2011/10/10

救われて6年

父の死をきっかけに遠藤周作さんの著作を通してキリストを知り、傲慢な自分の心が解き放たれて6年がたちました。

教会の入門講座を受ける中で、腑に落ちなかったのは

「洗礼を受けて楽になると思ったら大間違いだ!もっと苦しくなる。」

神父の言葉です。当時はその意味が良くわかりませんでした。今にして思えば、洗礼は神の国に入るよう努力する約束で、洗礼を受けたからと言ってそれがゴールではない。ということなのでしょう。

洗礼を受けることで罪は清められますが、罪を犯さない人にはしてもらえません。今まで通りただの人ですから、人のことをうらやましく思ったり、欲深かったり、他の人もしているのだから、などという思いは昔のままです。そんなときに、これはだめだ!これは神様の思いではない!などと気付いてしまうわけです。したくてもできないし、もし、判断を誤って罪を犯したなら、その時の自己嫌悪は相当なものです。

洗礼を受けて3年ぐらいはそんなことはありません。毎週教会に行って、いろいろ奉仕して、とにかくこれまでの生活を改めようとしますから、心配はありません。問題は3年を過ぎてからです。

かつて「信仰とは神様を1番におくことだ!」と教わったことがあります。もちろん、神様の思いは優先します。しかし、神様が与えられたチャンスと、共同体での奉仕を選ぶなら、どの内容にもよりますが私は前者を選びます。さらに、ミサに与ることや赦しの秘跡に与ることとなってくると、どんどん難しくなってきます。

また、自らの信仰告白をどうするかという問題もあります。人前で祈るがごとく常に表明するのか、周りの人を意識しながら、表明しないものの隠さないのか、人それぞれの状況や考え方によるでしょう。私は、普通に生きながらもキリスト者であること、表立っては信仰告白しないが遠慮もしないし、隠しもしないようにしています。

まあ、今までは自分の気持ち通りに生きていたものが、こんな風に色々と考えないといけなくなるのですから、そりゃ大変です。かつて、とあるシスターが「終身請願してしまったからしかたない」といった表現をされて、驚いたことがあります。でも、今ならなんとなくわかります。

私は、キリストの負けて洗礼を受けてしまったのです。私は「あなたに従いますと」神様と約束したのです。色々迷いや悩みがあっても、正しい道は神様の示す道だと知ってしまったのです。どんなに苦しくても、それ以外の道は選べないのです。なzなら、真理を知ってしまったのですから。

それは、楽な道ではありません。とても苦しい道です。でも、昔とは違う苦しみです。神様に負けた時のような、すがすがしい苦しみです。なんか損をした気持ちになることもありますが、その先に主の平和があることを知ってしまったのです。

人が神に従うことは苦しいですが、その先には喜びがあるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/20

[入門] 信仰、希望、愛と三位一体

信仰、希望、愛はキリスト教の3つの徳と言われています。聖書にはこうあります。

信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。
その中で最も大いなるものは、愛である。
(一コリント13・13)

個人的な感想として、この信仰、希望、愛は三位一体の神と良く似ていると思っています。

父なる神は主に旧約聖書に書かれていて、人間と神との「信仰」が語られてきました。もちろん、信仰を通して人間は希望を得て、神の愛に守られてきました。しかし、人々の信仰はより形式的になり、神の愛から離れていきました。

そして、神のひとり子であるイエス・キリストが、人々に本当の「愛」を伝えにきました。その愛は、信仰に基づくもので、人々に希望を与えました。形式的な律法に支配されるのではなく、愛に生きることを教えられました。

受肉し人間となったイエスは十字架につけられ、代わりに聖霊が送られました(聖霊降臨:ペンテコステ)。聖霊はいつも傍に居てくれる弁護者です。私たちがいつもイエス・キリストを感じ、「希望」を失わずに祈ることができるのは、聖霊のおかげです。そのような信仰によって、他人の存在を認め、愛することができるのです。

このように、信仰、希望、愛と、父なる神、イエス・キリスト、聖霊は不可分です。それぞれが響き、増幅し、豊かな恵みをもたらすものです。独立しているようで一致している三位一体はそのようなものだと思います。

このような考えは神学に基づいたものではなく、個人的なとらえ方です。このように、自由に解釈することが、難解な神学から離れて、実生活での信仰を豊かにしてくれると思います。

ところで、日本では三つ葉のクローバーは、信仰、希望、愛、を表し、四つ葉のクローバーは幸せを表すそうです。そして、欧米では三つ葉のクローバーは三位一体の神を、四つ葉のクローバーはイエスの十字架を表すそうです。

四つ葉のクローバーのこと
http://happy-clover.com/about/

やっぱりつながっているのかも知れませんね。

(聖書の引用は、日本聖書協会 新共同訳)

[入門]タグのついた記事は、カトリックに興味を持つ方へ、一信徒であるさかばの個人的な解説をしています。より詳しく知りたい方はお近くのカトリック教会を尋ねてください。[入門]タグの記事は、カテゴリ「やすらぎへの道」に保存されています。

<')))><

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/14

[入門] 自分のできること、くさらんでやってみぃ

NHK朝の連続小説「てっぱん」に出てきた言葉です。この言葉を元に聖書の「タラントンのたとえ」を考えて見ます。

てっぱんの主人公あかりの住む下宿のジェシカさんは30歳になる前にお店を開く夢を持っていますが、なかなか開店の目処が立ちません。主人公は協力をしたいからと経営計画を作るのですが、失敗をしてしまいました。

落ち込むあかりに職人の栄治(赤井秀和さん)が声をかけます。

「あせらんでえぇ、自分のできること、くさらんでやってみぃ」

この言葉に勇気付けられ、あかりは不動産屋と交渉し、新たな展開が生まれました。

聖書には「タレント」(能力)の語源になった「タラントンのたとえ」(リンク先は日本聖書協会)というお話しがあります。

主人(神様)は僕たちにお金を預けます。それぞれそのお金を増やして神様にほめられます。しかし、1タラントン(タラントンはお金の単位)を預けられた僕は、なくしては大変と地中に埋めました。そのことを主人はこうとがめます。

それなら、わたしの金を銀行に入れておくべきであった。そうしておけば、帰って来たとき、利息付きで返してもらえたのに。さあ、そのタラントンをこの男から取り上げて、十タラントン持っている者に与えよ。だれでも持っている人は更に与えられて豊かになるが、持っていない人は持っているものまでも取り上げられる。 (マタイ25・27-29節)   

この言葉について、これまであまり良く分かっていませんでしたが、上述のてっぱんの話を重ねると良く分かります。神様はたったあかりに1タラントンしか与えなかったかもしれません。でも、それをそれだけでは何もできないと思うのか、

「よし!それでできることを考えよう」

とするかは本人次第です。

自分では大したことができないと思っていても、人それぞれの個性によってその能力は生かせるはずです。人にはないあなたの能力は、とても価値のある能力です。神様は、こう言っているはずです。

「あせらんでえぇ、自分のできること、くさらんでやってみぃ」

関西弁かどうかは知りませんけど、、、

(聖書の引用は、聖書協会 新共同訳)

[入門]タグのついた記事は、カトリックに興味を持つ方へ、一信徒であるさかばの個人的な解説をしています。より詳しく知りたい方はお近くのカトリック教会を尋ねてください。[入門]タグの記事は、カテゴリ「やすらぎへの道」に保存されています。

<')))><

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/09/19

[入門] カトリックとは

「カトリックとプロテスタント」を説明する予定でしたが、まずはカトリックの説明をします。

カトリックとは何かを考えると、

「叙階を受けた神父が聖変化させたご聖体を、ミサでキリストのからだとしていただく」

キリスト教の教派(仏教で言う宗派)といえるでしょう。

この中で、叙階、聖体というのは秘跡と呼ばれているものです。秘跡とは、目に見えないもの(秘)が、見えるしるし(跡)になるものです。カトリックには他にも秘跡がありますが、この二つは、最初に接するカトリックを特徴といえるでしょう。

キリスト教では、日曜日を主日(しゅじつ)、神さまの日として祝う日になっていて、信者はミサに与り(あずかり)ます。

ミサを司式するのは神父です。神学校(しんがっこう)で一定の教育を受け、神の僕(しもべ)として最も低い者になることを宣言した人です。

ミサでは、歌にあわせて神を賛美し、聖書を読みます。旧約聖書、手紙など福音書以外の新約聖書、イエスのことばと行動を記した福音書が順に読まれ、福音書について神父が説教をします。説教といっても、時代背景や教えのの解説、関連する経験談、などなど色々で、人生についての優しいお話が多いです。

その後に行われるのが、聖書にある風景の再現です。ダビンチコードであった「最期の晩餐」のシーンです。

「これは私のからだである」(マタイ26・26)

とイエス・キリストがいわれたパンを、本当のキリストであると信じていただきます。神父が下を向きながらキリストを思い出して、集まった会衆に見せて聖変化させて、ただのパン(というかウェハースのようなもの)をキリストのからだに変化させます。そして、皆でいただきます。もちろん聖変化によって物理的に何も変わりませんが、それを神様と信じることで、神様との一致をはかるのです。

聖体拝領はカトリックの大人の信者のみに許されています。聖書には、「5つのパンと2匹の魚」で有名なお話があります。イエスに従う人たちが増えたのに、「5つのパンと2匹の魚」しかなかった。でも、神さまが分けたらみんながお腹いっぱいになった、というお話です。

これからすると、けちなことを言わずに、誰とでも分け合っていただけば良いと思われるでしょうが、そうはいきません。ご聖体が秘跡であるということが関係しています。

ご聖体は、キリストのからだと信じるからこそ神そのものですが、信じない人にはただのパンです。信じない人にご聖体を与えることは信仰を否定することにつながるのです。だからこそ、聖体拝領の際に、「キリストのからだ」と言われて

「アーメン」(そう信じます)

と答えるのです。

カトリックというのは、キリストを信じるだけでなく、キリストと一致して生きていこうとする宗教なのです。だからこそ、信仰を誓う洗礼もミサ、結婚もミサ、葬儀もミサ、七五三も成人式もミサ、敬老の日だってミサなのです。

[入門]タグのついた記事は、カトリックに興味を持つ方へ、一信徒であるさかばの個人的な解説をしています。より詳しく知りたい方はお近くのカトリック教会を尋ねてください。[入門]タグの記事は、カテゴリ「やすらぎへの道」に保存されています。

<')))><

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/05

[入門] キリスト教とは

キリスト教とは三位一体の神を信じる宗教です。三位一体とは、神は創造主である「父」、父の「子」であるイエス・キリスト、昇天したイエス・キリストに代わって私たちのそばにいる「聖霊」という3つの位格(人格のようなもの)で統一された一つの神であるということです。

キリスト教は、イエス・キリストが神であるとするだけでなく、他の位格と完全に一致しているという一神教(唯一の神を信じている宗教)です。全知全能の唯一の神によって世界が作られ、完成に向かっていることを信じています。

このことは旧約聖書に書かれています。旧約聖書は、キリスト教だけでなく、ユダヤ教、イスラム教でも聖書とされています。旧約聖書は元々ユダヤ教の聖書として書かれていて、イエス・キリストの扱いによってキリスト教とそれ以外の宗教が分かれています。

イエス・キリストとは、ナザレにうまれたイエスがキリスト(救世主)であると言う意味です。旧約聖書に書かれた救世主がイエスであるとするのがキリスト教、イエスは預言者だとするのがイスラム教、ただの人、つまり救世主はまだ来ていないとするのがユダヤ教です。

この違いは、これらの宗教が「啓示宗教」であることによります。人間は神に作られ、様々な罪を犯していましたが、神の言葉を預かる「預言者」によって啓示を受けて、世界は完成に向かいます。イエスが神であるなら、それ以上の預言者はいないので、キリスト教のようにそこで解釈が終わります。もしイエスが預言者なら、イスラム教のように新しい預言者によって新たな啓示で新しい解釈が行われたり、ユダヤ教のようにそれまでの解釈が発展することになります。

キリスト教では、イエス・キリストを神とします。人の部分と神の部分があるのではなく、神であるイエス・キリストが人として生まれたとして、「受肉」と表現します。

イエス・キリストは、それまでの預言者が伝えてきた教えを完成させるため、そして神の教えを正しく理解しない人類を導き、救うために、「受肉」によって地上に降臨されました(もちろん、神の国が物理的に空の上にあるわけでなく、概念的な意味で降りてこられました)。

その教えは「福音」と呼ばれ、弟子たちの記した書物と共にまとめられています。それまでの神との契約を旧約(古い契約)として、新しい契約をまとめた書物なので「新約聖書」と呼ばれています。

福音はキリストを信じるものにとって、大切な神さまの言葉です。苦しみの中でもがくことの多い人間にとって、あしのともし火と言えるものです。このカテゴリ(やすらぎへの道)でも、多数紹介することになると思います。

次回は「カトリックとプロテスタント」について説明する予定です。

<')))><

[入門]タグのついた記事は、カトリックに興味を持つ方へ、一信徒であるさかばの個人的な解説をしています。より詳しく知りたい方はお近くのカトリック教会を尋ねてください。[入門]タグの記事は、カテゴリ「やすらぎへの道」に保存されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「やすらぎへの道」始めます

神の恵みを感じて5年がたちました。その喜びからブログをはじめました。最初の頃は、入門講座の内容や、初心者だからこそ感じる事柄を書いていました。そして感動の洗礼のあとも続け、徐々に日々の出来事や新しく気付いたことを書くようになりました。

しばらくすると、自分がどのようにキリスト教と折り合いをつけるかが重要になり、私にとってのキリスト教を語りました。

そして最近は忙しくなり、信仰心はそのままのつもりですが、ミサに行くこともままならず、入門講座や分かち合いに参加することも難しくなりました。そのような中で、ブログの更新も少なくなっています。

少ない時間の中で、どう神さまの道具になるかを考えていたとき、マザーテレサの召命の話を思い出しました。シスターになるかどうかの悩んでいたときに、神父の「喜びを感じるならそれが召命」という言葉に従い、マザーは神の道具になりました。

私も所属教会の中で本来すべきことがありますし、日曜のミサや分かち合いも大切です。しかし、私だからこそできること、喜びを感じること、役に立てること、色々考えたところ、ある結論に至りました。

それは、私が喜びを感じたこと、学んだこと、生きる糧になったことを、他の人に伝えることが一番大切だということです。最初の頃のような新鮮なことは書けませんし、折り合いをつけようとしていた頃のオリジナリティも少ないと思います。しかし、いまだからこそ語れる「程よいキリスト教の説明」ができると思うのです。

もちろん、先輩方に比べると知識も大したことはありませんし、間違いもあるでしょう。でも、私は、読者に「もうだいじょうぶですよ」と伝えたいのです。

カテゴリの名前は「安らぎへの道」です。「あなたに話したい」 、とか「だいじょうぶだよ」という書名の利用や、「喜びへの道」あるいは「福音への道」など安らぎの先にあるものも考えました。しかし、私が伝えるべき大切なものは「安らぎ」だということで、ブログのサブタイトルである「安らぎへの道」をカテゴリ名にします。ほかの記事と区別すべく記事には[入門]とつける予定です。

ぼちぼちしか書けませんが、優しく見守ってください。

<')))><

| | コメント (1) | トラックバック (0)