無料ブログはココログ

« [#TiDD] 出版裏話3:中堅技術者向けのRedmine&TiDDの本 | トップページ | [#TiDD] プラクティスにあだたぬチケット駆動開発 »

[#TiDD] チケット駆動開発を開発のツールとするために

リーダーの重要な仕事の一つは

「与えられた人的リソースで最大限の効果を出すこと」

だと思います。

チケット駆動開発はその意味で、リーダの仕事を支援します。もちろん、チケット駆動開発はプロジェクト管理を容易にしますが、それは副次的な効果です。

チケット駆動開発は、開発現場から生まれた方法論です。ふさわしい運用をすれば、効率の良い開発を実現できます。

ふさわしい運用とは、プロジェクトによって異なります。XP祭り関西2010で発表した分類で言うと、

  • 開発メンバーの能力が高く、自由な雰囲気の方が能力を発揮するなら、チケットの発行やクローズが誰でも可能な「オープン型」
  • 一貫性などワークフローで解決すべき問題が重要な場合には、権限を厳密にした「ワークフロー型」を限定的に実施する

が、ふさわしいでしょう。このほか、開発者の意見を生かしてプロセス改善をするには「ふりかえり」の実施が有効です。プロセス改善によって、開発者のストレスも低減するでしょう。

チケット駆動開発を管理のツールとして考えると、使い勝手が悪くなりがちです。現場で生まれた開発のツールである点を重視して、ふさわしい運用を実施したなら、開発者の能力を最大限に引き出して、効率的なプロジェクト運営が実現できると思います。

« [#TiDD] 出版裏話3:中堅技術者向けのRedmine&TiDDの本 | トップページ | [#TiDD] プラクティスにあだたぬチケット駆動開発 »

チケット駆動開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/49461459

この記事へのトラックバック一覧です: [#TiDD] チケット駆動開発を開発のツールとするために:

« [#TiDD] 出版裏話3:中堅技術者向けのRedmine&TiDDの本 | トップページ | [#TiDD] プラクティスにあだたぬチケット駆動開発 »