無料ブログはココログ

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

文豪がいた街、熊本

naka zenkei 熊本に出張したついでに、ちょっと観光してきました。
まず行ったのは夏目漱石内坪井旧居です。 当時から一部増築されただけで、昔の雰囲気が残っていました。shohan 本当は9時30分開館ですが、20分も早く着いてうろうろしていると「掃除中でもよければ」と中に入れていただけました。

genko shohan2 貸し切り状態で見学させていただくと、中には全集の初版本があったり、復元した原稿などがありました。また、自由研究のコーナーがあり、漱石の略歴などのほか、名前の由来の漱石枕流が説明されていたり、それなりに楽しめました。

wagahai なお、周辺の通りは「我輩通り」と呼ばれているようです。

もう一人の文豪の小泉八雲も熊本に住んでいたそうです。最初に小泉八雲がRubyの聖地である松江が寒いからと熊本に引っ越しをして、第五高等中学校(五高)の教員になりました。その後、神戸を経て東京に行った小泉八雲と入れ替わりに、夏目漱石は熊本に来て五高の先生をしていたようです。その後、夏目漱石もロンドン留学後に熊本には戻らずに東京に行ったそうです。

yakumo 小泉八雲熊本旧居には資料のほか、小泉八雲がお願いして作ってもらった神棚など、当時の八雲をしのばせるものがありました。でも、八雲がここに住んでいるときに、近くに教会ができて、鐘がうるさいからと引っ越したそうです。

romen 帰りに2両連結の路面電車に乗りました。この2両連結の電車には女性の車掌さんが乗っています。アナウンスがちょっとなまっていてチャーミングでした。

station 久しぶりのからしレンコンと、はじめての馬刺したてがみを買って帰りました。からしレンコンは1/4に切ったものにしてみましたが、衣(ころも)の割合が多くなるので普通の大きいほうが良かったかも。冷凍馬刺しは保冷パックに入っているので8時間持ち運べるようです。たてがみは脂身なのにあっさりしていました。

どうです。熊本に行きたくなったでしょ!
7月19~21日に熊本で開催されるSS2006の論文締め切りは3月末です。みなさまの投稿お待ちしています。

(宣伝かよ!>おれ)

熊本のBAR 酒場

all ソフトウェアシンポジウムのプログラム委員会で熊本に行きました。元プログラム委員長お二人に便乗して元実行委員長さんと、熊本の本荘にあるBARに行ってきました。お店の名前は「酒場」おもわず笑ってしまいました。飲んだお酒は、以下の通り。

  • アードベッグ10y
  • ロングロウ14y
  • ロングロウ10yトカイウッドフィニッシュ
  • マッカラン15yキングスバリー
  • グレンファークラス35y 1967 キングスバリー
  • サマローリコールテン1965ケルテックコレクション
  • ク・デュー(ブラック・ウィスキー) 樽の中を焦がしたもの香りが強い
  • リトルミル1967マキロップチョイス
  • ローズバンク15y1989キングスバリー
  • ブローラ20y エイカーダイグ
  • シグナトリーアンノウンNo2(アイカラ?)
  • UD花と動物モートラック
  • ヴィンテージアイラ5yカスク
  • スプリングバンク15y

1967 料理2品とこれらを1~3杯(ほとんど一杯ずつで回し飲み)飲んで一人7,000円でした。いやー、美味しかった。特に美味しかったのが、グレンファークラス35yで、他だと一杯3千円以上するそうですが、ここでは半額程度でした。あとヴィンテージアイラ5yカスクも良かったです。cask

このお店の一階は、飛鳥名酒販売という酒屋さんで通信販売もされています。

新幹線であった怖いこと

みなさん、新幹線でPCを使われますか?昔、本当にあった怖いお話を書きます。
新幹線でノートPCを使うとき、前にあるテーブルを出して使いますよね。この大きさが微妙に狭くて、あまり液晶を広げることができません。そこで、ついついテーブルが入っていた「くぼみ」のところに液晶を入れてしまいがちです。

shinkansen これが、非常に危険です。B5ノートだと、くぼみの角に液晶の先端がちょうど入り、その状態がテーブルを最も有効に使った状態です。この状態で前人がシー トを倒したときが想像できますか?前のシートは傾けられますが、テーブルは傾かないように固定されています。すると液晶をヒンジ(ちょうつがい)部分に向 けて思いっきり押すことになります。

これで、液晶部分のヒンジの固定するところが緩みガタガタになったことがあります。皆さんお気をつけください。

自動改札機のユーザインタフェース

関西ではPitapaというポストペイ(後払い)方式のICカードの普及に伴い、新型の自動改札機の導入が進んでいます。

これまで、駅で改札機を抜けるとき、これまではあまり音がしていませんでした。切符か定期券を入れると前の羽のようなゲートが開くか閉じるかそんな感じだったと思います。

新しい改札機は音がでるので、子供券のときやICカードで通過する際には音が出ます。基本的にはゲートの開閉で問題があったかどうかを判断すれば良いはずですが、人間は音が鳴るとそれに反応してエラーを判断してしまうようです。

これまで気になったのは2点です。一度は、エラーでないのに入場をやめたこと。たぶん、前の人がすぐに切符をとらないときになる音「ポン」と言う音が、タッチした際になったときです。いつもはなるはずの「ピピ」がならず、「ポン」としか鳴らないようにきこえたので、エラーだと思って別の改札機に入りなおそうとするとエラーになりました。駅員さんに確認すると「もう入場ずみです」とのこと。

前の人に続けて改札機に入るからこうなるのでしょうけど、分かりにくいですね。ソフト的に言うと、たぶん二つの音が鳴る際に、デバイスを取り合って、早いほう(この場合は前の人の音)しかならないのでしょうね。多重にPCMで鳴らせないなら、どちらかをFM音源にするとかできないのでしょうかね。

もう一つは、ユーザインタフェースが変わったり、いろいろあること。これまでに気づいたのでは、

  • 受け付けましたの意味のランプが、受付可能の意味になる
  • 「ピッ」「ピピ」「ピピピ」があるが、違いが分からない

いつもと違うと、気になるのですよね。Pitapaは参加企業が増えて、色々な企業の意見を調整しているのか、単に間違いに気づいたのか、は分かりませんが、ユーザとしては、あまり変更して欲しくないですね。

料金体系にも色々と思うところがありますが、またいずれ、、、、

テストのパラダイム

SEA関西プロセス分科会の勉強会で紹介したリー・コープランド著「はじめて学ぶソフトウェアのテスト技法」のセクションⅢに「テストのパラダイム」の概要を説明します。

パラダイムは概念をモデル化したようなもので、「ルールと規範であり、境界を明確にし、成功するために、境界内でどう行動すればよいかを教えてくれるもの」です。情報の伝達や、教育、議論する際に役立ちますが、「いわば心理的フィルターなので、適合しないデータはふるい落とされる」というマイナス面もあります。

この本では、テストのパラダイムとしてスクリプトテスト探索的テストが取り上げられています。スクリプトテストは「要件を順番どおりに検証する」もので、いわゆるウォーターフォール型の開発で、通常行われている方法です。計画に従って、試験項目書などをあらかじめ作成し、それに基づいて試験を実施する方法で、IEEE829では8つのドキュメントが定義されているようです。

探索的テストは、テスト担当者が製品について学習(探索)しながら、テストの設計と実行を同時並行で行うものです。いい加減に行うものではなく、熟練したテスト担当者が「システムの適切な振る舞いについての仮説(メンタルモデル)」を作りながらテストするものです。「自由形式の探索的テスト」のほか、テスト担当者の方向付けのために「チャーター(指示書)」を用意することもあるようです。

それぞれ良いところがあって、スクリプトテストは、「再現性、客観性、監査性が重要なときに利用できる」ものなので、仕事をフェーズに分割できるほか、網羅的な試験が可能で、文書化により、理解や評価、管理などが可能になります。また、「最終段階では、テストケースが要件定義書を補える」と言う特徴もあります。その反面、システム要件の品質に依存し、柔軟性にかけ、試験の実施は「こなし仕事」になりがちなのでテストスキルを低下させるというマイナス面が指摘されています。

一方、探索的テストは、テストケースが事前に予測できず、直前のテスト結果にしたがって選択する必要があるときに有利です。たとえば、開発初期の段階でのパフォーマンスのベンチマークテストや、プロトタイプのテストなど開発の初期段階や、テストの終盤になり、試験項目がなくなったときなどに有効です。また、見つかった問題をさらに追求し、欠陥の規模、範囲、バリエーションなど十分に探索してフィードバックできることも利点です。しかし、「チャーター(指示書)」を用意すれば、テスト担当者にテスト対象や欠陥の種類などを方向付けられるものの、欠陥を予防する力は持っていませんし、わかりきった試験には向きません。また、ルールが定められているなら、それに従わねばならないので補完的な技法としてしか使えません。

この本では、テスト計画を古典的計画から適応型計画へ変更すべきだとしています。そして、計画の発見的な策定法として、以下のようにすべしと述べています。

  • (利用可能な時間とリソースに基づいて)計画できるときに
  • (利用可能な知識に基づいて)計画できるところまで計画するが
  • 計画が可能になる前にはそれを行わない

そして、「目の前の問題に対し、意味のあることなら何でもしよう」と両者をうまく組み合わせて使うことをすすめています。

この構成と内容が何かに似ていると思ったのですが、そう、あのベーム先生の「アジャイルと規律」にそっくりです。あの本もパラダイムと読んでも良いような二つの開発方法の特徴を述べ、実際の現場にどのように適応させるかを書いています。「アジャイルと規律」はプロジェクトの分析方法まで踏み込んでいる点が優れていますが、「はじめて学ぶソフトウェアのテスト技法」は、テスト計画の説明であるべき姿を述べている点が優れています。

このテスト計画の説明ではアメリカ海兵隊の"Planning"という文書の「計画する際に注意すべき落とし穴」について触れています。

  • あまり遠い将来まで事態を予想しようとすること
  • あまりに詳細まで計画すること
  • 計画の手法を制度化してしまい、計画のプロセスも計画書も固定して変えられないという硬直化した思考に陥ること
  • 計画を、問題に対する変更不可能な唯一の解決策だと思い込んでしまうこと
  • 計画の欠陥を識別して必要な調整を行うための、フィードバック機構の必要性を無視すること

この記述、メアリー・ポッペンディーク&トム・ポッペンディーク「リーンソフトウェア開発」にそっくりです。あの本でも、海兵隊の説明から変化に強い開発方法を述べていますので、その本質は同じと言っても良いでしょう。

この本を読んで感じたことは二つあります。一つは、「アジャイルと規律」にしろ、この本にしろ言っていることは、当たり前のことです。ウォーターフォールに向かないところは切り出してプロトタイピングするなど、すでに似たようなことは皆さんも工夫して実施されているでしょう。しかし、それを極端な二つのタイプにモデル化することで、その特徴を示し、より効率的な開発の仕方を示していることです。このような本は、好き嫌いが分かれますが、プロジェクト戦略を考える際に役に立つので、わたしは結構好きです。

もう一つは、アジャイルやプロセス改善がすでにブームでなくなり、実践の時代になったと言うことです。世の中のものは、流行りはじめに似て非なるものがでてその違いを理解するのも大変です。そして、徐々に淘汰されて残ったものにも限界が現れる。そして、ようやく実務でどう使うかのバランスの議論が始まり実践の時代になると思います。この本や「アジャイルと規律」はそのような実践の時代の到来を知らせる本だと思いました。

杏露酒(シンルチュウ)

anz 永昌源「あんずのお酒」を飲みました。
杏の実が入ったリキュールです。スーパーで見つけて、物珍しさだけで買いましたが、思ったよりは甘くなく、あっさりしていました。80mlのカップで、食前酒向きですね。実は梅酒の梅よりはあっさりしていますが、リキュールの風味が結構濃かったです。
(背景は「トラえもんのせけいたんけん」小学館)

とっとーと~関西弁・博多弁~

ちょと方言ネタ。
関西芸人(実は歌手)のたかじんさんがテレビで「デンして帰る」といってました。これをわかる人は関西人でしょう。京都人はちょっと使わないですね。ちょっと立ち寄ってすぐ帰る意味で、鬼ごっこで、「XXちゃん、見ーつけた」って、タッチしますよね。そのタッチが「デン」です。タッチした程度ですぐ帰るという感じなんでしょうね。

京都人からしか聞いたことがない使わない言葉では、「もっさい」と言うのがあります。たぶん「もっさり」(野暮ったい)からきた言葉で、「ちゃち」(安っぽい)なとかポンコツのような意味を含んでつかうこともあります。ぼろぼろの自転車を「もっさい自転車」とかいいます。

関西弁で有名なのがチャウチャウの話ですね。昔、朝日放送のTV番組探偵ナイトスクープで、こんなネタをやっていました。

あれ、チャウチャウちゃう?(あそこに居るのはチャウチャウ(犬)じゃない?)
チャウチャウちゃうんちゃう?(チャウチャウと違うんじゃない?)
ちゃうちゃう、やっぱりチャウチャウやで(違う違う、やっぱりチャウチャウだよ)

どうです。関西人でないとわからない表現です。

以前、福岡県出身の知り合いから、このネタで、からかわれた時に、これの福岡版ともいえるものを教えてあげました。たぶん、親戚の知り合いから聞いた実話です。

福岡の人ってニワトリみたいね。
えっ、どうして。
だって、映画館とかで席が空いているかたずねたとき、こんな風に言うでしょ!
とっとーと?
(とってますか?)
とっとーと!(とってるよ!)

こんな福岡の言葉も、私は大好きです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードの明細

お金の管理には色々あります。お小遣い帳、家計簿、経理、など、無理やりマッピングすると、PSP、TSP、CMMでしょうか?会社のお金の管理は必須で、家計簿もあると無駄遣いが減るでしょうね。でも、お金に余裕があるなら、細かなレベルの管理は、なくても良いかもしれませんね。

お小遣い帳はどうでしょうか?お小遣いは好きに使うことも楽しみでしょうし、色々と思いついたことにも使いたいですよね。とはいえ、少しでもお金を有効に使うなら詳細な情報まであった方が良いでしょう。

でも、まあ書けないですね。お金の管理そのものが問題ではなく、何を優先するかなど、お金と直接かかわらないところが重要だと思うからです。

そこで、どうするかというと、自動的に記録されるメトリクスを使います。クレジットカードの明細やプリペイドカードの裏側など、回数券を買うことのリスクとメリットのバランスをとったりします。

仕事で開発しているEPMは、そんなツールかなぁ、などと考えていたら、休みが終わってしまいました、、、

リモコン

リモコンがじゃまでした。TV、スカパー、DVDレコーダ、(あまり使わない)ビデオ何かするたびにそれぞれのリモコンを探さないといけないし、コタツの上はリモコンだらけだし、何とかした買ったのです。しかし、地上波デジタル対応って、あまり売ってなかったんですよね。

昨日、家電量販店でソニーのRM-P41Dなるものを買いました。ビデオをあまり使わないので一つ下の機種でも良かったのですが、300円の差(2,980円と2,680円)で、「チューナ」と書いたボタンがあるし、「地上デジタルフル対応」と書かれていたのでこれにしました。説明書によると下位機種は110度CSには対応しておらず、TVに対する機能も少ない(チャンネル変更のみ対応)ようです。

使ってみると、まあ、イケてるのではないでしょうか。リモコンが一つで済むのはなかなか便利です。不満点を上げておくと

  • スカパーのジャンル、日付、現在番組、好み一覧、プロモがない
  • DVDレコーダーの機能が多いので、ボタンがないタイムワープ、マニュアルスキップなど良く使う機能が「オフタイマー+数字」になっている
  • TVの機能が少なく、2画面など機種固有の機能などは操作できない
  • ボタンが軽すぎ

といったところで、表示のない機能はリモコンの裏にマニュアルのコピーを貼ってしのいでいます。

組織のあり方

少し長めの正月休みなので、日野原重明先生のTVを(気づかずに後半を少し)見ました。

興味深かったのは、海外の医者と患者の関係、大学での上下関係です。日本だと医者の言うことが絶対で、検査ばかりして患者の声をあまり聞いてもらえないこともあります。しかし、海外は患者の声を重視して、そこから病気の原因を探ろうとする。同じように大学の上下関係においても、上の人間は下のものに対してできないことは素直に表明し、「それはわからないからXXさんに聞いてみたら」と指導する。そのよう自由な関係が医学を発展させていると言われていました。

ソフトウェアの場合はどうでしょうか?品質を管理する部門の意見が絶対だったり、逆に開発部隊の意見に振り回されるということはないでしょうか?すべてのメンバーの知恵を如何に生かすかが、組織の活性化につながると思います。

つまらなくなった百均ショップ

百円均一ショップがつまらない。
100円ぐらいのものが100円で、200円ぐらいするものが200円。
電池4本なら、近くの電機屋で75円だったぞ!

昔の百均には夢があった。
あっラジオドライバーがある、ノギスがある。
ジュースも百円だし、缶詰も100円。
ゴムがついていて、「パン!」とするときれいになる湯アカ取りがあった。
そう、驚きや、夢や、アイデアがあった!

子供を連れて行って、
「お菓子でも、おもちゃでも、何でも買ってやる!」
唯一の贅沢な空間でもあった。
楽しかった百円均一ショップ、どこへ行った?

こんな変なやつですが、本年もよろしくお願いします。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »