無料ブログはココログ

« W-ZERO3[es] 高速化でMZ3.iを快適に! | トップページ | Vistaで大騒ぎ その4 - CDリッピング - »

Vistaで大騒ぎ その3 - スリープ復帰失敗 -

レッツノートの電源を入れたまま移動することが多かったので、

コントロールパネル>電源オプション>システム設定

で、「カバーを閉じたときの動作」を「何もしない」にしていましたが、これが原因で時々失敗していました。

vistaのスリープ復帰の原因はいろいろあって(ここがよくまとまっています)、USBまわり設定を変更すると改善することが多いようです(キーボードとマウスのプロパティの「電源の管理」タブで「このデバイスで、コンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにする」のチェックをはずす)。しかし、レッツノートのキーボードとタッチパッドはPS/2接続なので「電源の管理」タブすらありません。

失敗する時の状況を分析すると、どうも電源ボタンなどでスリープさせた後、スリープ状態になりきらないうちにカバーを閉じると復帰に失敗するようです。スリープ移行中に割り込みが入る、あるいはカバーの状態が変わると問題があるのかもしれません。

電源スイッチにあるランプの点滅を確認してから閉じると問題がないようですが、イライラして精神衛生上良くありません。結局、あきらめて「カバーを閉じたときの動作」を「スリープ状態」にしてしまいました。軟弱ですみません。

« W-ZERO3[es] 高速化でMZ3.iを快適に! | トップページ | Vistaで大騒ぎ その4 - CDリッピング - »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

なるほど.
私は,発生条件も分からず,あきらめて「カバーを閉じたときの動作」を「スリープ状態」にしてしまいました.
軟弱ですみません.

コメントありがとうございます。
発生条件がわかっても、設定を変えているので私も軟弱です:-)。
さらにUSBマウスの設定を変えろと書いておきながら、一時的につないだマウスの設定を変えずにスリープ後に抜いて、想定外の復旧をさせてしまいました。途中で気づくまで電源を入れっぱなしで持ち運んでいました(ぐすん)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/14982138

この記事へのトラックバック一覧です: Vistaで大騒ぎ その3 - スリープ復帰失敗 -:

« W-ZERO3[es] 高速化でMZ3.iを快適に! | トップページ | Vistaで大騒ぎ その4 - CDリッピング - »