« 私の信仰 | トップページ | ほんまのことじゃけん - 受け入れて強くなる - »

2010/10/31

あなたの恵みはいのちに優り

今日のミサの福音(ルカ19・1-19)は徴税人のザアカイがいちじく桑の木に登ってイエスたちを見ていると、イエスが「ザアカイ、急いで降りて来なさい。今日は、ぜひあなたの家に泊まりたい。」 といわれたお話です。

説教では徴税人は人々から嫌われていたこと、そんなザアカイが一人で木に上ったこと、そんな孤独なザアカイに、「ぜひ」泊まりたいと声をかけられました。そんな孤独な状態から「急いで」抜け出しなさいと、愛を示されたのでした。

所属教会の拝領の歌は、典礼聖歌167番でした。この中で

「あなたの恵みはいのちに優り」(典礼聖歌)

と言う言葉がありました。詩編 63・4を元にしたこの歌詞は、ザアカイの受けた恵み、寂しい気持ちでいたザアカイに、批判を恐れず愛されたことを表しているようです。ザアカイは、自分のこれまでの行動を回心してこう言いました。

 「主よ、わたしは財産の半分を貧しい人々に施します。また、だれかから何かだまし取っていたら、それを四倍にして返します。」

コルベ神父聖マチアスら多くの聖人について、「自己犠牲」という言葉が使われることがあります。しかし実際は、ザアカイのようにイエスの恵みによって得た暖かい気持ちから、これまでの自分を捨てて「そうしないとたまらない」突き上げるような衝動があったのだと思いました。

(聖書の引用は日本聖書協会 新共同訳)

<')))><

|

« 私の信仰 | トップページ | ほんまのことじゃけん - 受け入れて強くなる - »

コメント

福音書はルカが一番好きです。何となくですが読み進めると言葉が頭の中で映像になるから。神父さまの朗読中、背が低いザアカイが人の垣根の後ろでぴょんぴょん跳ねながらイエズス様を見ようとする姿や、木の枝に足をかけて生い茂る葉を避けている姿が明確なビジョンとなって頭に浮かびました。突き上げられるような衝動で貧しい人に施したいと思った一生懸命な徴税人ザアカイ。
献金箱に100円玉をコロンと入れた自分がなんだか恥ずかしくなりました。

投稿: バニラミント | 2010/10/31 23:22

金額ではなく、ご聖体をどれだけ喜べたかではないかと思います。

投稿: さかば(管理人) | 2010/10/31 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138594/49895472

この記事へのトラックバック一覧です: あなたの恵みはいのちに優り:

« 私の信仰 | トップページ | ほんまのことじゃけん - 受け入れて強くなる - »