無料ブログはココログ

« ああ、関西人 | トップページ | 12月22日はエンピリカルソフトウェア工学研究会 »

測定誤差~血圧編~

医者に言われて血圧測定を毎日しています(若干の欠落あり)。
血圧というのは、測定条件によって値が大きく変わります。血圧計の説明書には、食事や風呂の後、腕の位置など色々と書いています。しかし、実際にやってみると予想外の外乱があるのはソフトウェアと同じです。

最近見つけた条件は姿勢と表情です。腕の位置に注目するあまり、正座をするなど、普段やりなれない筋肉の緊張があると、血圧があがります。そして、もっと変わるのが表情、真剣に測定すると、まじめな顔になり、顔だけでなく全身がこわばりがちです。そこで、口をだらんとあけて、全身を脱力状態にすると結構下がります。正座と比べると20以上変わることもあります。やはり血圧測定でも意識させないことが重要なようです。電車の中で、無防備に口をあけて寝ている人をイメージすると良いようです。ただし、家族の前でやると、バカにされたり怖がられる可能性がありますので、ご注意を!

« ああ、関西人 | トップページ | 12月22日はエンピリカルソフトウェア工学研究会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/7475395

この記事へのトラックバック一覧です: 測定誤差~血圧編~:

« ああ、関西人 | トップページ | 12月22日はエンピリカルソフトウェア工学研究会 »