無料ブログはココログ

« mixiとブログ | トップページ | 高血圧と測定 »

10分でわかるメトリクス

今日はSEA関西SPINで「初めて学ぶソフトウェアメトリクス」(Lawrence H. Putnam & Ware Myers著)から翻訳者の山浦恒央さんが書かれた「日本語版に寄せて-10分でわかるメトリクス-」を紹介しました。

「ソフトウェアエンジニアリング」という言葉が始めて使われた1968年にNATOの会議から現在に至るまでを、混乱期、胎動期、活動期、反抗期、成熟期に分け、メトリクスの歴史(光と影)を説明されています。この間に多くのメトリクスが提案、期待、疑問視され、行数とバグ数を軸にメトリクスが定着し、効果を上げたと述べられています。

この本の原題はFive Core Metricsで、時間、工数、機能量、信頼性、プロセス生産性について述べられています。上記の歴史はその導入として書かれているのですが、McCabeのサイクロマティック数とHalstedのソフトウェアサイエンス尺度について、非常に多く書かれています。この二つの尺度が当時、新鮮、斬新、カリスマ的だったかがうかがわれます。

« mixiとブログ | トップページ | 高血圧と測定 »

ソフトウェア」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/7210768

この記事へのトラックバック一覧です: 10分でわかるメトリクス:

» 良いメトリクスの条件 [EASEプロジェクト公式ブログ]
「初めて学ぶソフトウェアメトリクス」の翻訳をされている山浦恒央さんによると、捏造せずに正しい値を申告し、効果的、実践的に使うには以下の条件を満足する必要があるそうです。 [続きを読む]

« mixiとブログ | トップページ | 高血圧と測定 »