無料ブログはココログ

« W-ZERO3[es] mixiブラウザMZ3のコマンド | トップページ | W-ZERO3[es]をサブ機として使う »

P4M890T-M2で青画面

P4M890T-M2はCore 2 Duo、Sirial ATA、PCI Express、RAID0/1、DDR2といった最新技術に対応しながらもDDR1にも対応するという、つなぎに最適なマザーボードです。しかし、サービスパックの入っていないXPだと、セットアップ時にブルースクリーンになります。

インストール開始後にハードディスクのディスクドライバを読み込んだあと、セットアップの画面が出ますが、このセットアップ画面が出ずにpci.sysでエラーが起きました。

経緯
訳あって2セット買ったもののどちらも同じ青画面でした。メーカーサイトにDDR1メモリとCeleron Dの相性問題を解決するBIOSがあったので、メモリが悪いと思ったり、ビデオカードを差すなど、色々と部品を交換して力尽き、CPUかマザーを買うべきかと思いました。しかし、金銭的な負担が大きくロット不良の可能性もあるので、購入店で動作チェックをしてもらいました。しかし、問題なし。そこで動作確認できたメモリを買いましたが、それでもうまくセットアップができませんでした。さらに、シリアルATAアダプタ、PS2キーボードまで買いました。

実はviaチップセットではサービスパックがあたったXPが必要との記事もあり、手持ちのXPのCDへのSP2の統合まではやっていました。しかし、それではダメだったのです。

疑ったもの
BIOS:BIOS更新のため、USBフロッピードライブを買う
ビデオドライバ:ジャンクのPCIビデオカード
メモリの種類:DDR2の中古メモリを買う
メモリの相性:DDR2の中古メモリ(相性確認済み)を買う
USBキーボード:PS2キーボードを買う
HDDの種類:Sirial ATA 変換アダプタ

光明
これ以外のものを疑うなら、電源ぐらいしか考えられなくなり、さすがに考え直しました。
そこで、ためしにXP SP2のインストール用起動ディスクを作成して動かしてみました。すると、青画面になるところを通り過ぎて、セットアップ画面まで動きました。

でも、手持ちの統合済みCDがMSDNなのでそれ以上動きません。

解決策
MSDNのXPは、市販のものとフォルダの構造が異なります。そこで、XPのCDへのSP2の統合しただけでなく、i386のフォルダがルート直下のフォルダになるように、その上の階層をなくして焼きました。私はSuper ウルトラISOで編集しましたので、ブート可能なディスクになりましたが、フロッピーで起動するのでブータブルでなくても良いでしょう。フロッピーで起動して、このCDを読み込ませるだけです。

ちなみにMSDNにはHOMEとProfessionalが1枚に入っていますが、統合すると1枚に収まりません。不要なほうを消して、CDに焼きます。私の場合はHOMEとProfessionalが1台ずつだったので、CD2枚、フロッピー12枚を作成しました。

考察

SP2を統合した最初のCDがなぜ動かなかったのでしょう。
SP2の統合は、I386というフォルダに対して、SP2のドライバをコピーするようです。しかし、XPのディスクにはI386とは別のツリーも存在します。どうも、最初にHDDドライバをローディングしてセットアップを起動する画面は、このI386からでなく、別のツリーのフォルダからロードするようです。SP2を統合しても、このローダ部分が更新されないので、起動できなかったようです。

起動ディスクは、このローダ部分そのもののようです(ファイル名が異なるので、統合はあきらめました)。今回の場合は、更新できなかった部分を起動フロッピーで代用できたのでうまくいったようです。

感想
苦労しました(^_^;。
購入店(PCワンズ)の方が親切で、実際に動いている場面を見せてくださった際に色々と相談にのってくださいました。その際に、SP1で確認されたことを聞けたのが大きかったです。まあ、色々とあるものですね。インターネットで記事を見つけるたびに、色々買ってしまい、2台ともメモリが1GBになりました。うれしいような、悲しいような、、、

安くて、DDR1あるいはDDR2がさせるという、きわもの系のマザーなので不信感が先に立ち、色々と買い込んでしまいました。あんなに親切にしてもらえるなら、もっと早くお店に相談すればよかったです。今回のような場合は、システム一式(つまりケースごと)持って行けば、問題部分が購入部品でなくても原因を究明してもらえるようです。トラブルのリスクを自分でかぶるか、重いのを我慢して運ぶか、なかなか難しいところですね。

« W-ZERO3[es] mixiブラウザMZ3のコマンド | トップページ | W-ZERO3[es]をサブ機として使う »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

週刊アスキー10/17の記事を見てお遊び用に作ってみようかと考えていました。
あまっているwindowsXP-proが無印だったのでとても参考になりました。
ありがとうございます。

>toshiおじさん
コメントありがとうございます。
このマザーボードの情報が少なくて苦労しましたので、記事を書きました。少しでもお役に立てていたなら幸いです。

今週発売アスキーを見てマザボを検索してここにきました。
とても苦労されていて吃驚しました。

記事を見て楽しむのもいいですがその後じっくりとくみ上げた情報がないと意味が無いことをしりました。
さかばさんありがとうございました。

>名前;さん
コメントありがとうございます。
はい、サービスパックが当たっているXPがあれば良いだけなんですけど、その情報が貴重なんですよね。

OS2000SP1ではOSのインストールとその後の
設定ができないと思っていいのでしょうか?

私が確認できたのは
起動できるもの
 WindowsXP SP1(お店のもの)
 WindowsXP無印+SP2統合+FD
(WindowsXP SP2の事例は見たことがあります)
起動できなかったもの
 WindowsXP無印
 WindowsXP無印+SP2統合(CD boot)
です。
これ以外はわかりません。お役に立てなくてすみません。

こんばんわ。

2000(無印)インストールできましたよ。

ちなみにXPは、
 別マザー(915)で無印をインストール
 SP2を当てる
 ハードディスクを移し、VIAのドライバを当てる
で動いてます。

ややこし。

>みつまさん
情報ありがとうございます。
2000だと、別のマザーで入れたものが動くのですね。XPでは同じ方法では動きませんでした。マザーにもよるのかもしれませんね。

P4M890T-M2 でDDR1 128MBX2枚挿入してもシステム上は、192MBと表示されます 原因は解らないでしょうか。

オンボードのビデオがメモリーをとっているのではないでしょうか?
BIOSのShare Memory Sizeでビデオのメモリーサイズを減らすと、もう少し大きな値になると思います。ちなみに、切ることはできないようです。

16MBにしたらシステムで240MBになりましたが16MBにしても問題はないのでしょうか。

XGA(1024x768)フルカラー(24bit)で必要なビデオメモリは2.3MBです。16MBでも重いゲームやCGをしない限り問題ないと思います(ゲームなどされる際は、ビデオメモリがどれだけ必要かを確認して、変更してください)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/11924184

この記事へのトラックバック一覧です: P4M890T-M2で青画面:

« W-ZERO3[es] mixiブラウザMZ3のコマンド | トップページ | W-ZERO3[es]をサブ機として使う »