無料ブログはココログ

« [iPhone4] 既存の音楽データの移行 | トップページ | [iPhone4] 音楽・ムービーをスリープ中に聴く・停める »

[iPhone4] PDFでプレゼンテーション - PDF Presenter for iPhone 4 -

ついにiPhone 4のプレゼン環境ができました。

用意したもの:Vga

  ハード:Apple iPad Dock Connector - VGAアダプタ
    3,505円(アップルストア、送料500円+税込み)

  ソフト:PDF Presenter for iPhone 4
     600円(App Store)

VGAアダプタは、名前にiPadとか、Dockとか書いていますが、直接iPhone4に繋げて表示できます。このアダプタは写真や動画をディスプレイに写すものですが、対応ソフトを使うと、それ以外のコンテンツも表示できます。

iPadにはKeynoteをはじめとして、無料ソフトを含めて色々なソフト(リンク先はトブiPhone)がありますが、iPhone4には対応ソフトがありませんでした。

そしてついに登場したのが、このPDF Presenter for iPhone 4です。PDFのスライドを順に送りながら、プレゼンテーションできます。
Tate

データ転送
メールにPDFファイルを添付してiPhone 4に送ります。iBookなどで同じように、メールソフトでいったんPDFを開いてから、右上のメニューからPresenterに送ります。

操作性
現在の画面だけでなく前後の画面も確認できますので、プレゼンには便利だと思います。表示されている前後のスライドをタップすると、そのスライドに進みます。

アニメーション
プレゼンテーション用のアプリですので、ページ送りのアニメーションも用意されています。設定コマンドから変更できます。簡単な効果ながら、3パターンx4方向、フェード、効果なし、から選べます。

ビデオ設定
Yoko_2
VGAアダプタの表示は、ミラーではなく、サブディスプレイの扱いになりますので、(iPhoneの表示は変わるものの)iPhoneを縦に持っても、横に持っても出力は変わりません。

VGA出力にプロジェクタなどを接続している状態で、右下の[1024x768]等の解像度表示をタップすると、設定画面になります。表示装置によっては、解像度の選択ができます。19インチのワイドディスプレイでは、640x480,800x600,1024x768が選べましたが、XGAのディスプレイをつなげた際は表示されませんでした。

それ以外にも以下の設定を変更できます。

1) オーバースキャンの有無
 周辺が切れるときにオーバースキャンをOFFにするのでしょう。

2) ワイド表示の有無
Presen
 写真のようにワイドディスプレイで横長になるとき、アスペクト比を調整する際にONにします。

iPhone4にカバーをしていることもあってコネクタが抜けやすいのがちょっと残念ですが、これで重いノートPCを持ち歩かなくてもプレゼンできるのはうれしい限りです。

« [iPhone4] 既存の音楽データの移行 | トップページ | [iPhone4] 音楽・ムービーをスリープ中に聴く・停める »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/48961410

この記事へのトラックバック一覧です: [iPhone4] PDFでプレゼンテーション - PDF Presenter for iPhone 4 -:

« [iPhone4] 既存の音楽データの移行 | トップページ | [iPhone4] 音楽・ムービーをスリープ中に聴く・停める »