無料ブログはココログ

« [Redmine] チケット更新のチェック (Mylinの設定あり) | トップページ | [#TiDD] チケット駆動開発は小規模プロジェクトの憂鬱をきっとなくしてくれる。 »

[#TiDD] チケット駆動開発の本質は任せる(楽をする)こと

平鍋さんの「リーンの本質は考えること」という記事を読んで、アジャイルの第一人者である平鍋さんの言葉に、確かにリーンではどのようなリスクで、どのように対処するか考えることが大切だ。などと思いながら、シンプルな言葉で説明することの重要さを感じました。

そこで、チケット駆動開発の本質を考えたところ、

 「TiDDの本質は任せること」

だと思いました。チケット駆動開発には様々なバリエーションがありますが、基本は任せることです。

  • 忘れそうな作業を覚えることを任せる
  • 抜けなく確認する段取り(ワークフロー)を任せる
  • ソースを作業と関連付けることを任せる
  • 日々の作業の一覧表示を任せる
  • プロジェクトの見える化を任せる
  • 各種ツールとの連携を任せる

などです。チケット駆動開発はこのように、不安になることや、難しそうなこと、大変そうなことを、RedmineやTracといったBTSを中心としたツールに任せて楽をするのです。

ツールに任せて楽をするのですから、ミスが減り、信頼性が向上し、生産性が向上するのはあたり前です。

私が初めてチケット駆動開発を始めたときもそうでした。仕事に趣味は持ち込まない主義ですので、私が入るまでの開発方針で進めていましたが、どうも危ない、大変そうだ。これだったらチケット駆動開発を入れるほうが良い、と判断して始めました。

当時はtracを使いましたが、その環境も会社が用意してくれるものを使って導入工数を減らし、絶対うまく行くとの自信を持って始めました。今から考えれば、工数をかけてRedmineを入れても十分元が取れましたが、楽をするのが目的ですので、それでよかったのです。

ポイントは、トータルで楽ができることです。無理なチケット駆動開発は不幸を生む可能性があります。はじめのうちは、許された範囲で、広い目で考え、思い込みをせず、に実施するのが良いでしょう。

具体的には、以下の点に注意すべきだと思います。

1.ルールを守る

仕事として行うからには、勝手なことをしてはいけません。上司の許可を得て、客先との契約上の問題にならない範囲ですべきです。

2.局所解に陥らない

ソフトウェアの寿命は長いものです。開発リポジトリの維持の考慮しなくてはなりません。目先の利益だけでなく、広い視野で、ツールや運用方針を決めなくてはなりません。

3.非忠誠

リンク先の平鍋さんの記事をぜひ読んでください。非忠誠とは頑固な原理主義ではなく、現実を見つめた柔軟な対応をすることです。どこかでうまくいったからといって、それがそのまま通用するとは限りません。何をツールに任せるべきか、どうすれば楽になるか現実的な解決法を選ばなければなりません。

意地を張ったり、目先のことだけを考えて、勝手なことをするのではなく、正しく理解した上で、信じられるものに任せることが大切なのだと思います。

# Turn away from your sins and believe the Good News!
# Mark 1.13 (T.E.V.)

« [Redmine] チケット更新のチェック (Mylinの設定あり) | トップページ | [#TiDD] チケット駆動開発は小規模プロジェクトの憂鬱をきっとなくしてくれる。 »

チケット駆動開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/49600440

この記事へのトラックバック一覧です: [#TiDD] チケット駆動開発の本質は任せる(楽をする)こと:

« [Redmine] チケット更新のチェック (Mylinの設定あり) | トップページ | [#TiDD] チケット駆動開発は小規模プロジェクトの憂鬱をきっとなくしてくれる。 »