無料ブログはココログ

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

来年はバランスの年に

今年一年を振り返ると色々ありましたが、無理やり分けると二つの考えの対立(あるいはせめぎあい)に思えます。

  • トップダウン、ウォーターフォール、計画駆動、機能指向、性悪説
  • ボトムアップ、ボトムアップ、アジャイル、オブジェクト指向、性善説

上の方には、SOAやアスペクトなども含めます。

この二つに分類すると、バランスが悪くて「ホツレ」が出てきているように思えます。試験があるものの裏技を駆使してごまかすような事件があったり、まとめのWebページが話題になったり、、、

今年のお気に入りの本を上げるなら、「アジャイルと規律」「リーン・ソフトウェア開発」でしょう。これらの本を読むまでは、そろそろウォーターフォールも限界でアジャイルかとも思っていましたが、「アジャイルと規律」はそれぞれの長所・短所を明らかにし、対象や組織の状況によって、段階的に開発したり、部分的に適用するなど、バランスをとるべきであることを述べている、とっても良い本です。でも、よく考えると、すでに同じようなことをしてませんか?

「リーン・ソフトウェア開発」は「アジャイルと規律」では最もアジャイルに分類されている、トヨタ式改善のソフトウェア版です。この本は、ソフトウェア開発の最適化とリスク回避の技術が詰まっている良い本です。でも、具体的にはリスク回避のためのオブション思考以外は、けっこう普通のオブジェクト指向でもあります。

結局、書籍はあるところに注目して書き上げたものなので、すでに色々工夫している人にとっては、けっこう普通のことが載っています。これは、オブジェクト指向を長くやってきた人が、デザインパターンやXPをそういう風に言われるのと同じだと思います。

で、なにが言いたいかというと、上にあげた2冊はバランスに注目している点がすばらしいと言うことです。具体的にああしろ、こうしろとはあまり書かれていませんが、現実の具体的な問題に対して、どのように判断するかが書かれているところが秀逸だと思います。

このようにバランスを考えた本は、20年前にもありました。テストの本で有名なマイヤースの「複合設計」です。機能指向とデータ指向で議論されていた当時、同じようにバランスをとった設計法でした。この本はわかりやすく、その内容を現場でよく使わせてもらいました。まあ、そのあとのオブジェクト指向ブームで、あまり読まれなくなっちょいましたが、、、

来年は、それぞれの要素技術をどう組み合わせてバランスをとるかが重要になるのではないでしょうか?もちろんある技術に特化した議論も進むでしょうけど、現場で実際に使われるようになれば、既存技術とどのようにバランスするかがポイントになると思います。

また、複合設計に対するオブジェクト指向のように、RonR(Ruby on Rails)あたりに吹き飛ばされるかもしれませんが、、、

最後になりましたが、本年もお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。

新幹線が詰まる!?

いや、もう大変でした。22日のEASE研究会の発表で東京に行きましたが、移動だけで疲れてしまいました。

東京に出張する際は当日指定をとるほうですが、今回は連休前なので早めに指定席を取っていました。しかし、雪の影響で新幹線は遅れそうだし、すでに阪急電車は遅れているとの事。少し早めに出ることにしました。駅に着くと、予想通り新幹線は遅れていました。指定を取ったのはあまり余裕が無い電車だったので、あきらめて自由席に、、、、結局、名古屋まで立ちっぱなし、しかも関が原で徐行になって名古屋までに疲れてしまいました。

でも、人間暇になるといろんなことを考えますよね。私の場合は、電車が遅れるとなぜ混むか?たとえ30分遅れても、一定時間ごとには走っているのだから、混まないような気がしませんか?でも、よく考えると、10本走るところが8本になったら、そりゃ混みますよね。そんなことを考えながら外を見ると、雪の少ない富士山が、、、、あれ、西日本だけ?

しかし、問題は帰りでした。やはり新幹線はおくれたままと言うことで、指定を変更せずに新幹線の自由席に、、、、、、また、立ちっぱなし!名古屋まで立ったのですが、なぜか三河安城の手前で停まりました。東京方面が停まったので、新大阪で折り返せなくなり、列車が三河安城まで「詰まっている」とのこと。アナウンスを聞いた際には、おもわず笑ってしまいました。

しかし、停まった場所が良かったです。PHSがつながるところだったので、おじさんジベタリアンになって、インターネットを楽しみました。結局、京都に着いたときは2時間以上遅れていました。それでも、地下鉄の終電に間に合ったのでヨシとしておきましょう。やれ、やれ

そう、そう、EASE研究会の資料はいずれEASEプロジェクトの資料のページに載ると思います。私の分はとりあえず、ここに置きました

薬か毒薬か

高血圧を指摘されて、薬を飲んでいます。
血圧の薬は、けっこう副作用があります。私の飲んでいる薬だと、

急性腎不全、呼吸困難、顔面腫脹、舌腫脹、声門腫脹、喉頭腫脹、血管浮腫、腹痛、嘔気、嘔吐、下痢、腸管血管浮腫、腸管血管浮腫、ショック、心筋梗塞、狭心症、膵炎、膵炎、、、、

これで半分も行っていません。飲まない判断も許される程度の血圧ですが、心臓に何かあるといけないと飲んでいるのに、「なんじゃこりゃ」ですね。じつは、飲みだしてから胸の表面が痛いことが時々あり、医者に行ったら真剣な面持ちで心電図をとられ、「肋間神経痛てきな痛みでしょう、冷やさないように。大丈夫です」といわれ、最後の力強い一言はありがたいが、前半の興味なさそうな曖昧な表現はなんなのでしょうね。

さて、昨日のSEA関西SPINは「プロジェクトガバナンスとポートフォリオマネジメント」ということで、プロジェクトマネジメントの歴史とポートフォリオについての講演でした。一番印象的だったのが、客観的な軸だけでなく、思い、勘、経験と言った主観的なものとのバランスをとるべきだとの主張は、組織の今後を議論し共有するには重要なことだと思いました。

同じように良心と目先の課題のバランスもあるかと思いますが、とあるMLで見かけたこんなやり方は、それ以前のもんだいでしょうね。

以上、仕事の合間の息抜きでした(プレゼン資料を書かないと、、、)。

ハリーポッターと炎のゴブレット

ハリーポッターと炎のゴブレットを見てきました。
いわゆるシネコンで見たのですが、今回は大きい画面で見れたので、驚くほどのきれいさでした。でも、大きな画面で最初に派手なコマーシャルを20分も見せられると目が疲れて眠くなるのですよね。本編がはじまって10分もすると、目が痛くなり目をつぶっていると、3回ほど意識を失いました、、、、

内容のほうは、我が家では2対1で言うほど面白くなかったですね。どうも対戦シーンがパターン化して、以前ほどの感動も無い点がマイナスですね。好きな人は好きでしょうけど、子供向けのスピルバーグの映画のように、ここで喜ばせようと言う感じがどうもいけません。逆に、心理的な葛藤が描かれていた点は、なかなか良かったです。

評価が難しいのは主役の3人がビバヒルの少年少女版になっているところで、三人の微妙な距離感が面白いのですが、ちょっと引きずって終わっているのが気持ち悪かったです。次回はこの関係がどうなるか期待する人はするのでしょうね(時々意識が無かったので、なんとも言えない点もありますが、、、)

まあ、そんなところですが、睡魔に教われない自信のある方は大画面をお勧めします。明らかにディテールが良く出てますし、ノイズのようなものも感じませんでした。レイダースにあったような画面も、なかなかきれいでした。

12・16SEA関西プロセス分科会

今回のSEA関西SPINは、企業全体の視座からのプロジェクトマネジメントのお話です。

プロジェクトガバナンスとポートフォリオマネジメント

と言うことで、まだ申し込んでいない方は急げ!>おれ

12月22日はエンピリカルソフトウェア工学研究会

2005年12月22日(木)にEASEプロジェクトの研究会があります。

2005年度 第3回エンピリカルソフトウェア工学研究会

今回は奈良さんの講演のほか国際会議の報告ほかがありますので、
ぜひご参加ください。

気づいたら、私の出番も、、、、

測定誤差~血圧編~

医者に言われて血圧測定を毎日しています(若干の欠落あり)。
血圧というのは、測定条件によって値が大きく変わります。血圧計の説明書には、食事や風呂の後、腕の位置など色々と書いています。しかし、実際にやってみると予想外の外乱があるのはソフトウェアと同じです。

最近見つけた条件は姿勢と表情です。腕の位置に注目するあまり、正座をするなど、普段やりなれない筋肉の緊張があると、血圧があがります。そして、もっと変わるのが表情、真剣に測定すると、まじめな顔になり、顔だけでなく全身がこわばりがちです。そこで、口をだらんとあけて、全身を脱力状態にすると結構下がります。正座と比べると20以上変わることもあります。やはり血圧測定でも意識させないことが重要なようです。電車の中で、無防備に口をあけて寝ている人をイメージすると良いようです。ただし、家族の前でやると、バカにされたり怖がられる可能性がありますので、ご注意を!

ああ、関西人

娘がいつもより高い分はお年玉で出すと言うので、クリスマスプレゼントにNintendoDSを買いました。ヤマダ電機で

  • 本体13,980円+ポイント10%
  • (本体+脳を鍛える大人のDSトレーニング)16,000円+ポイント

ソフト(2,380円)も欲しかったので、下を買ったのですが、これが失敗でした。ポイントが5%しかつかなくて、さらに今はポイントが1.6倍に使えるので、よく考えると高く買っていました。こういうことって、関西人は結構へこみます。。。

で、動作確認もいるので早速使ってみました。一緒に買ったソフトでは、表示された色を言うのですが、これが結構腹立たしい。音声認識が関西弁に対応していないのです。「きいろ」と関西弁で言うと認識しません。少し気取って最後をあげて「きいろ」と言うのです、そう、「りんご」と同じ言い方です。これを東京の知人を思い浮かべていうのです。なんか悔しい一日でした。

#関西弁がわからない方は、近くの関西人に「りんご」「きいろ」と言わせて見てください。

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »