« 人生は心の鏡 | トップページ | 哀れみ=compassion(同情) »

2014/05/06

放蕩息子はなぜ出て行ったか?- アナと雪の女王を見て -

アナと雪の女王(公式HPストーリ)を見てきました。ネタバレご注意ください。

この映画を見て初めにイメージしたのはシザーハンズ(リンク先はYahoo!映画あらすじ)です。傷つけるつもりがないのに傷つけてしまう、いわゆる小罪を犯してしまうお話だと思いました。

構成の類似

全体の構成を思い返して印象的だったのは、雪の女王である姉エルサが帰ってきて、皆が大喜びした最後のシーンです。すこし前まで街の季節を冬にしてしまい、大迷惑を受けたはずなのに、みんなの女王が帰ってきたと大喜びするのです。

なかには快く思わない人もいました。しかし、そこには愛がなく、自分勝手な欲望によるものでした。

この映画の構成は放蕩息子のたとえ(ルカによる福音書15章11-32節)に良く似ています。親の財産を分けてもらい、家を出て行ったのに財産を使い果たして一文なしになった放蕩息子。とんでもない息子なのに、父親は大喜びで迎え入れます。その陰で、兄はやっかんだお話です。

映画の特徴

構成的には良く似ていますが、映画ではなぜ出て行ったかが詳しく描かれています。エルサは全てを凍らせてしまう禁断の力をコントロールできずに妹アナを傷つけ、それをきっかけに外界とのつながりを断絶します。

やがて戴冠の時期になり、恐る恐る人前に出たエルサは失敗してしまい、山に逃げ込みます。一人になったアナは、これまで我慢をしていたエルサは気兼ねなく禁断の力を使い、氷の城を作って自由を謳歌します。

しかし、その自由な行動によって、夏なのに街は雪だらけの銀世界になってしまいます。誰にも迷惑をかけないところで自由を謳歌していたはずなのに、知らぬ間に罪を犯していたのです。その罪を赦すことができたのは、真実の愛でした。

放蕩息子に当てはめてみる

聖書の方はとんでもない息子です。

弟の方が父親に、『お父さん、わたしが頂くことになっている財産の分け前をください』と言った。それで、父親は財産を二人に分けてやった。何日もたたないうちに、下の息子は全部を金に換えて、遠い国に旅立ち、そこで放蕩の限りを尽くして、財産を無駄遣いしてしまった。 (日本聖書協会新共同訳 ルカ15:12-13)

このように、ひどい息子だったのに後で赦される、そのようなお話だと思っていました。しかし、雪の女王エルサをあてはめるとイメージが変わります。

もしかすると、言い出すまでの息子には耐え切れない思いがあり、我慢ができなくなり、ついに家を出たのではないか、その後に放蕩の限りを尽くしたのはその鬱積から解放されて、自分一人で生きていけると思ったからではないでしょうか?

わかったつもりで見ていた自分に気付く

放蕩息子は本当に悪かったのか、それを判断できるのは神様だけです。人は、どんなに知っているつもりでも、どうしても一面的な見方をしてしまうからです。

知らず知らず犯してしまう小罪、犯していたのはエルサや放蕩息子だけでなく、わかったつもりになっていた自分だったのかも知れません。

人を裁くなと言いますが、それは禁じられているからではなく、わかっていないからなのかもしれません。

|

« 人生は心の鏡 | トップページ | 哀れみ=compassion(同情) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/59596515

この記事へのトラックバック一覧です: 放蕩息子はなぜ出て行ったか?- アナと雪の女王を見て -:

« 人生は心の鏡 | トップページ | 哀れみ=compassion(同情) »