプラググインが使われる場合が多いようです。標準の環境でも、マイルストーン(バージョン)を定義しておき、ロードマップなどの一覧で見ることによって、日程を入れないで管理することができます。これは、比較的短い期間にやらないといけない作業が順序を決めずに置かれている状態です。ガントチャートでいうならば、マイルストーンまでの期間に平行に複数のタスクの線を引いているのと同じです。

作業の順序を決めておくことが作業計画に役立つのであれば日程を入れればよいですし、それよりも計画の柔軟性が重要であれば、マイルストーンによる管理が有効でしょう。

2)下流集中管理型

名前のとおり、テスト工程以降(下流)においてタスクを集中管理するチケット駆動開発です。

テスト工程では、準備とテスト種目毎の計画が立てられて、それぞれの消化項目数で管理されることが一般的だと思います。しかし、実際には準備期間はもちろんのこと、テストごとにも細かな準備があり、作業の実施順序や作業漏れの有無によって効率が大きく変わります。

そこで、テスト実施に必要となる作業をチケットとして登録しておきます。これらは、元の計画にない作業ですのでチケットが元の計画を補完していることになります。開発者はチケットによって作業を計画し、日々、全貌をチケッでを確認しながら作業を進めることができます。

この事例は、先日、RxTstudyで発表しましたので、よろしければそちらの記事をご覧ください。


« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »