« 2012年3月 | トップページ | 2012年9月 »

2012/08/05

試練と希望

「死んだ方がましだった」そんなことがあるのでしょうか?
今日のミサの第1朗読ではエジプトから脱出した人たちがそう言います。空腹は人から希望を失うのでしょうか。「必要なものは与えられる」という言葉の通り「マナ」が与えられるのを人々は知らなかったのです。

福音朗読では、逆に満足した人たちに「まことのパン」が大切であることをイエスは説きます。それは、飢えることがなく、渇くことがないものです。

生きているといろいろな不満や欲望があります。それが満たされることはありません。どんなに努力しても決して満たされることはありません。それは「死んだ方がましだ」という試練なのだと思います。

神様に感謝するということは、現状に満足することです。美味いかどうかわからない、ただ飢えを満たすマンナに感謝することです。こんな自分に与えていただいて「ありがとうございます」と感謝するのです。

自分は頑張っている。他の人より良くできる。そんな思いを抱きがちですが、その多くは大した事ではないのです。人が人である限り、完璧ではありませんし、良くない事もしてしまうのです。ほんのちょっと良かったからと言っても、神様に比べれば、ほんののちっぽけな差にすぎないのです。

生きていけるという事は神様に愛されて、必要なものが与えられているのです。その事に感謝し、幸せを感じる事ができたなら、その人生はとても幸せなものになるでしょう。「幸せなやつだ」という言葉がありますが、幸せであればそれはとっても幸せな事に間違いないのです。

生きている幸せを、今こそ感じましょう!それは神の与えられた「希望」なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年9月 »