無料ブログはココログ

« グレー境界値!? | トップページ | [iPhone4] 無線で印刷!AirPrint はなかなか便利です。with HP B110a »

[#TiDD] チケット駆動開発で現場力を向上する

少し前に書いたプロセス改善には、以下の二つの流れがあります。

・トップダウンによる管理力の向上
・横展開による現場力の向上

それぞれに長所、短所があります。

トップダウン

  • 長所:組織全体で一貫性のあるプロセスを組織的に実現できる
  • 短所:ルールの存在が負担になり、やらされ感を感じる場合もある

横展開

  • 長所:プロジェクトにあわせたプロセス改善ができる
  • 短所:個々のプロジェクトの判断で、プロセスを端折ってしまう可能性がある

トップダウンは会社の方針ですので、予算の獲得も用意です。問題もありますが、やる気を出させるために開発者を集めてワークショップを開けば、効果的な改善が可能なようです。そのようなアプローチがふさわしい問題がある場合には、トップダウンが有効な場合もあると思います。

しかし、チケット駆動開発の本 で私が意識しているのは、現場力の向上です。自分たちのプロジェクトで実践し、成功すれば、そのメンバーが別のプロジェクトでも実践しますし、それを見た人たちのプロジェクトにも展開されるでしょう。このように個々のプロジェクトを活性化して、プロセスを改善していきます。

現場で起きている問題を解決する目的で、プロセス改善を実施すれば、プロジェクトは楽になり、多くのメリットが得られます。開発者自信で考え、行動することで、効率的な開発ができるでしょう。

横展開で問題になるのは、組織での一貫性です。新しいことを始めると、従来のルールがあてはまらなくなり、管理できなくなります。また、似た問題に対する解決法の再発明によって無駄も発生します。

チケット駆動開発ではBTSを利用しますので、BTSの共有によってある程度この問題を解決できると思います。BTSにはチケットのルールがツールかされていますので、BTSを共有する人たちで、知恵を出し合えうことで、より便利で効率的な環境が構築できると思っています。

« グレー境界値!? | トップページ | [iPhone4] 無線で印刷!AirPrint はなかなか便利です。with HP B110a »

チケット駆動開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/50080426

この記事へのトラックバック一覧です: [#TiDD] チケット駆動開発で現場力を向上する:

« グレー境界値!? | トップページ | [iPhone4] 無線で印刷!AirPrint はなかなか便利です。with HP B110a »