無料ブログはココログ

« リーンソフトウエア開発 | トップページ | ソフトウェアテストシンポジウム »

5つの重要要因

アジャイルと規律によるとプロジェクトがアジャイル計画駆動のどちらのホームグランドに近いかは5つの重要要因で判断できるます。アジャイルのホームグラウンドは
以下のように要に定義されています。

人:手続き的な作業が可能な人は0%、手法を改定カスタマイズ可能な人は35%
  =>希少な熟練者が十分な割合でプロジェクト期間を通じて必要である.
    手法に慣れていない人を使うリスクは高い
変化の度合い:1ヶ月あたりの要求変更の割合が50%程度
  =>変化の度合いが非常に高い環境では設計をシンプルにして
    継続的にリファクタリングするとうまくいくが,きわめて安定した
    環境では再設計のコストが高くつく可能性がある
文化:カオスで反映する割合が90%
  =>高い自由度を持つことによって,快適で権限が与えられている
    と感じる文化で反映する(カオスにおける反映)
規模:小規模(典型的な場合3人月)
  =>小規模な製品やチーム向け.暗黙知に依存しているため
    規模を拡大することは困難である
重要度:
  =>安全性が非常に重視される製品への適用事例はない.
   設計がシンプルで文書が少ないことによる困難が予想される

« リーンソフトウエア開発 | トップページ | ソフトウェアテストシンポジウム »

ソフトウェア」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

プログラミング」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

私のアジャイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/6099224

この記事へのトラックバック一覧です: 5つの重要要因:

« リーンソフトウエア開発 | トップページ | ソフトウェアテストシンポジウム »