無料ブログはココログ

« [iPhone4] PHILIPS イヤフォン SHE9700-A とローソン100の充電コネクター | トップページ | [iPhone4] PDFでプレゼンテーション - PDF Presenter for iPhone 4 - »

[iPhone4] 既存の音楽データの移行

iPhoneではAACのほか、MP3なども再生することができます。そこで、他の携帯オーディオで使っていた音楽データを、なんとかしてiTunesに取り込みたくなるのが人情です。

iTunesは「マイミュージック」の下(My Documents\My Music\iTunes\iTunes Music)にデータを保存していますので、ここにファイルをおけば、認識してくれます。しかし、これはお勧めしません。

今までiPod等は持っていなかったのですが、エンコーダとして使ってきました。もともとAACのエンコーダとして使っていたのですが、評判の良くないMP3のエンコードもビットレートを高くして使っていました。そういう使い方をしていたので、過去のデータを「マイミュージック」の下にまとめたりもしていました。

そんな正しく認識していないデータは、バージョンアップの際に2重になったり、それが無効になったりします。間違えて大事なファイルを消すことになりかねませんので、お勧めしません。

そこでお勧めは、ファイルメニューの「フォルダーをライブラリに追加」です。既にあるファイルを、フォルダごと指定して追加します。この方法の良いところは以下の2点です。

・変な動きをしない
・iTunesを削除するときに、実態は消されない(「マイミュージック」の下だと消される)。

普通の手順でやりましょうということです。

さて、このような方法で追加した場合、MP3タグが登録されていないファイルもiPhoneに同期されますが、歌手やアルバムで選ぶことができません。このようなファイルは

・アーティスト
・アルバム
・トラック番号

を登録します。iTunesで複数のファイルを選択してプロパティを選ぶと、一度に変更することができます。トラック番号で再生の順番が変わります。

CDからインポートした際に、xxx feart. yyy 等とアーティストがそろわないことがあります。このような曲は歌手やアルバムが別になってしまいますので、同じようにアーティストをそろえておかないと不便です。せっかくの情報なので消すのがもったいない方は、コメント欄に写しておくと良いでしょう(アルバムアーティストが異なっても別のアルバムになります)。

また、インポートした際も

・読みがな

が入っていないと後ろのほうに回されます。歌手やアルバムを正しい順番に表示するには、読みがなを入れてください。

これらの同期は、コピーで行われます。なんどもやり直しが生じないように、どこまで修正するかを予め決めておいて、まとめて修正して、すべてが終わってから同期する方が効率が良いでしょう(もちろん試す場合は、アルバム単位などで修正しても良いでしょう)。

« [iPhone4] PHILIPS イヤフォン SHE9700-A とローソン100の充電コネクター | トップページ | [iPhone4] PDFでプレゼンテーション - PDF Presenter for iPhone 4 - »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/48911924

この記事へのトラックバック一覧です: [iPhone4] 既存の音楽データの移行:

« [iPhone4] PHILIPS イヤフォン SHE9700-A とローソン100の充電コネクター | トップページ | [iPhone4] PDFでプレゼンテーション - PDF Presenter for iPhone 4 - »