« 希望はわたしたちを欺くことがありません | トップページ | 放蕩息子はなぜ出て行ったか?- アナと雪の女王を見て - »

2013/12/15

人生は心の鏡

聖書で私の最も好きなお話はタラントンのたとえです。能力に関係なく誠実に生きなさいと教えるお話と理解しています。この中で、あまり響かないところが神様を怖がる部分です。

マタイによる福音書/ 25章 24-25節(日本聖書協会・新共同訳)
ところで、一タラントン預かった者も進み出て言った。『御主人様、あなたは蒔かない所から刈り取り、散らさない所からかき集められる厳しい方だと知っていましたので、恐ろしくなり、出かけて行って、あなたのタラントンを地の中に隠しておきました。御覧ください。これがあなたのお金です。』

この部分は神様を怖がってはいけないと理解していましたが、いろいろな出来事を考えると、この主人とは人生ではないかと思いました。

人生の状況を与えられたのは神様であっても、その状況を理解するのは私達自信です。色々と苦しい状況が起きますが、それを苦しいと思うのは私達であって、神様がそう思わせたわけのではないのです。

映画「ブルース・オールマイティ」にあるように、神様は場を与えるだけで、そこで感じる思いは私達のものです。

今の状況を苦しいと思ったり、無理だと思うのも仕方のない事ですが、それは、そう思ってしまうからです。しみじみ教のように人の思いや行動をしみじみと、そのままに受け止めることができたなら、それは別の思いに変わります。

あーもうやってられない。それは、私の思いです。なんでこんな目に、やめたやめた、ひどい奴だ!、なんとかしろよ、お前の責任だろ、すべて私の思いです。

そんな思いの中でに思い出したのは、タラントンのたとえです。上の聖句の後に出てくるのは、こんな言葉です。

マタイによる福音書/ 25章 26節(日本聖書協会・新共同訳)
主人は答えた。『怠け者の悪い僕だ。わたしが蒔かない所から刈り取り、散らさない所からかき集めることを知っていたのか。…

この僕は、勝手にそう思っていただけに違いありません。なのに主人は「知っていたのか」と言います。それは僕の感じていた思いだからです。

でもその思いは、主人の思いに関係なく勝手に感じていたのではないでしょうか。失敗の経験で、ぐうたらに過ごす事の間違いに気付かせようとしたのかもしれませんし、厳しい状況を与える事で、立ち向かえるような人間に成長することを期待していたかもしれません。

今の状況を、そう思わせているのは私自身だ。私の歩んできた道のりを、再び確認しました。もう大丈夫です。

|

« 希望はわたしたちを欺くことがありません | トップページ | 放蕩息子はなぜ出て行ったか?- アナと雪の女王を見て - »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/58763683

この記事へのトラックバック一覧です: 人生は心の鏡:

« 希望はわたしたちを欺くことがありません | トップページ | 放蕩息子はなぜ出て行ったか?- アナと雪の女王を見て - »