« 救われて6年 | トップページ | 福音を述べ伝えなさい »

2011/11/26

優しさは信仰の賜物

全知全能の唯一神を認めるということは、同時に「人間は決して完全ではない」ということも認めることだと思います。このことが苦しみを和らげて、優しさを与えてくれます。

もし、人間が完全になれるなら今の問題点を直し、完全な人間になるべく高みを目指すべきだと考えてしまいます。これはとても厳しい生き方です。

「向上心のないやつはバカだ」という言葉は、夏目漱石の小説だったと思いますが、自分の気持ちを捨てて、あるべき道を選べという義務感を感じさせようとする言葉です。

ルールを守っているなら、自分の気持ちに素直になることに何のためらいが必要でしょうか?自分に厳しくある必要はありません。もちろん、自分を甘やかすことが良いとは思いませんが、誠実に生きていればそれで十分だと思います。

もし、人間が完全になれると考えたなら、2つの問題があると思います。

一つ目は、自分が完全であると錯覚することです。完全になれないとすればそのような錯覚は生じないのですが、バリバリ仕事をしているとついつい勘違いしてしまいます。そして、強気に出たが故にたまたまうまくいくこともあって、さらに誤解してしまう。そして、それはいつかバベルの塔のように破綻して、大きな絶望感を味わうことになります。

二つ目は、人にも厳しくしてしまうことです。自分が完全な人間を目指すだけなら良いのですが、他の人にも完全を求めてしまいがちです。人を見るにつけ、ここがだめだ、あそこがだめだ、と減点法で見てしまいます。悪いところだけ見て、良いところは見逃してしまい、いつしか人格まで否定してしまうかもしれません。そうなると、人間関係がうまくいくはずがありません。

このようにうまくいかなくなるのは、自分やほかの人の能力や努力が不足しているからではありません。もちろんそういう側面もあるかもしれませんが、見方を変えたなら別の世界が見えてきます。

人間は誰しも完全に離れない。完全ではない代わりに、それぞれが生きていくために必要な能力が与えられている。その能力を生かして誠実に生きていけばよい。そう考えてみてはどうでしょう。

自分が完全になれないとすれば、自分一人でトップに立つことはできないでしょう。仮になれたとしてもそれは一時的なものでしょう。そこで、なすべきは自分の能力を伸ばすことと、他の人に協力してもらって物事を進めることです。

もちろんトップに立てるかどうかはわかりません。その組織にとってあなたがトップにふさわしいなら自然とその立場になるでしょうし、そうでないならそれなりでしょう。

その生き方はとても素敵だと思います。自分が上に立つために勝ち続ける必要もなく、人に推されて上に立つのです。追い落とされる心配もなく、皆の協力の下で物事を進められるでしょう。もし、上に立つことがなくても自分の能力を組織に生かすことができるのですから、それなりの充実感を感じられるでしょう。

そして、大きく変わるのは周りの人に対する見方です。自分が完全な人間になれないのですから、他の人に完全を求めるのはお門違いです。他人に欠けているところがあるなら、それを教えてあげるか手伝うかしかありません。

そう思うと、他人の失敗は自分の失敗にないます。うめく教えたり手伝うことができないから、その人は失敗するのです。その人が悪いのではなく、あなたのアシストに問題があったのです。

「XXできないとだめじゃないか」

という言葉が

「XXできなかったのは、私も悪かったね」

という言葉に変わります。

さらに、どうすればうまくいくかと考えることもできるでしょう。不完全な自分が、不完全な他人と共に、どのように協力すればうまくいくのだろうと考えてみてください。

自分ならこれはできる。あの人ならこれが得意そうだ。これは誰もわからないから、みんなで考えよう。そのように、自分を中心とした視点から、組織からの視点で見ることができるでしょう。その途端に、物事がうまくいきだすかもしれません。

今まで駒として見えていた人が、生き生きとした人に見えてくるかも入れません。短所として見えていたことが長所に見えるかもしれません。どう対応したらよいかわからなかったことに一筋の光明が見いだせるかもしれません。

でも、どうしてもうまくいかないこと、難しいことも当然あるでしょう。そんな時も落ち込む必要はありません。なぜなら、人間は完全ではないのです。失敗して当然で、うまくいくことが奇跡なのです。成功は喜び、失敗は次回の肥やしにすればよいのです。

神に感謝!

<')))><

|

« 救われて6年 | トップページ | 福音を述べ伝えなさい »

コメント

初めてコメント差し上げます。私もカトリック信者ですが、最近、仕事を完璧にこなそうと躍起になり、他の人にも自分のペースややり方、努力を強要してしまうことがありがちです。今回の文章を読ませて頂いて、反省いたしました。人間は完全ではありませんね。ありがとうございます。

投稿: nakkawa | 2012/01/12 07:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/53338908

この記事へのトラックバック一覧です: 優しさは信仰の賜物:

« 救われて6年 | トップページ | 福音を述べ伝えなさい »