無料ブログはココログ

« 元気が出るチケット駆動開発 - 補完型TiDDの経験 - @XP祭り関西2010 | トップページ | [TiDD] BTSがチケット駆動開発に向いている理由 »

[TiDD] ひとりチケット駆動開発はメールを使え!

XP祭り関西2010で、「ひとりチケット駆動開発は楽しくなかった」と述べましたが、訂正します。

「ひとりチケット駆動開発にBTSは向かない。メールを使うべきだ」

発表の後で、色々な人に「昔からやっているんですけど、忘れないように自分にメールする方が便利なんですよね」と言っていました。でも、倉貫さんがスプレッドシートでチケット駆動開発(TiDD)と言われていたことを思い出して、メールによるものもTiDDであると考えます。

すると私は、ひとりTiDD歴がかれこれ4半世紀になります(チョット自慢<-おじさんなだけですorz)。

まじめな話、メールはひとりTiDDに最適です。こんな感じです。

1) 忘れてはいけない作業が発生したときに、自分にメールします。
2) 必要なら、専用のフォルダを作成してメールを振り分けます。
3) 優先順位の高い作業にはタグなど目印をつけます。
4) 完了していない作業は未読、完了すれば既読にします。

こんな感じですが、いかがでしょうか?

実はこの方法は、普通のチケット駆動開発においても、

a) 担当している作業のうち、重要な作業
b) 担当外だが、関連する作業
c) クリティカルパスになっているなど、リーダが重要と思う作業

を管理する際に有効です。これがTiDDにBTSが向いている理由にも関連します(続く)。

« 元気が出るチケット駆動開発 - 補完型TiDDの経験 - @XP祭り関西2010 | トップページ | [TiDD] BTSがチケット駆動開発に向いている理由 »

チケット駆動開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/47508931

この記事へのトラックバック一覧です: [TiDD] ひとりチケット駆動開発はメールを使え!:

« 元気が出るチケット駆動開発 - 補完型TiDDの経験 - @XP祭り関西2010 | トップページ | [TiDD] BTSがチケット駆動開発に向いている理由 »