無料ブログはココログ

« びっくりバンボシュー - とんでもシュークリーム - | トップページ | コミュニケーションと田舎暮らし »

Rubyの魔法と動く標的のためのアジャイル - XP祭り関西2006 -

「XP祭り関西2006 in ワッハ上方」が終わりました。スタッフだったので、あまりゆっくりとは聞けませんでしたが、とっても良かったです。じっくり聞けた中で良かったのは、Rubyのまつもとゆきひろさんの講演と平鍋健児さんの講演、そして牛尾さん・しゃけさんの寸劇でした。

お髭のまつもとゆきひろさんの講演は「The State of the Dominion(世界制覇への道)」で、日本Rubyカンファレンスと同名のタイトルでしたが、言語の中でRubyのランキングが高くなったことやRubyが利用者を洗脳するお話など、けっこう手が加わっていました(詳しくはXP祭り関西ホームページに後日公開される資料を見てください)。

個人的には、前回の資料にもあった「魔法」という言葉が印象に残りました。Rubyをはじめて見たのは、ベクターのパックシリーズというフリーウェアライブラリの本や、ニュースグループfj.lang.oopsの議論で、面白い人がいるなぁと見ていました。そうこうするうちに、仕事でawkを2000行ほど書いて苦しんでいました。その後、C言語のプログラムの簡単な構文解析をしなければいけなくなって、Rubyを検討しました。もちろんRubyしかありませんでした。

初期のawkは関数もなく、システムVでようやく関数ができた程度でしたので、Rubyは本当に便利でした。特に、イテレータ。C-shell等には、あるだけ繰り返すforeach等がありましたが、それをさらに強化している。それだけで魔法にかかりました。

最近は、さらにすごいですよね。まつもとさんの髭の効果(らしい)でRuby on Railsができましたし、ライブラリの充実もなかなかすごいですよね。最近の私の経験ではメールを簡単にPOPできるので、驚きました。この、開発者が思い通りに書ける言語と言うのは、型宣言のいらない動的言語であるだけでなく、コミュニティが活発であることも関係しているのでしょう。洗脳と言うよりは、魔法に魅せられたという感じですね。

平鍋健児さんの講演は、東京のXP祭りと異なり「現場力を高める見える化手法プロジェクトファシリテーション」でした。ここには書ききれない中身は公開される資料を見ていただくとして、心に響いたのは、「動く標的」の話でした。

「ウォーターフォール開発は動く標的を大砲で狙うようなもの」たしかにそうかもしれません。でも、まあ基本はそうですが、管理された仕様変更は可能で、工程の終わりのレビューはありますね。正確に言うなれば、多段の固定燃料ロケットのようなものでしょう。ある程度は調整できるが、限界があるんですよね。

それに対してアジャイルは、常に変更可能で、言うなれば自動追尾ミサイルのようなものですよね。まるで逃げていくような仕様に対しても俊敏に追跡する。そこには、標的を随時把握して、追跡するという明確な目標があります。

ここまで書いて、月ロケットってどうなんだろうと思いました。月ロケットは動きが予測可能で、一発勝負でロケットを飛ばすようなことも可能かと思われますが、実際は宇宙空間にある様々な問題を解決しなければなりません。

そう思うと、東京で平鍋さんが「大人の意見」と評されていた「アジャイルと規律」を思い出しました。逃げ回る戦車には、自動追尾ミサイルのアジャイルだけでよいですが、月ロケットまでいかなくても、それなりの規模・複雑さになると、うまく組み合わせる必要があります。

そう思うと、牛尾剛さんがしゃけさんとのペアプロ寸劇「NEVER NEVER NEVER SURRENDER~アジャイルやりたいんや~」での言葉が思い出されます。仕事でアジャイルさせてもらえなくても、フレームワークのプロトタイプ開発や、ちょっとしたツールなど、「様々な場面でアジャイルは使える」との言葉は、すぐにでもできるプロセス改善としてすばらしい発想だと思いました。

色々大変でしたが、関西で200人もの人が集まりました。これは、はっきり言って驚きです。また、参加された方にも喜んでいただけたようなので、良かったと思います。講演者のみなさん、キャスト(スタッフ)のみなさん、そしてゲスト(参加者)のみなさん、ありがとうございました。

« びっくりバンボシュー - とんでもシュークリーム - | トップページ | コミュニケーションと田舎暮らし »

ソフトウェア」カテゴリの記事

プログラミング」カテゴリの記事

私のアジャイル」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございました!
「多段の固定燃料ロケット」、ナイスです。

おぉ!平鍋さんからコメントいただけるとは、、、、
ありがとうございます。
また、すばらしい講演をありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/12117287

この記事へのトラックバック一覧です: Rubyの魔法と動く標的のためのアジャイル - XP祭り関西2006 -:

« びっくりバンボシュー - とんでもシュークリーム - | トップページ | コミュニケーションと田舎暮らし »