無料ブログはココログ

« Switchy! : Google Chrome用簡単多機能プロキシー管理ソフト | トップページ | ソフトウェア開発の教訓 »

2回目の確定申告 -住宅売却損とローン控除-

去年は大変な目にあいましたが、今年は最初からパソコン申請だったので楽チンでした。

特に住宅の売買の場合、手書きではワークシートをたくさん書かされますが、最終的に必要なのは小計と合計だけ。しかも、法律で手数料が決められているものは、細かな領収書は要らなかったりしてショックでした。パソコン申請では必要な情報だけを入力するので速いんですね(今年は2年目なので関係ありませんでしたが、、、)。

さて、今年になってようやくわかったことがあります。

税金=(収入-控除)×税率

となっていますが、所得は収入のことで住宅の譲渡損はここから引かれます。控除は扶養家族とかいろいろありますね。で、住宅ローン控除は税金から引かれるものです。つまり、収入から住宅の譲渡損を引いた額が、控除額よりも少なければ税金はかかりません。つまり、ローン控除は申請しても無駄です。つまり、去年と今年で40万円の控除が無駄になりました。計算する際には最初に収入が0になるまで譲渡損分を引こうとしますから、実は譲渡損が多いと控除分も損するんですよね。残念!

私の場合は、さらに去年の株の売却損があって、今年の株の源泉徴収を返してもらいました。この返し方には2種類あるらしくて、給料の所得税から返してもらう方法(普通はこっちらしい)と、源泉徴収分から返してもらう方法があるようです。私の場合は所得税が0になりましたので、源泉徴収分から返してもらう形にしてもらいました(正式名称はわかりません。すみません)。

さて、ここまでだったら、家のパソコンで入力&印刷して、証明書類とともに郵送すればよいのですが、一つ気になったので確定申告会場に行きました。それは、すでに送られてきている住宅ローン控除の申請用紙のことです。

確定申告時に譲渡損の申請でローン残高証明書が必要で、そのためにローン控除の用紙は年末調整せずに確定申告で提出しました(去年の記事を読み返すとコピーでもよいようです)。しかし、その1年目分にだけ税務署の証明があって、2年目以降はないのです。それを会社に出すだけで控除が受けられるかを確認したかったのですが、OKのようです。

そんな感じでいろいろ教えてもらって、平日&雨のおかげですいていたこともあり、40分程度で、住宅譲渡損、ローン控除、株の配当と売却益の申請が終わりました。

« Switchy! : Google Chrome用簡単多機能プロキシー管理ソフト | トップページ | ソフトウェア開発の教訓 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/47769773

この記事へのトラックバック一覧です: 2回目の確定申告 -住宅売却損とローン控除-:

« Switchy! : Google Chrome用簡単多機能プロキシー管理ソフト | トップページ | ソフトウェア開発の教訓 »