無料ブログはココログ

« SEA関西SPIN:ソフトウェア開発プロセスの研究動向について | トップページ | 街角の風景 »

リーンソフトウェア開発~CMM/CMMIの利用~

第8章:使用説明書と保証書では、大企業においては改善プログラムと闘う代わりにそれらを利用するようにすべきと書かれています。CMMとCMMIのところを要約すると

【CMMにあわせて仕事をすること】

  • KPAで問題を発生させていた要因をアジャイル手法は解決する(レベル3以上で認識できる)
  • CMMは現在の手法が既知の失敗パターンを解決するかを評価するだけ

【CMMIには用心すること】

  • 不運にも、CMMIはソフトウェア開発の領域を超えた多くの領域を網羅するように設計されている
  • 10年間の試みの結果世界一の兵站になったが、リーン思考を30の原則や方針として再挑戦している
  • リーン原則を軍事調達システムのプラクティスに取り込むことは、気が遠くなるような作業になった
  • しかし、その努力をたどることで、リーン原則を採用する確固たる理由が見つけられるだろう

と書かれています(このほかにもシックスシグマを利用すること、PMIには注意することが書かれています)。CMMには好意的ですが、CMMIにはかなり否定的な書き方です。リーン開発の1番目のツールは「ムダを認識する」で、CMMIはムダに大きくなったと言いたげです。CMMIはうまく参照するものだと思うのですが、必要なところを抜き出す努力がまず無駄ということでしょうか。

ちなみに、この少し前には、

【ムダの最小化をうまくやること】

  • 不要な文書が廃止できないなら、なるべく上位レベルで作成すること
  • 計画をリリースレベルで保持すること(この程度はどの道やらなければならない)
  • 要約文書を作成すること(普通の人が短時間で理解できるなら、じゃまされないですむかもしれない)
  • コーディング完了後に設計要約文書を保守用に作成する(2度手間になるから)

と書かれていて、リーンソフトウェア開発を組織のルールにあわせる工夫が必要なようです。

先日、日本の技術が米国で発達してCMM/CMMIになったような説明を聞きました。リーンも元はトヨタですから、日本発の技術を組み合わせるために、日本人が苦労すると言うのもおかしな話ですね。

#思いつきで書いてますので、説明の順番がむちゃくちゃですみません。

« SEA関西SPIN:ソフトウェア開発プロセスの研究動向について | トップページ | 街角の風景 »

ソフトウェア」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

プログラミング」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

私のアジャイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/6957406

この記事へのトラックバック一覧です: リーンソフトウェア開発~CMM/CMMIの利用~:

« SEA関西SPIN:ソフトウェア開発プロセスの研究動向について | トップページ | 街角の風景 »