« 東日本大震災被災者のための祈り | トップページ | ALWAYS 三丁目の夕日 »

2012/03/04

四旬節の善行

「四旬節には善いことをしましょう!」などと言われることがあって、そういう季節なんだと思っていました。

先日、電車待ちの先頭に並んでいたのに運よく座れたときに、杖をついている人が同じ方向に来てあきらめた様子が視界に入りました。特に何も考えずにその肩に近づき、良かったらどうぞ、とお譲りしました。

そのとき、そういえば四旬節なのだと気付き、一つでも善行ができて良かったと思いました。

そうは思ったものの、何かがひっかかりました。別に善行をしようと思ってしたことではなく、当たり前の行いとして席を譲ったのです。

当たり前のことを善行と言い換えること、これは傲慢だと思いました。どちらかというと「罪」かもしれません。

神の求めることを当たり前に、四旬節を過ごしたいと思いました。

<')))><

|

« 東日本大震災被災者のための祈り | トップページ | ALWAYS 三丁目の夕日 »

コメント

 初めまして。吹田教会で数年前に洗礼を受け、いまは東京の初台教会に所属しております。今年54歳になります。「勉強」していた頃から文章を読ませていただき、「さかばさん」にお手紙を出さなければ、また、機会があれば高槻教会を訪ねなければ、と思っておりましたが、転勤で東京に戻ってしまいました。
 引き続き読ませていただきますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

投稿: みきを | 2012/03/08 22:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/54138550

この記事へのトラックバック一覧です: 四旬節の善行:

« 東日本大震災被災者のための祈り | トップページ | ALWAYS 三丁目の夕日 »