無料ブログはココログ

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

SS2006参加者募集中

今年のソフトウェア・シンポジウムは熊本で開かれます。
7月19日(水)~21日(金)(チュートリアルは18日)の間、初日は従来の発表形式、2日目はワークショップ形式で開かれます。締め切りは7月10日で、参加者募集中です
ぜひ皆様ご参加ください。

私はグループBの「要求仕様,テスティング,メンテナンス」で申し込みました。別のグループにするつもりだったのですが、アジャイル系のお話をさせていただこうと思ったら、このグループになりました。

ポジションペーパーはこんなのを出しました。こんなに柔らかい文章が書けるようになったのはブログのおかげでしょうね(笑い)。

すべての仕様を早期に確定してはいけない
       
「一向に確定しない要求仕様」という発想が、はじめに仕様ありきというウォータフォールモデルにとらわれすぎではないだろうか。ソフトウェア開発工程の標準として、「要求が全て確定されていること」あるいは「確定してないことのリスクを考慮しているか」といったチェック項目が比較的多いと思われる。しかし、「仕様を早期に確定する無駄・リスク」に関しての考慮が不足していると思われる。

トヨタ式改善のソフトウェア版とも言うべきリーンソフトウェア開発では「決定をできるだけ遅らせる」事が重要視される。「決定をできるだけ遅らせる」とは、決定をずるずると遅らせる意味ではなく、最終責任時点を決めて、それまでは決定を選択的にするなど、最終的な決定を遅らせるということである。

ウォータフォールモデルに対するアジャイルソフトウェア開発のアンチテーゼのうち、もっとも大きなものは仕様変更を受け入れることである。要求仕様には全てを知った上でないと最適な決定が困難なものがあるという事実を受け入れ、推測によって決定を早期に行うことのリスクをもっと考慮すべきだと思う。

実際のソフトウェア開発現場では、必要に迫られてこのような開発も一部行われている。しかし、ソフトウェア開発の効率化を考えるのであれば、より積極的に方法論として取り入れるべきではないだろうか?

参考文献:
M. Poppendieck, T. Poppendieck, "リーンソフトウェア開発", 日経BP企画, 2004.

M17N(Multilingualization)

恥ずかしながら知りませんでした。I18N(Internationalization)が国際化、L10N(Localization)が地域化で特定言語への対応。M17N(Multilingualization)は、多言語化らしい。

私の考えではL10N<I18N<M17Nで、英語版を日本語化するような場合がL10Nだと思っていたのですが、複数の言語に考慮(I18N)したものを特定の言語に対応したもの(EUC-JPのようなものか)をL10Nと言って、さらに色々な言語にL10NをしたものをM17Nと言うらしいです。つまり、I18N<L10N<M17Nらしいです。

これだとShift-JISは、どれにもあてはまらなくなりますね。当時はそれなりの発明だったと思うのですが、いまや(元々?)論外なのでしょうか、、、

激安SDメモリの送料は700円!

昨日買った激安SDメモリインターネットで検索すると、通信販売もしていました。 物が安いだけに送料の700円が高く感じます。一個なら定型郵便(厚さが1cm、重さが50gまで)でも送れそうですし、EXPACK500なら100個ぐらいでも500円で送れると思うのですが、、、

SDカード512MBが980円!

先日、タイムセールのPanasonic DMC-LZ2を買ったので、当分デジカメは買わなくて良いと思っていたのですが、芸術系大学生の息子が作品を撮るのにデジカメが要るとの事。家のデジカメを使うように言ったものの、バイトして買うとか言って自分のものが欲しそうな様子。バイトも勉強になるとは思ったものの、おこずかいで買えるほど安かったら買おうかとなんばのヤマダ電機LABI1に寄ってみました。

使い物になりそうなものが1万円を切るようなものはないだろうと思っていたら、展示処分品のワゴンセールが、、、

高級機から簡単なものまである中、運が良いのか悪いのかPanasonic DMC-LS1が9,800円でした。「えっ、買うの」と思いながら確認すると、傷もほとんどなくて結局買ってしまいました。

せっかくだからSDメモリーも買ってやろうかと、電気屋街のパソコン工房からなんばに歩いていると、ETSでAnyCardの512MBが980円!昔は1万円以上してたのに、この値段なら動かなくてもあきらめがつくので買いました(もちろん、動きました)。

今週から勤務地が難波になりました。早速この調子だと、どんどん散財してしまいそうで、先行きが不安です、、、、、、

ビジネスホテル清美荘

楽天トラベルで見つけた東京・北品川のビジネスホテル清美荘。ちょっと変わっています。

JR品川まで歩いても行けるという好立地、一泊3,900円、インターネットも無線LANで可能、AV(スカパーのどこかのチャンネル)無料、という不思議なホテルです。

安さの秘密は、木造(ドライヤーの音が聞こえる)、広さ3畳、風呂(朝は入れません)・トイレ共同、無料の歯ブラシや髭剃り等は言わないともらえません。

ゆっくり起床するつもりだと、ほかの人や掃除機の音が気になりますが、寝るだけなら、カプセルよりは良いと思います。興味があれば、試してみてください。「ぜひ」とは言いません、、、

Firefoxのプロキシ切り替え:foxyproxy

(Firefox 2.0で動かした記事はこちら)
(foxyproxyバージョンアップで動かなくなった時はこちらの記事を見てください。)

プロジェクトの移行に伴って、PCのお引越しをしています。

Firefoxのバージョンアップに伴ってswitch proxyプラグインが未対応なり、だましだまし使っていました。新しいPC環境に移行したついでに、よさそうなプラグインを探してみました。すると、foxyproxyなるものがあり、ランキングが高いようでした。

必要なときにプロキシ・サーバの切り替えができれば、何でもよいのでとりあえずダウンロード。すると、いきなり「*」のあるURLの書かれた設定画面が、、、、もう、目が点になりました。

このプラグインは、URLにあわせてプロキシ・サーバを設定しておき、そこに移動すると自動的にプロキシ・サーバが切り替わります。しかも、URLはワイルドカードや正規表現で指定できます。もちろん、プルキシを複数設定しておいて切り替えたり無効にすることもできます。

これまでは、会社のプライベートページだからと、ssh(Putty)にプロキシを切り替えていましたが、これで気にしなくてよくなりました。とっても便利!

情報関係の人気を取り戻すには-EASE Forum 2006-

5月29日に開催された第2回EASE国際フォーラム(公式ブログ)に参加しました(というか身内です)。このフォーラムはデータ収集に基づく、ソフトウェア工学の実証的なアプローチに関する集まりで、国内外の講演者を集めて行われました。

プログラムの最後には、講演者を中心にパネルディスカッションが行われました。その中で面白かったのが、「情報関係の人気を取り戻すには」という議論でした。特に、ハワイ大学のDan Port教授(COCOMO、スパイラルモデル、アジャイルと規律のBarry Boehm先生の教え子)の意見が興味深かったです。メモをもとに再編集すると

アメリカにおいても、インターネットバブル崩壊後は情報系の人気が落ちている。情報関係の技術がどこにでもあり、簡単で、当たり前になり、エキサイティングでないと思われている。

マスコミもインドや中国へのオフショア開発を取り上げるので、仕事の見通しに不安を持つようになっている。創造性や革新といったキーワードから、ツール、だれでも、といったキーワードに変わり、インドや中国から、最近はタイ、ベトナムなども注目されている、そのうち火星にでも外注するのかな(笑い)。

しかし実際には、ノウハウ(才能)、業務の関連、ビジネスの決定、などアウトソースできないことがある。

西部劇のようなエキサイティングな状況ではないかもしれないが、これから学ぶ人は貢献したいと思っているので、一般的なテクノロジーではなく、学際的なアプローチや専門化などが必要である。

visibilityが大切だ。経済性やユーザビリティなどITの良さをもっと声高にアピールすべきだ.

米国は日本よりITバブルが激しかった分だけ、反動が大きいのでしょうね。この質問は良く聞かれるそうです。

このほかには、社内教育の充実や、見せ方が大事だと言う意見がありました。阪大の井上教授はマスコミの影響と言うことで、ノーベル賞が出ると他の学科の人気が上がるといわれていました。ソフトウェア関係ではチューリング賞というのがありますが、日本人ではなかなか難しいでしょうし、そもそも、あまり知られていないですね。

ポイントは、最後に井上先生が言われた、

夢を抱かせること、技術的にもコマーシャル的にも成功すること

が重要なのだと思います。今後は、より緊密な産学連携が必要になるのでしょうね。

アクセシビリティとユニバーサルデザイン

最近、阪急電車のICカード対応の自動改札機の色が濃い青から水色に変わりつつあります。正確な理由は良くわかりませんが、この変更でアクセシビリティが向上したと思います。

旧式の改札機は濃い赤なので、色弱の方は濃い2色の違いは見分けにくかったと思います。同じICカードの大阪市営地下鉄は新しい改札機が濃い赤で、旧式の改札機は水色なので、逆のパターンですが、これも区別できますね。

このようにアクセシビリティが向上することは、色弱の方にとってバリアフリーになりますが、実はほかの人にも便利なのですよね。夕方など、駅によっては逆光になると、陰になって色の判別が難しくなります。そんなときを考えると、ユニバーサルデザインでもあると思います。

そういえば、信号機がLEDに変わりつつありますが、これ変ですよね。これまでの信号が、各色丸いのは物理的な制約でしょうけど、LEDを並べるなら形は変更できるはずです。色弱の方にもわかりやすいように、形を変えるべきでしょう。ちなみに、知り合いの色弱の方に聞いたところ順番でわかるそうです。

さて、紹介しようと思っていたら終わってしまいましたが、ユニバーサルデザインで有名なユーディットの関根さんのインタビューがMYCOMジャーナルに連載されていました。
あらゆる人に暮らしやすい日本を、ユニバーサルデザイン研究家(1)
(8回連載ですので、下のリンクをたどってください)

関根さんは海外での経験からユニバーサルデザインに目覚め、会社を起こされた方です。社長ながら、国際会議に参加されるなど、お金儲けだけではない熱意を感じます。ぜひ、上の記事や書かれている書籍を読んでみてください。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »