無料ブログはココログ

« とある大学前にて | トップページ | Webアクセシビリティ »

モンゴルのIT事情

関西オープンソース2005(KOF2005)に参加しました。興味深かったのは末岡さんの「モンゴルのリナックスコミュニティを初めとするモンゴルのIT事情とモンゴル国家として今年から開始したe-Mongoliaの紹介」を聞きました。この方は、大阪市大の学生さんですが、現在休学中で、現在はモンゴルの国立大付属モンゴル日本人材開発センターというところで、オープンソースの普及を進められているそうです。

興味深かった点をあげておきます。

  • 人口は都市部に集中し、地図に道があっても郊外は舗装されていないので、GPSがないと迷ってしまう
  • ソビエトの崩壊による政権交代後、経済状況はあまりよくない。前回の選挙で旧共産党と現政権の議席が同数だった。
  • 文字には昔の文字と、ロシアのキリル文字の影響を受けたものがある
  • ローカライズを個人依存で進めていたら止まってしまった。
  • 光ネットワークの延伸にNTT東日本が協力している
  • 日本から中古パソコンの援助があった
  • インターネットはあまり普及していないが、インターネットカフェでネットワークゲームをする人は多い

オープンソースの普及にゲームを使えばどうかというコメントがあり、採用されそうな幹事でした。人間の欲望を利用すると言う戦略は面白いですね。

« とある大学前にて | トップページ | Webアクセシビリティ »

ソフトウェア」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/6713026

この記事へのトラックバック一覧です: モンゴルのIT事情:

« とある大学前にて | トップページ | Webアクセシビリティ »