無料ブログはココログ

« [TiDD] チケット駆動開発 - BTSでExtreme Programmingを改善する- | トップページ | 玉の光 山廃 »

[TiDD] チケットの粒度に気をつける

チケット駆動開発の特徴は、管理的でなく自律的にプロジェクトを管理できることです。チケット駆動開発を実践すると、作業の抜けをなくそうと開発メンバー自身が進んでチケットを登録し、日々残チケットを確認しながら作業します。細かな作業ももれることがなく、きちんと行えます。

チケットに登録することは、作業工数が小さければ小さいほど有効です。大きな作業を忘れることはあまりありませんが、小さな作業は「うっかり」が発生しやすいからです。

管理者は全体の進捗と残業時間を管理するだけで日々の作業が進んでいきます。しかし、順調に進んでいるからとチケットを見ていないと危険な場合があります。

それはチケットの粒度がそろっていないとき、つまり作業時間のかかるチケットが混在するときに生じます。小さなチケットがたくさんあるとき、開発者は日々チケットをチェックして、作業対象と順序を決定して作業を進めます。しかし、作業時間のかかるチケットがあると、日々の作業のリズムが崩れます。作業工数の大きいチケットだけを気にするようになり、細かな作業のチケットがなおざりになりがちです。

チケット駆動開発は作業の抜けをなくします。しかし、チケットの粒度に気をつけなければうまくいきません。もし、細かなチケットに分けることが難しいなら、細かな作業のチケットを忘れていないか管理者が気をつけなければならないでしょう。

« [TiDD] チケット駆動開発 - BTSでExtreme Programmingを改善する- | トップページ | 玉の光 山廃 »

ソフトウェア」カテゴリの記事

チケット駆動開発」カテゴリの記事

プログラミング」カテゴリの記事

私のアジャイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/46701102

この記事へのトラックバック一覧です: [TiDD] チケットの粒度に気をつける:

« [TiDD] チケット駆動開発 - BTSでExtreme Programmingを改善する- | トップページ | 玉の光 山廃 »