« 震災に思う - 生きるためのひとこと - | トップページ | みんな、それぞれ幸せだった - おひさま 最終回 - »

2011/07/31

神様のパンをいただく

今日は久しぶりに河原町教会のミサに与りました。福音は「五千人に食べ物を与える」(マタイ14・13-21)でした。ここでも何度か取り上げた「5つのパンと2匹の魚」と呼ばれているお話です。

5000人もの人に与える食事がなかったけれども、イエス様が5つのパンと2匹の魚を分けると、みんなが満腹になり、残ったパンくずは12の籠をいっぱいにするほどでした。

神父様によると、聖書にはミサの元になった最後の晩餐の伏線がいくつかあって、このお話はその一つだそうです。分けられたパンは、どちらかというとインド料理等で出る「ナン」のようなもっちりとしたもので、割るとか割くというよりはちぎるようなイメージだったそうです。

そのお話を聞いていて、具体的に考えてみました。5つのパンを5000人に分けたのですから、1つのパンを1000人で分けたことになります。普通のナンだと軽そうですが、パン1斤分ぐらいなら数100g、1本なら1kg、1000人で分けたなら一人0.5-1gぐらいになります。1円玉が1gですから、大体ホスチアと同じぐらいになります。

そのように考えていると、イエス様から直接パンを分けていただくような気がしてきました。今日いただいたご聖体は、いつもより幸せな味がしました。

<')))><

|

« 震災に思う - 生きるためのひとこと - | トップページ | みんな、それぞれ幸せだった - おひさま 最終回 - »

コメント

失礼します。     

  「アル中を癒され」「脳梗塞より生還」「倒産によるサラ金地獄」
より、御言葉によって「癒され・救われた者」の「証」です。  
     
 こころを強くする「メッセージ」のご案内
      http://www4.ocn.ne.jp/~kokoro/
     
        ご笑覧ください。     安達三郎  

投稿: あだち | 2011/09/26 13:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/52356168

この記事へのトラックバック一覧です: 神様のパンをいただく:

« 震災に思う - 生きるためのひとこと - | トップページ | みんな、それぞれ幸せだった - おひさま 最終回 - »