無料ブログはココログ

« リーンソフトウェア開発~できるだけ速く提供する | トップページ | レベル取得ブームからカイゼンへ »

SEPG Japan 2005に参加しています

SEPGJkanbanキーノートは米国ボーイング社のJohn D. Vuさんのプロセス改善の間違いと実際の話でした。プロセス改善を行う72%は失敗あるいは大きな効果がないそうです。プロセス改善には成熟度レベルの向上だけではなく、ビジネス成果と結びつかないといけないと言うお話でした。

質疑応答で改善の例として、「飛行機では7000万個の部品がいる。在庫が減るとFAXなどで注文するが、その間製造が遅くなる。そこで、在庫情報をDBに入れ、すべてのサプライやが見れるようにした。在庫の上限と加減を決めておき、納入してもらう仕組みにした。サプライヤもカイゼンできた。この結果、FAXや注文書がなくなった。サプライやが在庫管理できるので、効率が50%向上し、5億ドル儲かった」と言うお話がありました。これぞ、リーンソフトウェア開発のプル・システムですね。

« リーンソフトウェア開発~できるだけ速く提供する | トップページ | レベル取得ブームからカイゼンへ »

ソフトウェア」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

プログラミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/6372621

この記事へのトラックバック一覧です: SEPG Japan 2005に参加しています:

« リーンソフトウェア開発~できるだけ速く提供する | トップページ | レベル取得ブームからカイゼンへ »