無料ブログはココログ

« iPadに踏み切れない | トップページ | 小さなiPad検討中 »

テスト項目の削減は2種類に集約される

先日、テスト項目の削減方法が「まとめる」「間引く」の2種類に集約されることに気付きました。

1.まとめる

  • 同値類(同値クラス)をまとめる。同じ種類のデータを一つにします。
  • デシジョンテーブルや状態遷移表を、Don't careや論理演算を利用してワーニエ法(知ってる人いますか?)のようにまとめる

2.間引く

  • 直行表やAll-pair法を用いて、2因子以外の項目をあきらめて間引く。
  • リスクベース・テスト:リスクの高いものを中心にテストして、リスクの低いものを間引く

結局、まとめる方法や間引く方法には色々あるかもしれませんが、まとめる、間引くの二つに集約されると思います。いかがでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

« iPadに踏み切れない | トップページ | 小さなiPad検討中 »

ソフトウェア」カテゴリの記事

プログラミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/48519528

この記事へのトラックバック一覧です: テスト項目の削減は2種類に集約される:

« iPadに踏み切れない | トップページ | 小さなiPad検討中 »