無料ブログはココログ

« [#TiDD] チケット駆動開発の議論 | トップページ | 「ウォータフォールモデル」を超えた「エクストリームウォータフォール」 #agileto2010 »

アジャイルの定義 #agileto2010

アジャイルとかウォータフォールの議論をしていて、混乱する理由の一つが「言葉の定義」だと思っています。そんなことからアジャイルの定義を探していたのですが、Agile Tour Osaka 2010の牛尾さんの講演で明快に定義されていました。

方法論者がみんなで集まって共有できたのがアジャイル開発宣言で、それぐらいしか合意できなかった。これを実現すればなんでもアジャイルというものです。

なるほどと思って読み直すと、これまで私がアジャイルのつもりで行っていた開発だけでなく、お客さんがウォータフォールでと言っていた仕事の何割かは、まさにアジャイルでした。本来リリースは1回での依頼でしたが、無理な要望にこたえるためにリリース回数を分けさせていただきましたし、実行環境やアーキテクチャが不安なので、ものづくりを優先することもしばしばだからです(苦労してます)。

さて気になったのは、12の原則の一つ

「ビジネス側の人と開発者は、プロジェクトを通して日々一緒に働かなければなりません。」

というものです。「ビジネス側」という表現が微妙ですが、これからすると世の中のアジャイルプロジェクトと言われているものの何割かはアジャイルでなくなるのではないでしょうか?

結局、アジャイルは4つの価値にある「あたり前のマインド」で、ウォータフォールがロイス氏の論文などの議論(名古屋アジャイル勉強会)にあるように、単純なままでは「問題のあるとされているモデル」だからいつも議論がおかしくなるのでしょうね。

そうそう、牛尾さんの講演でもっとも印象的だった言葉は「ファイアーウォール」です。リーダはプロジェクトを混乱させない重要な責任を担っていると言うことだ再認識しました。

« [#TiDD] チケット駆動開発の議論 | トップページ | 「ウォータフォールモデル」を超えた「エクストリームウォータフォール」 #agileto2010 »

私のアジャイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/49896131

この記事へのトラックバック一覧です: アジャイルの定義 #agileto2010:

« [#TiDD] チケット駆動開発の議論 | トップページ | 「ウォータフォールモデル」を超えた「エクストリームウォータフォール」 #agileto2010 »