無料ブログはココログ

« [TiDD] チケット駆動開発におけるリスク低減法 | トップページ | iPadに踏み切れない »

[TiDD] チケット駆動開発はマネジメント - 「もしドラ」を読み始めて -

先日、眠れなくて深夜番組を見ていたら「もしドラ」を説明していました。

「もしドラ」というのは、ダイヤモンド社から出ているちょっと変わった岩崎夏実さん

もし、高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

というビジネス書です。野球部のマネージャを引き受けた主人公「みなみ」何をすべきかをなやみ、書店で推薦された世界で一番売れているドラーカーの「マネジメント」を読んで、野球部と共に成長するお話です。

TVで見たこと、途中まで読んだこと、岩崎夏実さんのブログ中で読んだことを私なりにまとめると、

1) 顧客を明確にすることで、目標が明らかにする
2) 仕事には働きがいが必要
3) 人を生かす
4) イノベーション

という点が、チケット駆動開発(TiDD)とつながっていると思いました。この本やマネジメントの話はまた別の機会に書くとして、今回はTiDDとの関係を書いてみたいと思います。

TiDDは開発法でありながら、タスクマネジメントの方法です。もちろんマネジメントと関係があるのは間違いないのですが、上記の点はTiDDの特徴を示しています。

1) 顧客を明確にすることで、目標が明らかにする
TiDDはその目標によって使い方が変わる。XP祭り2010のあきぴーさんはきちんと管理するためにワークフローを重視しましたが、私はプロジェクトの元気を取り戻そうとTiDDを導入しました。

2) 仕事には働きがいが必要
もしドラ90ページでは、ドラッカーのマネジメント74ページを引用しています。

働きがいを与えるには、仕事そのものに責任を持たせなければならない。そのためには、(1)生産的な仕事、(2)フィードバック情報、(3)継続的学習が不可欠である。

これは、TiDDにおける、チケットで責任を与えて生産を任せる、見える化やコメントによるフィードバック、繰り返しのリズムに相当するでしょう。

3) 人を生かす
プロジェクトの元気と言うのは、まさに人を生かすことでしょう

4) イノベーション
あきぴーさんの発表にあるように、基本的なルールが多くのプラクティスを生みました。

このように、TiDDにはドラッカーのマネジメントの要素が含まれているのです。だから、プロジェクトがうまくいったのだと思いました。

« [TiDD] チケット駆動開発におけるリスク低減法 | トップページ | iPadに踏み切れない »

ソフトウェア」カテゴリの記事

チケット駆動開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/48490828

この記事へのトラックバック一覧です: [TiDD] チケット駆動開発はマネジメント - 「もしドラ」を読み始めて -:

« [TiDD] チケット駆動開発におけるリスク低減法 | トップページ | iPadに踏み切れない »