無料ブログはココログ

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

迷走するココログにみるユーザ対応のあり方

ココログが、迷走して(リンク先はスラッシュドット)います。そもそもの始まりは、利用者とスパムが増えてレスポンスが悪くなったことです。この時期がシステムのバージョンアップと重なったのが不幸の始まりでした。

元々はそうでもなかったのですが、トラックバックやコメントとしてSPAM広告が増えて徐々に負荷が高くなっていました。そして春先に機能アップが始まると、パフォーマンスが絶えられないくらいに遅くなってしまいました。

そこで,元々段階的に機能アップしようとしていたようですが,より慎重に機能アップされました。

  • SPAMを認識して取り除く仕組みを導入
  • 負荷問題が少ない、あるいは負荷を下げると思われる機能から導入する
  • ブログに保守の状況を示す仕組みを導入
  • データベースを分散化する
  • 負荷試験を行った後に保守を終わる

また,ユーザへの情報公開として、ココログレスポンス問題お知らせブログが立ち上げられ、状況がユーザにもわかるようになりました。

そして、いよいよこれで解決かとおもわれた53時間のメンテナンスでしたが、これも
予想外の問題が生じて、やり直しとなりました

今後は、1月16日にバージョンアップとDB分割準備をするようです。53時間のメンテナンスに懲りて、一度にやるのではなく2段階に分けるようですね。

このような迷走はなぜ生じたのでしょうね。

そもそもノリが軽かったのか、担当者がはてなに移った(リンク先はITmedia)からか、運が悪かったのか、いろいろな考え方があると思います。

確かにパフォーマンスの問題は、実際にやって見なければわからないと思います。しかし、あまりにうまくないですね。

ホストコンピュータのように考えるならば、システムを2重化して平行テストの上で移行すべきなのでしょうね。そんなふうに利用を妨げない運用が理想ですが、無料のブログもたくさんある(というかココログもやっている)中で、あまりコストもかけられないのでしょうね。

結局は、進め方、アナウンスの方法に問題があったのでしょうね。

  • リスクを考慮して、計画的かつ段階的に実施する
  • 情報公開していることを宣伝する
  • 希望するユーザには、メールでも情報提供をする

特に、メールでの情報提供が少ないことに不満を感じるユーザも少なくないでしょう。せめて、保守の直前にもメールしてほしいです。

ブログは社会資産と考えて、こんどこそしっかりと進めてほしいものです。

ホットカーペットに注意

寒くなってきましたね。以前「新幹線であった怖いこと」を書きましたが、今回は自宅編です。

自宅でホットカーペットに寝転んでノートPCを触ることが多くなりました。PCを直接ホットカーペットにおくと熱暴走するので、間に本を置くなどの対策をしています。

先日、PCを使い終わったとき、ついつい直接ホットカーペットに置いてしまいました。そしてしばらくして、また使いました。最初はなんともなかったのですが、しばらくすると画面が消えて、上のほうにまだら模様が現れました。

PCは電源を入れなくても、熱を蓄えることができます。そこにPCの発熱を加えると熱暴走を起こすのです。気をつけてください。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »